寛容な心で!連れ子を嫌いにならないための方法5つ

恋愛にはいろんなパターンがありますが、バツイチのシングルマザーと恋愛したという経験はありませんか?

バツイチのシングルマザーには当然連れ子がいます。その女性との付き合いが親密になればなるほど、連れ子に会う頻度は増えていくと思います。

しかし、子どもが苦手な男性も結構いるので、連れ子を嫌いにならない為のいくつかの方法を紹介しましょう。

1.見返りを期待しない

自分が連れ子の為にしてあげた事に対して、見返りを求めないという姿勢が大切です。

連れ子の為に、デートを動物園やテーマパークにして、一緒に連れて行ったけど全然楽しんでくれない。

そんな時はいい気持ちはしませんが、子どもは素直なのだからしょうがないと受け止めてあげる事が必要です。

2.懐いてもらうまで待つ

連れ子がこちらに懐いてもらうまで待ち続けるという我慢が必要です。

子どもの中にも、人見知りをせずに誰とでも仲良くできる子もいれば、人見知りが激しく人と打ち解けるのに時間がかかる子もいます。

最初から懐かないのは当たり前だと思っておいた方が良いでしょう。

3.相手は子どもだという事を理解しておく

相手は子どもだという事を理解しておかなければいけません。子どもは平気で酷い事や人を傷つけるような事を言ってしまう事があります。

それをまともに受け取るのではなく、相手は子どもなんだからしょうがないと許してあげる余裕が必要です。

4.子どもの良いところを探す

連れ子の良い所を見つけてあげましょう。連れ子の事を嫌いになる男性は大体、その子の駄目な部分ばかりを見ていたりします。

反対にその子の良い所を探してあげて、見つけることができればもう少し良い関係が作れるはずです。

5.子どもの情報を母親から聞いておく

母親から子どもに関する情報を前もって聞いておくという事が重要です。

いきなり連れ子にあって戸惑うよりも、連れ子がどんな性格で何が好きといった情報を前もって聞いておく方が、実際に会った時の対応がしやすくなります。

ライター