【タイプ別!】職場のうざい先輩との上手な付き合い方4つ

職場とは、色々な人達が集まる場所で、どの職場にでも絶対に一人は「うざい先輩」というのがいます。女性なら「お局様」と呼ばれる人物ですね。

頼りになる先輩も、もちろんいますが、正直うざいなと思ってしまう先輩もいるのではないでしょうか?時にはその「うざい先輩」のせいで、退職に追い込まれてしまうことだって少なくありません。

「うざい先輩」に対してはあまり関わりたくないなと思ってしまうのも正直なところですが、あまりにも露骨に態度に出してしまうと逆にトラブルの原因にもなってしまいます。この記事では「うざい先輩」と当たり障りなく、上手な付き合いをする方法をいくつかご紹介したいと思います!

仕事のことでガミガミ言ってくるうざい先輩の対処法

熱心な姿を見せる

仕事のやり方が気に食わないとガミガミ言ってくる先輩も多く、そういったタイプの人はやはりうざいなと思ってしまいますよね。

かといって盾つくとまた面倒くさいことになりかねないので、そういった場合はとにかく熱心に仕事をしている姿を見せるようにしましょう。

メモを片手に質問をしまくり、最初は教えられた通りのやり方で仕事をするのがポイント!

またこういったタイプの先輩はモジモジしているような人を見るとますますガミガミ言ってくるので、終始ハキハキとした態度で接すると良いでしょう。

上辺だけでも「うざい先輩」を頼る

仕事のことでガミガミ言ってくるうざい先輩は、いわゆる「マイルール」を押し付けたい人。こうでなくてはならないと思っているので、マイルールに従わない人が大嫌い。

後輩からすると、そのマイルールはただただ面倒なだけかもしれません。でも、その「うざい先輩」のマイルールに合わせられないというあなたもマイルールに縛られていませんか。

その「うざい先輩」のマイルールに従ってはいけないというマイルールです。自分の苦手だなと思う相手こそ、自分のことを学ぶ上で一番大切な人です。

人のふり見て我がふり直せ。「うざい先輩」にはお世話好きな方が多いです。頼られると喜びます。上辺だけでも「うざい先輩」を慕い頼りましょう。

「〇〇さんにしか言えないんですけど…」などというと頼られていると思い、ガミガミ言わなくなることもあります。

高圧的な態度を取るうざい先輩の対処法

強気な姿勢でいる

自分がその先輩よりも仕事ができるようになっていくと、その先輩が立場を利用して高圧的な態度で接してくる可能性もあります。大抵は嫉妬からくる行動ではありますが、高圧的な態度で接してこられるとこっちもイライラしますよね。

しかしその高圧的な態度に萎縮してしまうとますます先輩がヒートアップする恐れがあるので、何を言われても動じない毅然とした態度でいることが重要です。

もし良好な関係を求めるのであれば、それに加えてその先輩をおだてていくような態度を取れば余計なトラブルを回避することもできます。あまりにも酷いようであれば、上司や他の先輩に相談するのも効果的!

先輩より仕事ができても上から目線はNG!

強気な姿勢とは対称的ですが仕事ができる自分を妬んで、先輩が高圧的な態度をとってきたとしても、その先輩を見下すようではいけません。

先輩は先輩として接しましょう。高圧的な態度の先輩を「うざい先輩」だとおもっているくらいなので、その先輩を蹴落として、のし上がろうと思っているわけではないはず。その先輩よりも、出世したいにしても、先輩は先輩です。高圧的な態度の「うざい先輩」には、上辺だけでも下手に出ましょう。

素っ気ない態度を取るうざい先輩の対処法

積極的に話しかける

他の社員とは親しそうに話すくせに、何故か自分にだけ素っ気ない態度をする先輩もちょっとうんざりしますよね。

しかしこういった場合、まだそこまで親密ではないと思われているために素っ気ない態度を取られている可能性が高いです。その先輩と少しでも仲良くしていきたいのであれば、1日1回は言葉のやり取りをするということを意識してみましょう。

朝の挨拶をしっかりするのも良いですし、ちょっとした質問をしてみたりするのも良いでしょう。少しずつ関わりを持てばそれなりに親密になり、いつの間にか愛想良く接してくれるようになるかもしれませんよ!

別になにもしない

もしかすると、人付き合いが苦手なのかも。心を許した相手としか親しくできないという場合もあります。

別に無理やり気に入ってもらおうとする必要はないのでは?時間をかけて何か親しくなれるきっかけがあるのを待ちましょう。

職種はわかりませんが、仕事は自分の自己満足でするものではありません。良好な関係を気づくことだけだいいとは限らないので、踏み込まなくてもいい場所もあります。

めんどくさいことは後輩に押し付けるうざい先輩の対処法

「うざい先輩」をおだてよう

めんどうなことは、自分ではやらず全部後輩任せ。そんな「うざい先輩」よくいますよね。そんな「うざい先輩」はおだてましょう!

「やっぱり先輩みたいにはうまくできません!」とかまだまだ自分は先輩の足元にも及ばないということをアピールしておきましょう。

後輩である以上、先輩の言うことはやらなければならないのは当然。でもめんどうなことは人に押し付けるのはやっぱりうざい。「うざい先輩」をおだててやってもらいましょう。

進んで嬉しそうにやる!

もしかすると、嬉しそうにやると逆効果で、さらにいろいろ頼まれるかもしれません。でも嬉しそうに引き受けることで、もう頼まれなくなる可能性もあります。

人がしたくなるくらいに楽しんでやること。人が嫌がる仕事ほどやりがいのある仕事はありません。

頼まれる前にしておくというのも好印象。なんでも最初は先輩を立てるようにしましょう。

先輩に悩まされているなら他の人に相談しよう!

自分は悪いことをしたつもりがないのに、何故かその先輩からは嫌われてしまって悪口を言われていると知った時は本当にうざいなぁと思ってしまいますよね。

その事実を知ったのであれば、とにかく周りに相談して困っているということを伝えていくのが効果的!大抵そういうのはありもしない悪口であったり、理不尽なことがほとんどなので、相談された方も理解してくれるはず。

もし余裕があるなら、理不尽なことを言われた時に反論するのも効果的ですよ!でも余計なトラブルを避けたいのであれば、周りに味方を作っておくのが一番良い方法です。

うざい先輩はどこにでもいるもの!うざい先輩がいると何で自分だけこんな目に遭わなくてはならないんだと思うかとしれませんが、どこに行ってもそういった先輩がいるのは事実。

だからこそちゃんとした対処法が求められてきます。色々とうざい行動をされるかもしれませんが、上手に付き合っていって、トラブルを起こさないように気をつけていきましょう!

関連記事:困ったらすぐ相談!先輩に好かれる4つの方法

Tags

ライター