苦しさから解放されたい!職場のストレスを緩和する7つの方法

どんなに仕事が大好きという人でも、まったくストレスを感じずに仕事をしている人はいないでしょう。多かれ少なかれ誰もがストレスを抱えています。

しかし、中にはいつでも明るい人がいますよね?実は元気に見える人は、職場のストレスをうまく調節しているんです。

今回は、いつでも明るい人に聞いた職場でのストレスを緩和する方法をご紹介致します。

1. 意識的にトイレに行く

仕事をしている時は常に気を張って緊張が続いている状態で、緊張状態が続くとストレスがどんどんと溜まります。

この状態から抜け出すには、一度席を立つのが一番です。とくに催してなくても、気分転換を含めてトイレに行きましょう。

この時にストレッチをしたり、肩をまわしたりすると更に効果的です。

2. 快適な環境を作る

自分のデスクがある人は、デスク周りを自分の空間にアレンジしてみましょう。

会社のパソコンの壁紙をお気に入りの写真に変えたり、ペットの写真を飾ってみるのも気持ちの切り替えになります。

ただし、職場によってどこまで許されるかは変わってきますので確認が必要です。

3. 食事に気を使う

栄養面に気を使って食事をとっていると、ストレスに耐性がついていきます。

例えば、豚肉に含まれるビタミンB1や小松菜などに含まれるカルシウムはイライラを鎮める作用があるようです。毎日の3食の栄養面を気にしてみてはいかがでしょう。

4. お菓子を食べる

おなかが空くと人間はイライラしてしまいがちです。かといって、休憩時間外に食事をするわけにはいきません。

しかし、ちょっとつまめるお菓子ならばとがめられないという会社も多くあります。

とくにガムを噛むと、あごの筋肉の伸び縮みが脳に刺激を与え、リフレッシュ効果があるのでおすすめです。

5. 休憩時間を有効に使う

昼休みの約1時間をどう使うかは人それぞれですが、ストレス発散が上手な人はただランチをするだけではなく、時間を有効に使います。

例えば、ランチをさっと済ませて買い物に出たり、マッサージを受けにいったりと、自分の為に休憩時間をうまく活用しているようです。

6. 掃除する

朝、早めに出勤をして、少し掃除をしてから仕事をするというのは、実はかなりストレスの緩和に役立ちます。

掃除が苦手な人は、わざわざ早く出勤をしてまではと、マイナスに捉えてしまうかもしれません。

自分のデスク周りだけでも綺麗に片づけてから仕事を始めると、寝ぼけている頭を切り替えて、仕事を行うことが出来るので効率的です。

7. 帰ると決めた日には残業はしない

職場のストレスを調整できる人は、仕事と自分の時間のオンオフの切り替えが非常に上手な人です。スケジュール管理がしっかりできる人とも言えます。

自分の時間を大切にするので、予定がある時には残業はせずにきっちりと仕事を仕上げて、時間通りに会社を出ます。これがストレスを溜めない最大のポイントです。

まとめ

職場でのストレス緩和方法を紹介しました。ストレス自体を無くすのには、職場を変えたり退職を考えなくてはなりませんが、緩和する方法というのはいくつかあります。

もし今まで試していなかったことがあったら、騙されたと思って一度試してみてください。きっとストレスをうまく受け流すことが出来るようになりますよ。

Tags

ライター