セフレが欲しい!ハプニングバーを最大限楽しむコツを紹介

ハプニングバーというものをご存じでしょうか。SMなどの様々な趣味(主に性的な)を持った方々が集まり、意気投合したお客さん同士でセックスをしたりと様々なハプニングを楽しむことを目的とする会員制のバーです。

会員制のバーという飲食店のため、従業員の方がお客さんに性的サービスを行うということはありません。あくまでバーで出会ったお客さん同士がたまたま仲良くなってセックスしてしまうということです。

したがって、セックスがしたくてハプバーに行っても必ずエッチなハプニングに遭遇できるわけではありません。

しかしせっかく高いお金を払ってハプニングバーに行くならエッチなハプニングに遭遇したいですよね。あわよくばセフレも作りたい!今回は初心者の方でもハプニングバーを楽しめるコツを紹介していきます。

また、とにかくセックスがしたい方やセフレが欲しい方は、出会い系サイトのハッピーメールを使うと効率的にエッチな女性と知り合うことができます。

ハッピーメールで異性を探す【18歳以上のみ】

ハプニングバーとは

見ず知らずの男女でセックスできる異空間

風俗店に分類される店舗は通常、来店した客に対して店の従業員がサービスをし、料金を支払うという営業をしています。

ハプニングバーはあくまで、来店している客同士がお酒を飲みながらコミュニケーションを楽しむことを目的としているためので、風俗店のようにスタッフから性的なサービスがあるわけではありません。

来店している客は性的な楽しみを求めて来店している方々なので、お酒を飲みながらの会話の内容も必然的に性的な内容、いわゆる下ネタに終始します。

店内でのセックスは違法!?

客同士の会話の内容は主に、下ネタ、性的嗜好の探り合いなどで、その会話の結果として、客同士が店内でセックスすることがあります。これがハプニングバーと呼ばれる由縁です。

バーにお酒を飲むために来店する、見知らぬ男女で会話をする、会話が盛り上がる、会話で発情する、そしてセックスに及ぶことを、ハプバーの運営としてはハプニングとしてとらえています。

つまり、客同士の突発的な行為であると捉え、法に抵触しないと主張できることがメリットなのです。

セックスの相手を求めて来店し、バーで知り合った男女が突発的な行為として手軽にセックスができる、これがハプニングバーの醍醐味であり面白さであると考えることができます。

関連記事:ハプニングバーは違法か?会員制・身分証の提示があるかどうかをチェック

ハプニングバーの楽しみ方

まずは女性に声掛け

ハプニングバーでは、まずは好みの女性に声をかけて会話を始めることから始まります。話しかけてフィーリングが合えば、女性もセックスが目的で来店しているので、軽いボディタッチ、キスなどに進むのは時間の問題です。

周囲の目に晒されるホール席で着衣を脱がせること、脱がされることを楽しむこともハプニングバーならでは。また、周囲の目が気になる場合は、ボックス席に移動することで少しだけ見え難い状態を作ることもできます。

しかし、他の人たちのあえぎ声やセックス時の独特な音などが聞こえなくなるわけではありません。普通では体験することのできない非日常を楽しめることがハプニングバーならではでしょう。

他の男性客やスタッフとは仲良くしておく

ハプニングバーでしっかり楽しむことができる皆さんには共通点があります。ハプニングバーのスタッフさん、他の男性客と仲良しという点です。

例えば、ハプニングバーに入って好みの女性がいたからといって、他のお客さんをないがしろにしたり、いい雰囲気になっている2人の間に割り込んだり邪魔したりなど、その場の雰囲気全体を壊すような行動をしてしまうとスタッフさんや男性客から嫌われます。

嫌われるとハプニングバーの中で遊ぶこともできなくなり、楽しむこともできません。場合によっては出禁になってしまうこともあります。男性客と仲良くなっておくと、どんな常連の女性がいるかとか、どんな女性と仲良くなれるか教えてくれます。他の男性客を敵だと考えないことです。

関連記事:ハプニングバーでセックスをするときの注意点

オナニー目的のお客さんも

人々の性的嗜好は様々で、セックスすることだけが目的ではない場合もあります。ハプニングバーの店内では、セックスをしている方々がたくさんいますが、それを傍目に見てオナニーすることを目的に入店することもアリです。

目の前で起こるセックスを見ることで、自宅でアダルトビデオを見ながらオナニーするよりも性的興奮を得られます。

また、オナニーする男性、もしくは女性が、お互い見せ合うことを楽しむ方こともあり、セックスまではしないもののお互いの愛撫を手伝う、興奮が高まりセックスに及ぶ、などという流れもあり得るのです。

単独で行っても楽しい

ハプニングバーは単独で入店しても十分楽しむことのできるバーだと言われます。単独で入店しているエッチな女性ももちろんいるので、会話が弾めばエッチなハプニングになる可能性大です。

また、本物のセックスを生で見ることができるので、すごく興奮状態になります。エッチな女性とお酒を飲みながら会話をしたり、色々なセックスを鑑賞したりするだけでもハプニングバーを楽しむことができます。

男性の入店する狙い目は昼間


ハプニングバーは昼間も営業している店舗があり、主婦や学生の割合が夜間帯よりも増えます。

中でも主婦層は、興味本位で複数人で連れだって入店することも。主婦はお子さんやご主人が不在の限られた時間に入店することがほとんどで、入店からすぐセックスに及ぶことが多いです。

また、昼間は男性客も多くないため、主婦複数人と一人の男性がセックスする光景が見られます。

主婦のほとんどはセックス経験が豊富です。夜とは違うハプニングバーのおもしろさを体験するために昼間の入店もよいのではないでしょうか。

ハプニングバーでもマナーは守ろう


さまざまな性的嗜好を持った男女が集まるハプニングバーですが、マナーを守るから楽しく過ごせるということも忘れないでください。

大人のための自由な空間ですから、性的嗜好が合わない、相手が拒んでいるなどの場合に、キスやセックスを強要することはタブーです。また、カップルがセックスに及んでいるところに、相手の合意なく体を触ることや、触らせようとすることもマナー違反。

マナーを守らない場合、他の人の迷惑になるだけではなく、トラブルになった場合は入店を拒否される場合になることもあるので気をつけましょう。

男女のカップルで行くのもおすすめ!

ハプニングバーの楽しみ方を紹介しましたが、実は男女のカップルで行っても楽しめます。その理由を2つ紹介します。

カップル料金で入店できる!

ハプニングバーは会員制のため、入会金が初入店時にかかります。そこから来店ごとにチャージ料(席料)がかかります。

多くの場合、男性単独の料金より男女カップルで来店した際の料金の方が格段に安くなります。渋谷にあるハプニングバーでは男性単独では1万7000円、男女ペアでは2人で8000円(一人あたり4000円)という料金設定のお店もあります。

セックスできる確率が上がる

男女のカップルでハプニングバーに行った際はカップルが別々に行動することができません。エッチなハプニングに遭遇するためには別の男女カップルと相手を取り替えてセックスをするしかありません。

ハプニングバーにいる男女のカップルはセックス目的で来店していることがほとんどなので、単独でいくよりも会話が弾めばセックスに持ち込める可能性が高いです。

とはいえ、ハプニングバーに同行するような異性の友人を持つ方は少数でしょう。そんなときは出会い系サイト・ハッピーメールで相手を見つけましょう。大人の掲示板があるハッピーメールでは性にオープンな男女を簡単に見つけることができます。

ハッピーメールで異性を探す【18歳以上のみ】

Tags

ライター