ハプニングバーを完全解説!入店準備から楽しむコツまで紹介

ハプニングバーというものをご存じでしょうか。SMなどの様々な趣味(主に性的な)を持った方々が集まり、意気投合したお客さん同士でセックスをしたりと様々なハプニングを楽しむことを目的とする会員制のバーです。

会員制のバーという飲食店のため、従業員の方がお客さんに性的サービスを行うということはありません。あくまでバーで出会ったお客さん同士がたまたま仲良くなってセックスしてしまうということです。

したがって、セックスがしたくてハプバーに行っても必ずエッチなハプニングに遭遇できるわけではありません。

しかしせっかく高いお金を払ってハプニングバーに行くならエッチなハプニングに遭遇したいですよね。あわよくばセフレも作りたい!今回は初心者の方でもハプニングバーを楽しめるコツを紹介していきます。

また、とにかくセックスがしたい方やセフレが欲しい方は、出会い系サイトのハッピーメールを使うと効率的にエッチな女性と知り合うことができます。

ハッピーメールで異性を探す【18歳以上のみ】

ハプニングバーとは

見ず知らずの男女でセックスできる異空間

風俗店に分類される店舗は通常、来店した客に対して店の従業員がサービスをし、料金を支払うという営業をしています。

ハプニングバーはあくまで、来店している客同士がお酒を飲みながらコミュニケーションを楽しむことを目的としているためので、風俗店のようにスタッフから性的なサービスがあるわけではありません。

来店している客は性的な楽しみを求めて来店している方々なので、お酒を飲みながらの会話の内容も必然的に性的な内容、いわゆる下ネタに終始します。

ハプニングバーの設備

多くのハプニングバーではお酒を愉しみながらお客さん同士でコミュニケーションを行うバースペースと意気投合した男女がセックスできるプレイルームがあります。

プレイルームにはシャワー室が備え付けられており、コスプレや大人のおもちゃ、タオルなどのアメニティも充実しています。また、相手が嫌がることを強要するなどのトラブルを起こさないために、プレイルームは利用時にスタッフに報告しましょう。

料金体系

ハプニングバーは会員制であることが多いので、利用の際に入会金と入場料がかかります。初めての利用の際に、入会金を払うことで会員証が発行され、会員証を持参することで2回目以降は入場料のみで利用することができます。

基本的な料金体系は単独男性・単独女性・カップルの場合が多く、単独女性は入会金・入場料ともに無料〜1,000円程度であることがほとんどです。

単独男性は入会金・入場料ともに5,000〜20,000円、カップルですと2人合わせて入会金・入場料がそれぞれ5,000〜10,000円程度となっています。

お店によって料金が異なるので、ハプニングバーに行く前に確認するのが良いでしょう。またハプニングバーの特性上、様々な性的嗜好を持った人々が集まるので、女装料金やニューハーフ向けの料金を設定しているお店もあります。

店内でのセックスは違法!?

客同士の会話の内容は主に、下ネタ、性的嗜好の探り合いなどで、その会話の結果として、客同士が店内でセックスすることがあります。これがハプニングバーと呼ばれる由縁です。

バーにお酒を飲むために来店する、見知らぬ男女で会話をする、会話が盛り上がる、会話で発情する、そしてセックスに及ぶことを、ハプバーの運営としてはハプニングとしてとらえています。

つまり、客同士の突発的な行為であると捉え、法に抵触しないと主張できることがメリットなのです。

セックスの相手を求めて来店し、バーで知り合った男女が突発的な行為として手軽にセックスができる、これがハプニングバーの醍醐味であり面白さであると考えることができます。

関連記事:ハプニングバーは違法か?会員制・身分証の提示があるかどうかをチェック

ハプニングバー来店の準備とマナー

何事もそうですが、ハプニングバーを楽しむためにもしっかりとした事前準備を行う必要があります。また、マナーと節度を持った振る舞いが求められます。ここではハプニングバーを楽しむために必要な準備とマナーについて紹介します。

ハプバー入店前の準備

見ず知らずの他人と身体を交えるハプニングバーでは清潔であることはとても重要です。ハプバーに来るセックス好きな女性でも不潔な男性とはキスやセックスはしたくないものです。

できればシャワーを浴び、ヒゲや爪の手入れはしていきましょう。言うまでもなく口臭には気を遣う必要があります。

また、ハプバーに入店する前に精力剤を飲んでいくことをおすすめします。多くのハプバーでは入場料を払えば時間に制限はありません。一人とセックスして終わりではもったいないので、何人かとセックスできる精力をつけていきましょう。

ハプバー店内でのマナー

相手が嫌がることは強要しないことは、ハプバーで最も守るべきマナーでしょう。風俗店ではないハプバーでは相手の合意なくセックスはもちろん、キスやボディタッチもしてはいけません。

また、セックスをしている人たちに合意なく触れたり、混ざったりすることもマナー違反です。マナーを守ることで皆が楽しむことができるハプニングバーという魅力的な場所が成立することを忘れないでください。

マナーを守らないと他のお客さんに迷惑がかかるだけではなく、場合によっては入店禁止になることもあるので注意しましょう。

連絡先は交換できる?

プライバシー保護の観点から、お客さん同士で連絡先を交換することは基本的に禁止されています。同様の理由で店内での撮影や電子機器類の使用は禁止です。

店内で意気投合してセックスしてみると身体の相性も良かったということもありますが、連絡先を聞くことは相手に迷惑がかかるかもしれない行為なので慎みましょう。

ハプニングバーの客層

主な客層は20代後半〜50代前半の男女であるお店が多いです。ハプニングバーは変わった性癖を持っている方、セックスレスで悩んでいる方など多様な方が来店するので既婚者・未婚者は様々です。また、時間帯によっても客層が変わってきます。

昼間のハプニングバー

平日の昼間に仕事のあるサラリーマンは多いので、男性サラリーマンのお客さんは昼間のハプニングバーでは夜間ほどの人数はいません。一方で昼間に比較的時間に余裕のある専業主婦の入店が多いことが昼間のハプニングバーの特徴です。

専業主婦の方は子供の送迎や家事などがあるので、夕方以降にあまり時間がありません。なので、入店してから即セックスという流れも珍しくありません。セックス経験の豊富な熟女とセックスしてみたい方は昼間のハプニングバーはおすすめです。

また、ハプニングバーは夜間よりも昼間のほうが利用料金が安く設定されているので、学生などの入店も多いようです。

夜間のハプニングバー

夜間のハプニングバーは仕事の終わりの男性が行ける時間なので、常連のお客さんはもちろん、新規のお客さんも含めて男性のお客さんの割合が高まります。居酒屋に行った後の2次会で利用する方も多いようです。

女性も美味しいお酒が格安で飲めるハプバーに来ることが増えているそうです。お酒も入り、気分が高揚している人が多いのでハプニングが起こる確率は高まるでしょう。ただ、男性はライバルが多くなるというデメリットもあります。

ハプニングバーの楽しみ方

まずは女性に声掛け

ハプニングバーでは、まずは好みの女性に声をかけて会話を始めることから始まります。話しかけてフィーリングが合えば、女性もセックスが目的で来店しているので、軽いボディタッチ、キスなどに進むのは時間の問題です。

周囲の目に晒されるホール席で着衣を脱がせること、脱がされることを楽しむこともハプニングバーならでは。また、周囲の目が気になる場合は、ボックス席に移動することで少しだけ見え難い状態を作ることもできます。

しかし、他の人たちのあえぎ声やセックス時の独特な音などが聞こえなくなるわけではありません。普通では体験することのできない非日常を楽しめることがハプニングバーならではでしょう。

他の男性客やスタッフとは仲良くしておく

ハプニングバーでしっかり楽しむことができる皆さんには共通点があります。ハプニングバーのスタッフさん、他の男性客と仲良しという点です。

例えば、ハプニングバーに入って好みの女性がいたからといって、他のお客さんをないがしろにしたり、いい雰囲気になっている2人の間に割り込んだり邪魔したりなど、その場の雰囲気全体を壊すような行動をしてしまうとスタッフさんや男性客から嫌われます。

嫌われるとハプニングバーの中で遊ぶこともできなくなり、楽しむこともできません。場合によっては出禁になってしまうこともあります。男性客と仲良くなっておくと、どんな常連の女性がいるかとか、どんな女性と仲良くなれるか教えてくれます。他の男性客を敵だと考えないことです。

関連記事:ハプニングバーでセックスをするときの注意点

プレイルームでセックス

店内で単独女性やカップルと意気投合してセックスをすることになったら、店内奥にある部屋に移動します。セックスをする部屋はプレイルームと呼ばれ、マジックミラーとなっているお店も多いです。

部屋を利用する際は、店舗スタッフに利用する旨を伝えます。こうすることで、プレイルーム内でのトラブルを防止する仕組みになっています。利用の際にはコンドームがスタッフから渡され、生での挿入は禁止されています。

オナニー目的のお客さんも

人々の性的嗜好は様々で、セックスすることだけが目的ではない場合もあります。ハプニングバーの店内では、セックスをしている方々がたくさんいますが、それを傍目に見てオナニーすることを目的に入店することもアリです。

目の前で起こるセックスを見ることで、自宅でアダルトビデオを見ながらオナニーするよりも性的興奮を得られます。

また、オナニーする男性、もしくは女性が、お互い見せ合うことを楽しむ方こともあり、セックスまではしないもののお互いの愛撫を手伝う、興奮が高まりセックスに及ぶ、などという流れもあり得るのです。

単独で行っても楽しい

ハプニングバーは単独で入店しても十分楽しむことのできるバーだと言われます。単独で入店しているエッチな女性ももちろんいるので、会話が弾めばエッチなハプニングになる可能性大です。

また、本物のセックスを生で見ることができるので、すごく興奮状態になります。エッチな女性とお酒を飲みながら会話をしたり、色々なセックスを鑑賞したりするだけでもハプニングバーを楽しむことができます。

イベントに合わせて行く

ハプニングバーはお店ごとに様々なイベントを開催しています。場を盛り上げるために、ビンゴ大会やショーを開催することはもちろん、コスプレをするイベントや人妻を集めたイベントなどもあります。

有名な緊縛師を招いて縄で縛られたり、SM好きが集まってムチで叩いたりする体験型のイベントもあるので、ご自身の性癖に合ったイベントが開催されている日に行くとより一層楽しめるでしょう。

ハプバーでの個人情報は安全?

多くのハプニングバーでは会員制という形態をとっているので、入会時に身分証の提示を求められます。ハプニングバーという秘密の多い場所で個人情報を出すのは不安になる方もいるでしょう。

しかし、バーの運営側はお客さんの身元を知っておくことでトラブルが起こったときに対処できるようにするために、身分証の照会をしています。また、入会時に身分照会をすることで、トラブルの予防にもつながります。

個人情報の流出に関しても、多くの企業と同様に厳重に扱うところがほとんどです。もし個人情報が流失したとなれば、店の信用を損ねて売上にも影響が出てしまうからです。

こうした点から考えると、個人情報流出が不安な方は安全が担保されていてかつ、個人情報の保管が確かな可能性が高い、老舗のハプニングバーに行くことをおすすめします。

男女のカップルで行くのもおすすめ!


ハプニングバーの楽しみ方を紹介しましたが、実は男女のカップルで行っても楽しめます。その理由を2つ紹介します。

カップル料金で入店できる!

ハプニングバーは会員制のため、入会金が初入店時にかかります。そこから来店ごとにチャージ料(席料)がかかります。

多くの場合、男性単独の料金より男女カップルで来店した際の料金の方が格段に安くなります。渋谷にあるハプニングバーでは男性単独では1万7000円、男女ペアでは2人で8000円(一人あたり4000円)という料金設定のお店もあります。

セックスできる確率が上がる

男女のカップルでハプニングバーに行った際はカップルが別々に行動することができません。エッチなハプニングに遭遇するためには別の男女カップルと相手を取り替えてセックスをするしかありません。

ハプニングバーにいる男女のカップルはセックス目的で来店していることがほとんどなので、単独でいくよりも会話が弾めばセックスに持ち込める可能性が高いです。

とはいえ、ハプニングバーに同行するような異性の友人を持つ方は少数でしょう。そんなときは出会い系サイト・ハッピーメールで相手を見つけましょう。大人の掲示板があるハッピーメールでは性にオープンな男女を簡単に見つけることができます。

ハッピーメールで異性を探す【18歳以上のみ】

Tags

ライター