初心者は必読!ハプニングバーの体験談・楽しみ方を完全網羅

ハプニングバーというものをご存じでしょうか。SMなどの様々な趣味(主に性的な)を持った方々が集まり、会話を楽しんだり、店内で起こるハプニングを楽しむことを目的とする風俗店の一種です。

他の風俗店と比較して大都市においても出店数は少なく、さらに目立たないように出店されているため店舗の存在に気付く方は少ないかも知れません。

一方で、ハプニングバーと聞くとどうしても危険な感じや、清潔感など抵抗感を感じてしまう人も多いのではないでしょうか。しかし、実際はハプニングバーという場所は本来大人たちが落ち着いた空間で趣味を語らい、楽しむものとして作られたもので、マナーもあり初心者からでも楽しめる空間なのです。

そこで今回は初心者の方でも安心して利用できるように、ハプニングバーとはどのようなものか紹介します。

ハッピーメールに登録する

ハプバーは見ず知らずの客同士で楽しめる異空間

風俗店に分類される店舗は通常、来店した客に対して店の従業員がサービスをし、料金を支払うという営業をしています。

ハプニングバーが風俗店の中でも特殊なところは、従業員は通常のバーのサービス以外は行いません。あくまで、来店している客同士がコミュニケーションを楽しむことを目的としているためです。

来店している客は性的な楽しみを求めて来店している方々なので、お酒を飲みながらの会話の内容も必然的に、性的な内容いわゆる下ネタに終始します。

店で客同士が性行為に及ぶことは違法ではないのか

客同士の会話の内容は主に、下ネタ、性的嗜好の探り合いなどで、その会話の結果として、客同士が店内で性行為に及ぶことになります。これがハプニングと呼ばれる由縁です。

バーにお酒を飲むために来店する、見知らぬ者同士で会話をする、会話が盛り上がる、会話で発情する、そして突発的に性行為に及ぶことを、店舗サイドとしてはハプニングとしてとらえています。

客同士の突発的な行為であるととらえ、法に抵触しないと主張できることがメリットなのです。

性行為を目的として来店している客にとって楽しめる空間を提供している店舗サイド、性行為の相手を求めて来店し手軽に目的の性行為を楽しめる客、これがハプニングバーの醍醐味でありおもしろさであると考えることができます。

関連記事:ハプニングバーは違法か?会員制・身分証の提示があるかどうかをチェック

ハプニングバーの楽しみ方

まずは声掛け

ハプニングバーでは、まずは好みの人に声をかけて会話を始めることから始まります。話しかけてフィーリングが合えば、そもそもお互いの目的は性行為にあるので、お互いの軽いボディタッチ、キスなどに進むのは時間の問題です。

周囲の目に晒されるホール席で着衣を脱がせること、脱がされることを楽しむこともハプニングバーならでは。また、周囲の目が気になる場合は、ボックス席に移動することで少しだけ見え難い状態を作ることもできます。

しかし、他の人たちのあえぎ声や性行為独特の音などが聞こえる場所で性行為に及ぶのです。普通では体験することのできない非日常を楽しめることがハプニングバーならではの楽しみ方でしょう。

無理は禁物。ときには引き際も大切

人々の性的嗜好は様々で、セックスすることだけが目的ではない場合もあります。ハプニングバーの店内では、性行為に及んでいる方々がたくさんいらっしゃいますが、それを傍目に見てマスターベーションすることを目的に入店することもアリです。

自宅でアダルトビデオを見ながらマスターベーションするより、さらに臨場感のある性的興奮で満足することができます。また、マスターベーションする男性、もしくは女性が、お互い見せ合うことを楽しむ方こともあり、セックスまではしないもののお互いの愛撫を手伝う、興奮が高まりセックスに及ぶなどという流れもあり得るのです。

1人で行っても楽しい

友人やカップルで行っても盛り上がるハプニングバーですが、基本的には1人で行っても十分楽しむことのできるバーだと言われています。AVはネットで簡単に見ることはできますが、ハプニングバーに行けば実際にセックスをしている人たちが沢山います。

AVでは感じることのできないセックスをリアルタイムで、しかも本物を見られるのですごく興奮状態になります。興奮に参加できるところも魅力です。実際に参加することもありますが基本的には、お酒を飲みながら色々なセックスをみているほうが楽しいと言えます。

興奮してきたら女性を誘ってセックスを楽しみます。1人で行くと何が起こるか分からないので毎回すごく楽しみです。

狙い目は昼間


ハプニングバーは昼間も営業している店舗があり、夜間は仕事帰りのサラリーマンやOLなどが多いのですが、昼間は主婦や学生の来店があります。

中でも主婦層は、興味本位で複数人で連れだって入店することも。主婦はお子さんやご主人が不在の限られた時間に入店することがほとんどで、入店からすぐ性行為に及ぶことが多いです。また、昼間は男性客も多くないため、主婦複数人と一人の男性がセックスする光景が見られます。

主婦のほとんどは性体験が豊富でありセックスは上手です。夜とは違うハプニングバーのおもしろさを体験するために昼間の入店もよいのではないでしょうか。

ハッピーメールに登録する

お客さんとのトークが面白い

プレイ目的ではなくて、相方にも了承をもらって来店したが、周囲でのいちゃいちゃしている雰囲気に彼が悶々としてきた様子。ダメかも?と危険を感じていたら2人の男性客が初めて来店した私たちに興味を持ち近寄ってきました。

ハプニングバーでは非日常な空間を楽しむために、携帯の持ち込みは禁止でプライベートな話をしない方が多いです。

その2人の男性はプライベートな話からセックスでの好きなプレイまで話してくれ盛り上がります。その後もカップルや女性1人で来店していた皆さんと色々な話をして楽しい時間を過ごせました。ハプニングバーに来店する客は、性的嗜好は少数者で個性的かもしれません。皆さんが、話好きで面白かったです。

初めてのハプニングバー体験

基本的にハプニングバーは会員制なので身分証の提示が必要です。しかも行ってから知ったけれど入場料と入会金で約2万円と高くて風俗に行けると思ってしまいました。ちなみにカップルだと1万円位のようです。店内では、驚きの光景が広がっていました。

首輪でつながれて這いつくばっている女性、コスプレをして乳繰り合っているカップル、男2人で1人の女性の乳房を舐めまわしていたりと超エロい世界に感動です。カウンターへ行ってドリンクをもらうとスタッフが色々と説明してくれました。

スタッフの話によると奥に個室があって、絡みを見ることも可能のようです。早速見に行くと数人が見物していて中にはオナニーをしている男もいます。オープンスペースに戻ってセックスできそうな女性を探しました。

ハプニングバーでもマナーは守ろう


自由な性的嗜好を満足できるハプニングバーですが、マナーを守るから楽しく過ごせるということも忘れないでください。

大人のための自由な空間ですから、性的嗜好が合わない、相手が拒んでいるなどの場合に、無理に行為に及ぼうとするのはタブーです。また、カップルが性行為に及んでいるところに、相手の合意なく体を触ることや、触らせようとすることもマナー違反。

マナーを守らない場合、他の人の迷惑になるだけではなく、トラブルになった場合は入店を拒否される場合になることもあるので気をつけましょう。

スタッフや男性客とは仲良くしておく

ハプニングバーでしっかり楽しむことができる皆さんには共通点があります。ハプニングバーのスタッフさん、他の男性客と仲良しという点です。

例えば、ハプニングバーに入ったら好みの女性がいたからといって、他のお客さんをないがしろにしたり、いい雰囲気になっている2人の間に割り込んだり邪魔したりなど、その場の雰囲気全体を壊すような行動をしてしまうとスタッフさんや男性客から嫌われます。

嫌われるとハプニングバーの中で遊ぶこともできなくなり、楽しむこともできません。男性客と仲良くなっておくと、どんな常連の女性がいるかとか、どんな女性と仲良くなれるか教えてくれます。他の男性客を敵だと考えないことです。

関連記事:ハプニングバーでセックスをするときの注意点

ハプニングの相手を探すには

いきなりハプニングバーに行って相手を探すのは少し不安ですよね?また、初心者であればいきなり一人じゃなくて相手を見つけてからの方がよりハプニングバーを楽しめるでしょう。

そこでおすすめなのがハッピーメール。こちらは老舗の出会い系サイトで、日本最大級の会員数を誇ります。画像や住んでいる地域などで検索することができ、今この時間に暇な子を見つけることができて便利。ぜひ利用されてみてはいかがでしょうか。

ハッピーメールに登録する

近場のハプニングバーを探したいという方はこちら!全国のおすすめハプニングバー情報まとめ

Tags

ライター