寝不足?ストレス?電車内で気持ち悪くなる原因

電車に乗っていると、突然吐き気やめまいがすることありますよね。乗り慣れた電車でいつも以上に混雑していたり、電車が遅延して乗車時間が延びてもいないのに「なんとなく気持ち悪い…。」という症状は、誰にでも起こりうる現象です。

もしかしたらそれは睡眠不足やストレスが原因かもしれません。今回は、電車内で気持ち悪くなってしまう原因についてご紹介します。

カラダファクトリーでは、睡眠不足やストレスを解消するメニューも取り揃えています。

カラダファクトリーで身体の悩みを解消!

気持ち悪くなる原因

精神的なもの

電車内で気持ち悪くなってしまう症状は、実は「パニック障害」と呼ばれる精神的な病気であることが多くあります。ストレスなどでホルモン分泌が不安定になることで、気持ち悪くなってしまうという症状です。

パニック障害と言われると、すごく重い病気に感じてしまうかもしれませんが、この症状自体は誰でも経験しています。

その症状が軽度ならばすぐに治りますし、癖がついてしまうと重度になり電車に乗るだけで気持ち悪くなってしまう人もいるようです。

気持ち悪くなってしまう条件

パニック障害は精神的なものが原因となりますが、いくつかの条件が重なることで症状が出ます。

・睡眠不足
・ストレスが溜まっている状態
・満員電車
・疲れが溜まっている状態

これらの条件は、社会人ならば誰でも少なからず当てはまると言えるでしょう。この状態が長く続いたり、ひとつひとつの要因が過度になってしまうと症状が現れてしまいます。

回避方法

一番の方法は「電車に乗らないこと」ですが、移動手段として電車は必須という人がほとんどでしょう。そうなると出来ることは気持ち悪くなってしまう前にひとつずつ対策していくしかありません。

睡眠不足対策

睡眠不足を感じるならば、早めに寝ることを心がけましょう。

どうしても夜早く寝ることが出来ないならば、休憩時間に少しだけでも昼寝をすることをおすすめします。

ストレス対策

ストレスは現代社会で最も厄介とされますが、簡単には取り除くことは出来ません。転職したり、電車に乗らない距離に引っ越すことはすぐには行えないものです。

ストレスを発散できる趣味を見つけたり、運動をして身体を動かしたり。方法は何でも良いのでストレスを無くす手段を見つけておくと良いでしょう。

満員電車対策

いつもの電車が混んでいるならば、少し早めの電車に乗ることをおすすめします。

早めの電車に乗るには、早起きをしなくてはならず、睡眠時間が減ってしまうと思うかもしれません。

しかし早い電車に乗ることで座って通勤が出来ますし、電車でうたた寝することも出来ますよ。

日々の疲れ対策

日頃時間がないからと言ってシャワーで済ませていませんか?疲れが溜まっている時には、ゆっくりと湯船につかるようにしましょう。

お風呂は疲れを癒すだけではなく、心もリラックスさせることが出来ます。パニック障害には一番の対策と言えます。

まとめ

電車の中で気持ち悪くなってしまうのは、私たちにとって身近な「ストレス」が原因となっています。人によって、この症状はすぐに治ったり毎日続くものだったりと差がありますが、あまりにひどい場合は医師の診断を受けてみるのも良いでしょう。

カラダファクトリーには、身体の不調と睡眠に関する不調や悩みを改善してくれる「快眠整体コース」のほか、自分の身体の悩みにあったコースを受けることが可能です。

「ストレスと整体って関係あるの?」と思う人もいるかもしれませんが、身体の歪みを整えることであらゆる身体の不調を改善することができます。全国各地に店舗があるので、ぜひ一度試してみてはいかがでしょうか。

カラダファクトリーをチェック

Tags

ライター