電車内で気持ち悪くなる原因と対策:ストレスと睡眠不足が大敵!

電車で気持ち悪くなるということは、よくあることです。電車に乗っていると、突然吐き気がしたり、めまいがしたり…。

乗り慣れた電車でも、いつも以上に混んでいると特に起こりやすいです。電車での体調の不具合は寝不足やストレスが原因かもしれません。

今回は、電車で気持ち悪くなる原因と対策を紹介します。ぜひ、体調がすぐれない方は参考にしてみてください。

気持ち悪くなる原因

電車で気持ち悪くなることは、睡眠不足やストレスなど、誰でも持っていそうな悩みが原因になっていることが多いです。

精神的なもの

電車内で気持ち悪くなってしまう症状は、実は「パニック障害」と呼ばれる精神的な病気であること可能性があります。ストレスでホルモン分泌が不安定になることで、気持ち悪くなってしまう病気です。

パニック障害と言われると、すごく重い病気に感じてしまうかもしれませんが、症状が軽度ならばすぐに治ります。ただし、癖がついてしまうと重度になり電車に乗るだけで気持ち悪くなってしまう人もいるようなので、症状が軽いうちに病院に行くようにしてください。

身体的なもの

睡眠不足や疲れが溜まっている状態であることも多々あります。この場合は、特に満員電車で気持ち悪くなりやすいです。

疲労のために、元気な時なら耐えうるストレスに耐えられなくなって吐き気やめまいを催してしまいます。電車で酔いやすい人は特に注意してください。

電車で気持ち悪くならないためには

一番の方法は「電車に乗らないこと」ですが、移動手段として電車は必須という人がほとんどでしょう。そうなると出来ることは気持ち悪くなってしまう前にひとつずつ対策していくしかありません。

よく寝る

睡眠不足を感じるならば、早めに寝ることを心がけましょう。

どうしても夜早く寝ることが出来ないならば、休憩時間に少しだけでも昼寝をすることをおすすめします。また、目を瞑って頭を空っぽにするだけでも疲れは取れるので、日頃から体を休めることに努めてください。

ストレス対策

ストレスは現代社会で最も厄介とされますが、簡単には取り除くことは出来ません。転職や引っ越しなど、環境を変えることも簡単ではありません。

趣味に没頭したり、スポーツをしてみたりしてストレス解消の方法を模索してください。

最近、女性に多いのはヨガやジムです。特に、ヨガは筋肉を使うだけでなく、呼吸を使って自律神経を整えるので、ストレス解消には最適となっています。

ホットヨガのカルドをチェックする

満員電車対策

いつもの電車が混んでいるならば、少し早めの電車に乗ることをおすすめします。

早めの電車に乗るには早起きをしなくてはならず、睡眠時間が減ってしまうと思うかもしれませんが、座って通勤することができれば、電車内で寝ることも可能です。

日々の疲れ対策

日頃、時間がないからと言ってシャワーだけで済ませている方は、疲れがゆっくりと湯船につかるようにしましょう。お風呂は体の疲れを癒すだけではなく、心もリラックスさせることが可能です。

ゆっくり湯船に浸かることで、疲れを取ることができます。また、そのあとの睡眠の質も高まるので、一石二鳥です。

まとめ

電車の中で気持ち悪くなってしまうのは、ストレスや疲労が原因となっています。まずは、自分できる対策から、あまりに症状がひどい場合は早めに病院に行くようにしましょう。

また、デスクワークが多い人であれば、脳や心ばかりが疲れて体が疲れていないということもあるので、運動をしてみることがおすすめです。

ホットヨガスタジオのカルドなら、綺麗な施設でヨガをして体を動かすことができます。料金もリーズナブルで、豊富なコースからお好みのものを選べるので、自分のペースを保つことが可能です。

ホットヨガのカルドをチェックする

Tags

ライター