ブラックな介護施設かどうか見分ける特徴7つと対処法:求人募集が多いのは怪しい!

ホワイトの介護施設も珍しいですが、中には国の規定を破った状態で運営している完全にブラックの介護施設も存在するようです。

ただでさえ忙しい業界なのに、理事長の親族や身内が利益をピンハネしているケースもあるとか。こうなると人間関係もギスギスし、人に責任を押し付けあう人たちが集まることになります。

酷い場合「お前の仕事が遅いから悪い」と責め立てられ、施設経営ではなく自分個人が悪いと思い込んでしまいます。ブラックな介護施設の特徴を確認し、当てはまったらホワイト介護施設に転職しましょう。

介護施設の転職には介護専門の求人サイト「かいご畑」がおすすめです。キャリアアップ応援制度というサポートもあるので、初めての転職でも安心です。

かいご畑のサイトを見る

ブラックな介護施設の特徴7選

ではさっそくブラックな施設の特徴を見ていきましょう。自分の勤めている施設がいくつ当てはまるのかチェックしてみてください。

当てはまる数が多ければ、他の施設に移ることも考えてみてもいいでしょう。

理事長の家族が働いていないのに給料をもらっている

理事長の親族らしき名字が管理職に並ぶ現場には、働かずに給料をもらっている人間がいるのかも知れません。彼らが働かない分従業員の仕事は増え、給料が減り、結果ブラック介護施設になっていくようです。

面接のあと、会社の資料の中に役員名が書かれていたら苗字をチェックしたり、見学に行って従業員の話を聞くといいでしょう。

法的な施設基準を破って利用者数を増やしている

施設の規模、雇っている人数に応じて、収容できる介護施設利用者の数は国が基準を決めています。一つの施設に多くの人が入れば儲かるので、この国の規定を破ってそれ以上の人数を収容することがあります。

本来許容以上の仕事が従業員に課されるため、激務になりがち。施設を見学して妙に狭かったり、ごみごみしていて不衛生だったら気を付けましょう。

従業員の目が死んでる

日勤夜勤早番遅番がある現場では従業員同士で会うことが少なくとも、余裕ある雰囲気を持っています。慣れてない新人を見て「自分の仕事が増えるじゃないか!」と怒りだす現場には要注意。

気分も落ち込み、ひたすら褒められもしない作業をするので目が死んでいきます。限界が来ている職場と言えるでしょう。

人間関係は仕事を続けていく上でとても重要なことです。内情がギスギスしている施設には要注意です。

求人募集が多い

すぐ人が辞めるので求人を大量に出します。またやや給料が高ければ「辞める人が多い」可能性もあります。従業員数がなかなか増えないので定着率も低いのかも知れません。

なお求人票を調べなくてもハローワークなら離職率を聞けるので、すぐに人が辞める会社かどうかを判断する材料にできます。

面接で即採用

面接が通りやすいことも人手不足の証拠です。面接で即採用だと変な人が入ってきても落とされません。すぐ辞める人をとっても施設側にメリットはないので大変な現場ではある程度仕事の大変さについてアナウンスがあります。

しかし、理事長の身内のアホに適当に面接官をさせている場合、その意識すらありません。

適当に選んだり、高圧的な態度で「最近の根性がないのはすぐ辞める、人様の命に携わっている自覚がない!」など精神論を語り始めます。これはブラックな施設である可能性の方が高いです。

残業してもタイムカードが定時でおされている

残業代を払わないタイプのブラック企業です。入社前ではわかり辛い特徴なのが難点ですが、もし入社後にこの特徴を見つけたら、完全にブラック。

辞めるのに義理など要らないので、より待遇のいいところへ転職を考えてもいいでしょう。

介護専門の求人サイト「かいご畑」では、資格所有車のエージェントに相談することができ、しっかりと施設の情報収集ができます。

かいご畑のサイトを見る

新人研修がいい加減・新人いびりをするお局がいる

新人研修の時間がないほど忙しい職場はブラックです。更に少しでも仕事に穴が開けば即戦力を求められ、新人が来れば仕事の手を止めて新人を教えねばなりません。

それ以上に、ストレスをぶつけられ、「自分より下の人間」を常に渇望する現場ともなり得ます。

自分のミスは報告せず他人のミスだけ報告する人も多く、新人は格好の餌食です。管理者の業務配分のために怒られてきた先輩からストレスの捌け口にされる役割を担わされるケースも多く、ブラック企業は新人いびりをする中途半端なベテランばかりになっていきます。

入社した施設がブラックだった時の対処法


自分の職場がブラック介護施設の特徴に当てはまったら、どのような行動を取れば良いのでしょうか?

同じ境遇・経験をした人に相談する

介護の仕事をどうしても続けたい・辞めたくないという人は、同じ悩みや不満を持つ人に打ち明けてみましょう。

乗り越えてきた先輩や同期がいれば、これからも介護を頑張れるモチベーションにつながるかもしれません。

ただ、ここで気をつけるべきポイントは『相談する人を選ぶ』『他人の言葉を全て鵜呑みにしない』ということです。

自分の悩みを誰にでも打ち明けてしまうと、人間関係がさらに悪化したり、仕事をしづらくなったりする場合があります。

現在の施設を辞めて転職する

介護の仕事に対してやりがいを感じているのに、施設や施設の人間関係のせいで嫌になってしまう‥というのはもったいないです。

施設に問題がある場合は、早急にその施設を離れましょう。大手介護求人サイト「かいご畑」で、自分の希望する条件に合った職場を探してみてください。

さまざまな施設の情報収集だけでも可能で、必要な場合には資格を所有したエージェントがしっかりとサポートしてくれます。

かいご畑のサイトを見る

法的処置

なかなかハードルの高い手段ですが、弁護士に相談して施設に持ちかけるということも可能でしょう。

ただし裁判を起こす時は、明確な証拠が必要となるので、タイムカードを正しく切り、違法に残業を強いられている事実を残さなくてはいけません。

またパワハラで訴える場合にはレコーダーなどで、上司・先輩の問題発言を証拠として残しておきましょう。

厚生労働省の窓口を利用する

社内の窓口などで解決できない場合は、厚労省のサイトを利用するといいでしょう。

厚労省の窓口は「一度、話を聞いてもらおう」という気軽な気持ちで、アクセスできるはず。

厚労省には、各都道府県の労働局に「総合労働相談センター」という窓口があります。

さらに、手軽なのが「心の耳」というサイトです。是非一度、チェックしてみると良いでしょう。

ブラックな施設を改善する

こちらもかなり難しい手段ですが、施設内で制度や環境に対して疑問を持つ人たちと手を組んで、制度改革をするという方法があります。

ブラックな施設の場合、施設内に「労働組合」があることはほとんどないあるいは、あっても機能していないということが考えられるので、まずは同じ悩み・不満を持つ人たちで労働組合を組みましょう。

労働組合を結成できたら、最終的に施設側に対して改善案を提出します。施設側も大人数に持ちかけられれば答えざるをえないという状況に持ち込みましょう。

最後に

ブラックな介護施設の特徴をご紹介してきましたが、自分の務める施設はいくつ当てはまりましたか?

半分以上当てはまる場合は危険だと考えていいでしょう。

また対処法もご紹介しましたが、法的手段や労働組合の結成は時間も労力も奪われるため、すぐに実行できるものではないかもしれません。

ブラックな施設でこれ以上介護の仕事が続けられないという場合には、他の介護施設に移ることを考えるのが1番自分のためになるでしょう。

今すぐに転職すると決めたわけでなくても、情報収集のために、介護専門の求人サイト「かいご畑」に登録しておくことをおすすめします。

転職すると決断した場合にも、資格を所有したエージェントがしっかりとサポートしてくれるので、初めての転職でも安心です。

かいご畑のサイトを見る

Tags

ライター