教科別に見る勉強のコツ

根回しが重要!残業したくない人のための時短テク5つ

毎日の仕事で残業は出来るだけしたくないですね。

では、どうすれば残業をしなくてすむか、また、残業をしてしまうことになっても短時間で解決できるようにするにはどうしたらよいでしょうか。

今回は、そのテクニックを5つ紹介します。

1. 避けられない残業の時短テク

自分の仕事とは直接関係なくても、状況的に残業しなければならない状況に追い込まれるときがあります。

そうしたときは、状況を的確に把握して、スムーズに進むような段取りを組んで、速やかに収束できるように進めましょう。

2. 効率よい段取りをとるのが時短テク

朝一番に今日やる仕事の段取り、優先順位をしっかりしておくことです。

一日に出来る仕事は結構限られていますので、しっかり時間内でどうやれば終わるかを組み立てて取り掛かることが重要です。

スケジュールが途中で狂ってしまう事もあると思いますので、その時はその時点で明日やる仕事に変更したり、微調整をかけておきます。

効率の良い動きを取れるよう、日々考えならがら仕事にとりかかりましょう。

3. 仕事は先回りして予定しておくことが時短テク

一つの仕事が終わったら、次に来る仕事の予測や予習、下調べは手の空いた時間に行っておきましょう。

そうすれば、仕事に追われて発生するミスは少なくなります。

また、作業遅延により発生するトラブルやクレームに対してもある程度想定していれば、その対応を事前に準備しておけます。

そうすると、突発的なトラブルにも迅速に対応することができます。

いつでも危機管理体制を作りつつ、通常業務をこなしていくと残業をしなくて済み、残業しても短時間で解決します。

4. 隙間時間をいかに効果的に利用することが時短テク

仕事をしていると、少なからず仕事と仕事の隙間時間が出来上がります。

この時間を単にぼーっと過ごすより、次の仕事に関してトラブルが万が一発生したことを考えて、そのトラブルを回避するための策を準備しておくことが効果的です。

いかに隙間時間を効率よく使うかでかなり変わってきます。

5. まわりへの根回しが時短テク

関係部署への根回しはかなり必要です。

突発的なトラブルが発生した時に自分だけではどうにもならないこともあるので、普段から関係部署との良好な関係を維持しておきます。

そのことが残業をしない、またはしても少なく済むことに繋がります。

また、同様に同じ部署で一緒に働く仲間とも良好な関係を維持しておくことも重要です。

最近は上司、部下、同僚との関係も希薄になってきていますが、助け合いの気持ちを大切にしていきましょう。

まとめ

残業とはあくまでもトラブルで、予測していなかった状態が起きたことによって発生するものです。

残業しない方法とは事前の気配りや対応をいかに行うかです。

仕事の段取りなど自分で出来る範囲のものは当然行っておきますが、それだけでは残業をしないようには出来ません。

関連部署、上司、部下、同僚との良好な関係を築けてこそなのです。

普段からやるべきことは手を抜かず行い、周りの人とは良いコミュニケーションをとっておきましょう。