今さら聞けない友達の作り方を紹介:交友関係を広げていくことが大切

大人になって、友達が減ったな..と感じている人はいませんか?また、友達の作り方がわからない..と悩んでいる人も多いのでは。

このように、友達の作り方に関する悩みを抱えている人が最近多いようです。

SNSが浸透して、インターネット上での繋がりが強まっている中で、改めて実際に会って話ができる友達の大切さに気付かされることも多いのではないでしょうか。

そこで今回は、友達を作る時に持つべき心構えと友達の作り方を紹介します。これから友達を作ろうと考えている人は参考にしてみてください。

友達を作る時の心構え4つ

友達を作るのがあまり得意でない、という人は友達作りを始める前にこれから紹介する4つのことを心に留めておくと良いでしょう。

焦って浅い付き合いの友達を作るのではなく、誠実な心で本当に気の合う人を探してみてください。

1. まずは交友関係を広げるところから始める

友達ができない現状を変えるには、まず自分の交友関係を見直すことが必要でしょう。

友達は、日常的に交流する人の中からできるものです。逆に、今の付き合いの中で、自分と合いそうな人がいない、もしくは関係ある人が極端に少ないのなら、生活そのものを変えないと友達はできません。

また、いきなり友達になるのは難しいので、顔見知りから、ちょっと話をする関係に、そして親しい知り合いへとステップアップしていきましょう。

2. 年の差は気にしない

一般的に、年齢の近い人の方が友達になりやすいイメージがあります。しかし、自分の求めている友達像を考えてみましょう。

共に楽しい時間を共有したり、おしゃべりを楽しみたいのであれば、友達に年齢は関係なく、むしろ年上だったり年下だったりした方が上手くつき合えるかもしれません。友達になる可能性を、年齢で最初から狭めてしまわないようにしましょう。

人生の先輩に悩みを聞いてもらう、また若い人と話すことで張り合いが生まれるなど、意外といい友達関係を築けるものです。

3. 相手に対して誠実でいること

「あの人と友達になりたい!」と思われる人って、どんな人でしょうか?それは、「嘘の無い人」「裏表の無い人」「誠実な人」です。よって、普段の生活でも誠実であることをこころがけましょう。

そうして付き合いのある人に接していれば、必ず友達はできるものです。友達を探す前にまず、自分を磨きましょう。

4. 友達のいない人や少ない人は駄目な人ではない

友達が多い人は優れている人で、友達がいなかったり少ない人は駄目な人であるという考え方を捨てましょう。

友達の数で人の価値が決まるものでもありません。今友達がいないからと言って、自分は駄目な人間だと卑下することもないのです。

まず自分の交友関係を豊かにする中で、自分に合う人を見つけ、その人や周囲の人に対して誠実であることを心がければ、自然と友達はできます。

友達の作り方を5つ紹介

大人になると、学校に通っていた頃のように、一緒に遊んだり勉強をしたりする機会が少ないので、友達を作るチャンスも必然的に減ってしまいます。

しかし、お酒が飲めたり遅い時間まで外出できる分、自分から動けば友達を作る機会はまだまだ沢山あるのです。

ここでは、友達を作る具体的な方法を5つ紹介します。

1. 合コンに行く

合コンと聞くと、可愛い子がいるかな、かっこいい男性がいるかな、と容姿ばかりにとらわれがち。けれど、合コンは普通では出会えないような異性と出会える最高の場です。

合コンで知り合った異性にまた合コンをセッティングしてもらえば、どんどん人と知り合うことができます。その中から趣味や価値観が合う相手と友達になり、大勢での遊びから2人で遊ぶようにしていくことも可能です。

2. ネットから友達を作っていく

直接会って会話して友達になる、ということが苦手な人も多くいます。そういう方に最適な友達作りの手段は、インターネット。

インターネットでは、いろいろなサークルがメンバーを募集しています。 自分の趣味のサークルを探し、ネットの世界で友達を作り、ネットの中で会話を交わして、友達になっていくという方法も。

また、自分のブログを作ってブログ仲間と交流することもできます。今はネット社会なので、たくさんの人と出会えるチャンスがあるのです。

3. 旅行先で仲良くなる

なかなか出会いがない時、思い切って旅行に出ることをオススメします。

旅行に行くと、日常から離れることで心が開放され、晴れやかな気分になります。いつもの日々の生活の中では、知らない人に声をかけたりかけられたり、更に一歩進んでそこから友達になるなどということは、とても確率が低いのです。

しかし旅行先では心が開放されているため気分がよく、話も弾み、友達になれる確率が高くなります。同じ旅行先を選択した気安さから、旅の話などで盛り上がれるでしょう。

4. 習い事をする

友達を作るには個人レッスンの習い事よりも、グループレッスンで学べる習い事が適しています。 個人レッスンだとマンツーマンなので先生としか出会えませんが、グループレッスンだとより多くの人と関わることができるのです。

習い事をしながら人と交流を深めることができ、一石二鳥。習い事が終わってから仲間で食事に行くこともあります。

5. 社内の人ともっと話す

毎日通う職場が、友達を作る一番の場所といっても過言ではありません。 職場には同年代ばかりでなくあらゆる世代の人がいるので、年代関係なく自分と気が合う人に出会える確率がとても高いのです。職場で気の合った人と楽しく働くことで、仕事も捗り充実します。

職場の人と仲良くなるには、明るい挨拶がとても大切です。仕事上でも信頼されるように、誠実に取り組む姿勢も重要。そして、仕事が終った後の飲み会などにも積極的に参加し、コミュニケーションをはかることがとても大事なことなのです。

Tags

ライター