同じことの繰り返し!再婚が失敗する人の特徴5つ

未婚の人にとっては、結婚というのは運命の人に巡り合って、大恋愛の末に結婚するものと思い込んでいます。

それに結婚してからも、当然幸せに包まれた生活が待っていると勘違いしている人も少なくないのではないでしょうか?

しかし、せっかく結婚しても離婚してしまう夫婦は後を絶ちません。さらには、再婚してさえも失敗してしまう人がいます。

今回は、再婚で上手くいかない原因を詳しく見ていきましょう。

1.将来の事が見えていない

再婚が失敗する人の特徴に、将来の事が見えていないという傾向があります。結婚生活というのは、恋愛気分だけでは成立しません。

二人で将来の事を話しあって一緒に頑張っていくものですが、失敗してしまう人たちは、先の事を考えずに簡単に結婚してしまったりするようです。

2.だらしない

再婚が失敗する人の特徴に、物事にだらしないという点があります。

結婚生活というのは、お互いが気持ちよく生活していけるように、ある程度気を使いながら生活していくものです。

自分がだらしない事で相手にストレスを与えながら生活している事に気付かずにいます。

3.お金使いが荒い

再婚が失敗する人の特徴に、お金使いが荒いという事があります。結婚生活というのは、二人が稼いだお金で生活するものです。

そして、いくらか残ったお金を、小遣いとしてやりくりしていくものなのですが、すべてのお金を自分のもののように勘違いしている節があります。

4.浮気症である

再婚が失敗する人の特徴に浮気性があります。

離婚の原因が自分の浮気で、分かれる時には心から反省していたのに、ほとぼりが冷めるとまた浮気を繰り返し、また失敗してしまう、愚かなことですね。

浮気癖というのはなかなか治らないので、結婚には向いていません。

5.自己中心的である

再婚が失敗しまう人の大半が自己中心的な性格であるという特徴があります。結婚生活というのは、自分の好き勝手にできるはずはないですね。

相手に思いやりを持って暮らしていく事で、自分も快適な生活を送れるのですが、再婚に失敗してしまう人は、自分の我を押し通して我慢する事を知りません。

Tags

ライター