バツイチ子持ちでも彼氏が欲しい!気になる男性の意見や出会いの場を紹介

バツイチの子持ち女性というのは、毎日子どもの為に忙しく働いていて、自分の時間をあまり作れずにいるので余裕がないもの。

そんな時に頼りになるような彼氏や側にいてくれる人が欲しい思ったりする事もあります。

以下では、バツイチ子持ち女性が恋愛するために気を付けるべきことや、恋愛心理についてご紹介していきます。

関連記事:バツイチ子持ちの出会いの場所9選:出会いの場所はたくさんある!

男性のバツイチ子持ちに対する意見

子どもに対する責任

バツイチ子持ちの女性と恋愛をするとなった場合、将来のことも考えなければなりません。その際に一番頭に浮かぶのが相手の子どものこと。

結婚するとなると同時に父親としての責任も生まれます。その際の覚悟を決めなければならないので、結婚となると躊躇してしまう男性もいるようです。

離婚の原因が気になる

前夫とはなぜ離婚したのかは、男性側も気になるところ。子どもの親権も関わる深刻な離婚だと男性も思っています。

そばにいて欲しいと思った男性を見つけたら、彼には離婚の詳しい話をしておいたほうがいいかもしれません。お互いになんでも話せて信頼できる関係を築き上げられるのであれば、バツイチだろうが子持ちであろうが関係ありません。

バツイチ子持ち女性の恋愛心理

バツイチ女性が恋愛対象になる方法をご紹介して来ましたが、なかなか恋愛に踏み切れない女性も多くいます。

以下では、バツイチ子持ち女性の恋愛心理をご紹介します。自分に当てはまるものがないか、チェックしてみてください!

恋愛に対して消極的

バツイチ子持ち女性の恋愛に対しての心理として、消極的であるという事があります。一度結婚を失敗しているという事で、どんな男性でも恋愛対象になるという事はありません。

常に子供を優先に考えるので、自分と子どもの両方を幸せにしてくれる男性を求めていますが、自分がバツイチ子持ちなので、積極的にアタックする事はできないようです。

いつも時間に追われている

バツイチ子持ち女性の恋愛に対する心理として、いつも時間に追われているので、恋愛どころではありません。シングルマザーで仕事と子育てを両立させていくのは、それだけで大変です。

自分の恋愛をする時間を作れる余裕はないと考え、たとえ時間があったとしても子供の為に使ってあげたいと思うものです。

精神的に余裕がない

精神的な余裕がないので上手く恋愛できるか不安に感じています。

毎日を忙しく過ごしていると、常に日々の生活を考える事が多いので、独身の頃のように恋愛して、四六時中好きな男性の事ばかり考えてはいられません。

子どもの事を理解してくれるのか

恋愛する時に一番不安に感じている事として、子どもがいる事を理解してくれるのかということです。

自分に好きな男性が出来たり、またはアピールされたとしても、負い目を感じているので、結局は、他に似合いの女性がきっといると諦めることが常です。

元旦那を気にしてしまう

バツイチ子持ち女性が恋愛する時の心理として、元旦那の事を気にしてしまうという傾向が強いです。たとえ、離婚していても子供からすれば父親に違いありません。当然子供とも会う機会もあるでしょう。

もし、自分に新しい彼氏が出来たら、子供が困惑してしまうのではないかと不安に感じて、恋愛できなかったりします。

バツイチ子持ちでも恋愛対象になるには

恋愛対象に入るために、自分に合った相手を探すなんて難しいのでは?そう感じた人のために、以下ではバツイチ子持ちでも恋愛対象になる方法やポイントをご紹介します。

バツイチ子持ちでも、恋愛を諦めたくない、そんな方は、ぜひ参考にしてみてください。

子どもをきちんと育てて自立する

バツイチ子持ち女性は、離婚を経験しただけあり、子供を一人で育てて自立している人が多くいます。自立した女性を嫌がる男性もいますが、逆に自立した女性が好きな男性は、しっかりした人が多い可能性が高いです。

子育てをしっかりしている、自立した女性になれば、子持ちでも気にしない、オトナな男性と会える可能性も上がるかもしれないので、まずは子育てに専念してみるのもおすすめです。

女性であることを忘れない

一人での育児に忙しくなってしまうと、自分が女性であることを忘れてしまう女性は多くいます。しかし、恋愛をしたいのなら、自分は女性であることをきちんと認識しなくてはいけません。

髪はぼさぼさで化粧も全くせず、洋服もボロボロなものばかり、そんな女性に恋をする男性はあまりいないでしょう。

いくら中身を見てもらいたくても、外側が汚い物の中身を知ろうとする人はなかなかいません。きちんと髪をまとめ、薄化粧をして、身だしなみを清潔に整えるように努力しましょう。

同じくバツイチの男性を狙う

バツイチなら結婚が難しいのでは、そう考えるのは、女性だけではありません。

厚生労働省の調査では、平成23年度時点、母子世帯数は123.8万世帯だったのに対し、父子世帯数は22.3万世帯と、ひとり親世帯の約15%を父子家庭が占めました。

割合は母子家庭に比べて父子家庭は低いですが、それでもかなりの数の父子家庭世帯があるようです。同じ境遇同士なら、恋愛対象になる可能性も高くなるので、父子家庭で子供を育てている男性を狙うのがおすすめです。

同じ境遇の男性を効率よく見つけるならマッチングアプリがおすすめです。結婚経験や子どもの有無を絞って相手を検索できるので、ぜひお互いに理解のある人を探してみてください。

ペアーズで同じ境遇の男性を探す

愛情深さを見せる

子どもを育てるということは、並大抵のことではありません。しかも、シングルマザーで育児をしている人は、世間の人が思っているよりもずっと大変なことを経験しているでしょう。

そんな状況で育児をした母親は、苦労の数だけ愛情深く強い人間になっているはずです。強くて優しい女性であるという点に惹かれる男性も多いので、自信を持ってアピールしてみてください。

おすすめの出会いの場

街コン

気軽に男性と話す機会を増やすなら、街コンがおすすめです。一度に複数人の方と出会うことができるので好みの方が見つかるかもしれません。

最近では、バツイチの方向けの街コンも開催されています。年齢層や条件などが自分に合っているものに行ってみるのがおすすめです。

結婚相談所

彼氏が欲しいが、その先の結婚まで親権に考えられる出会いを求めている方は、結婚相談所に行ってみるのも一つの手。

おすすめは業界最大級の結婚相談所の楽天オーネット。担当アドバイザーからのコーディネートサービスなど、成婚までの手厚いサポートが魅力です。

婚活計画がWEBでたてられるのも楽天オーネットの魅力。本気で結婚相手や彼氏が欲しい方はぜひ利用してみてください。

楽天オーネットの詳細はコチラ

マッチングアプリ

仕事や育児で忙しく、さまざまな場所に出歩く余裕がない方は、マッチングアプリを使ってみてはいかがでしょうか?

中でも結婚や将来を見据えた男性が多く登録しているのがPairs(ペアーズ)。結婚歴などの細かいプロフィールから絞って相手を探すことができるので、価値観の合う相手を見つけやすいのが魅力です。

女性は基本無料で利用できます。ぜひ理想の彼氏を見つけてみてください!

ペアーズで理想の相手を探す

Tags

ライター