挙げない人が増えてる!結婚式が嫌いなポイント5選

お祝いムードに包まれる結婚式は、新郎新婦共に幸せな気持ちになれて一生の思い出になると思っている方は多いですよね。

しかし一方で結婚式が嫌いで挙げたくないと思っている人も中にはいるようです。

では、何故結婚式が嫌いだと思ってしまうのでしょうか?そのポイントをいくつかご紹介いたします。

1. そもそも費用がかかりすぎて無駄に感じる

結婚式は1つ挙げるだけで何百万もかかってしまうもの。

結婚式の1日のためにそれだけの費用を出すのは嫌だと思う方はやはり多いです。

かといって節約をしすぎると質素な結婚式になってしまい、招待された方も満足に楽しめないということも起こるので、節約もそれなりに限度があります。

そうなると自然と金額も増してくるので、結婚式自体が嫌になってしまうというケースが多いです。

2. 角が立たないようにと招待客を考えるのが大変

会場の規模に合わせて結婚式に招待する人もやはり色々と考える必要があります。

「この人を呼ぶならこの人を呼ばないと!」 「このグループはどこまで声をかけたら角が立たないだろうか」

など、人間関係を考えながら招待客を決めていかなくてはなりません。

たくさん考えたのに結局角が立ってしまったということもあるようで、友情関係が崩壊するなら結婚式なんて必要なかったのではないかと結婚式が嫌いになるケースもあるようです。

3. 細かい所まで考えるのが面倒くさい

招待客と同様に、結婚式を挙げるなら細かい演出まで考えてなくてはなりません。

何時に誰に余興をお願いするか、誰にスピーチを頼むか、料理の種類や引き出物は何にするか等、決めることは本当にたくさんあります。

日々の忙しい中でこれらを決めていかなくてはならないので、これが苦痛で嫌だと思ってしまうパターンもあるようです。

4. 自分が見世物になるのが不快に感じる

結婚式の主役はもちろん新郎新婦ですよね。たくさんの人から祝福されるので、どうしてもかなり目立つ存在となります。

ですから元から目立つのが苦手なタイプであったり、写真を撮られるのが苦手だったりする人からすると、自分が見世物になるということに不快感を感じるようです。

ましてやあまり関わったことのない人と会話をしなくてはならなかったり、気を遣ったりするのがしんどく感じてしまうことから、最初から結婚式なんてしたくないと思ってしまう傾向もみられます。

5. わざわざ招待客に都合をつけてもらうのが申し訳ない

結婚式に招待された方は、都合をつけて参加してきてくれます。そんな中、わざわざ自分たちのために都合をつけてくれること自体を申し訳なく感じる人も中にはいるようです。

それだけでなく、高いご祝儀を払ってもらって他人である自分の結婚を祝ってくれることに対しても申し訳なく感じる人もいます。

結婚式の招待はなかなか断りにくいもので、招待されたら行かなくてはならない雰囲気もあるものです。わざわざ参加してくれることに気まずい思いをすることから、結婚式が嫌に感じることもあるようですね。

結婚式が嫌いなのは悪いことではない!

結婚式が嫌いだという人は少ないと思われていますが、実は意外と嫌いに思っている人は多くいます。

現に、結婚式を挙げないというのも最近ではよく聞く話です。その場合は写真だけで済ませたりするケースもあるので、無理に結婚式にこだわる必要もないでしょう。

もし結婚をすることになったら両家の意向を踏まえて、結婚式をするかどうかじっくり考えていきましょう!

記事の著者

結婚式の悩みをもっと見る