離婚の条件5選を紹介:モラハラやDVから逃れる!

離婚が成立するための条件ですが、協議離婚の場合は離婚はお互いの意思ですよね。お互いに離婚という決着で同意したならそれで成立します。

ただ、離婚調停を申し出たり、離婚裁判になったりする場合は、条件を満たしてない限り認められないこともあるんです。

ただ協議離婚の場合も話し合いでしっかりとした、離婚契約書をお作りすることをおすすめします。離婚してまで、もめたくありませんから。

1.不貞行為

いわゆる不倫というものです。単発の不倫ではなく継続的な浮気です。

腹は立つかもしれませんが、酔った勢いでとか、飲み屋の女の子に誘われて一晩だけというパターン当てはまりません。

不貞行為はあくまで継続的肉体関係を指します。セフレでも継続的なものになれば十分不倫に該当します。

2.働いてくれない

生活費を稼ごうともせず、かといって主夫業もせずに遊んでる人がいます。これは十分に離婚する理由です。

夫婦とは運命共同体で、お互いが協力して家庭を築いていかなければなりません。これはもはや夫婦生活の放棄に他なりません。

3.ギャンブル

俺の人生はギャンブルだからと言っている人の事を聞いたことがあります。

家庭を維持していくためのお金にまで手をつけてギャンブルに走ってしまえば、もう生活がたち行きません。

注意しても態度を改めないなら離婚理由になると考えます。

4.モラハラ

今話題のモラハラですが、これは決定的な証拠がないと立証し難い面があります。証拠作りのための会話の録音をしてください。

女性の側からすると、毎日罵られて顔色を伺いながら、窮屈な生活を送るのはとても辛いことですよね。

仕事から帰れば、チェックを入れられるのを考えると、帰りたくもなくなります。そして我慢の限界に達したとき、夫との日々からの避難を決心します。

5.DV

酒に酔った夫が妻に暴力を振るう、テレビドラマで飽き飽きするほどのこんな場面。でも現実でもどこかで日常的に起こっています。

しかも酔っていない状態ではとても善良な男性、それゆえに離婚まで発展せずに、妻は暴力に耐え続ける。

我慢なんて必要ありません。夫の暴力で怪我をしたら、病院で診断書を作成しておいてください。離婚調停で有利になります。

怪我がひどければ刑事告訴を視野に入れてもいいでしょう。アルコール中毒は簡単には治りませんから。

もしDVの原因が酒ではなかったら、これはもうあなたの命が危険ですから一刻も早く逃げてくださいね。

記事の著者

離婚の悩みをもっと見る