心のゆとりがない・・・子持ち女性が恋愛を再開する時のハードル4つ

子持ちのシングルマザーは育児に家事にと全部一人でこなさないといけないので一日中休みなしで動いています。

特に離婚してしばらくの間、一人でいろんな事をしていくのに慣れるまでは、肉体的にも精神的にも余裕はほとんどないと思います。

そんな忙しい中、当分は恋愛の事なんて頭にも浮かんでこないかもしれません。ですが、ある程度時間が経てば自分の生活が落ち着き、また恋愛がしたくなる時が来るかもしれません。

そのような時に、越えなければいけないハードルを4つに絞って紹介します。

1,自分の時間を持てない

子持ちのシングルマザーが恋愛を再開する時に越えなければいけないハードルとして、自分の時間を作れるかどうかという事がポイントになってきます。

もし、職場などで男性を紹介してもらう機会があり、デートする事ができるようになったとしても、そのデートの時間をいつ作るかというのは、シングルマザーにとっては非常に難しい問題です。

2,お金がない

子持ちのシングルマザーが恋愛を再開させる時に、お金がないというハードルをクリアしなければいけません。

シングルマザーで家計を支えていくというのは、とても大変な事で金銭的余裕はほとんどありません。もしあったとしても子供の将来の為に貯金しておきたいと考える人も多いでしょう。

自分の恋愛のためにお金を使っていいのか葛藤してしまうようです。

3,心にゆとりが持てない

子持ちのシングルマザーが恋愛する時のハードルになるのが、自分の心にゆとりが持てなかったりする事です。

もし気になる男性が現れてデートする事になったとしても、デート中に子どもの事ばかり気にしてしまっていれば、男性も気を遣ってしまいます。

本当に自分だけの事に時間を使えるくらいの心のゆとりが必要です。

4,自分よりしっかりしている

子持ちのシングルマザーが恋愛を再開させる時に相手の男性に求める事として、自分よりしっかりしていて頼れる存在である事が条件になります。

やはり、子持ちのシングルマザーが恋愛対象になるのは、子どもも含めた将来の事を考えられる男性になってくるので、自分の事を支えてくれるようなしっかりした男性しか興味は湧かないようです。

Tags

ライター