これはどうなの?男女で違う「付き合う」の定義

「俺たち、もう付き合ってるようなもんだろ?」「え?そんなつもりないんだけど!」
というような会話ってありがちですよね。また、逆のパターンもあります。

男女や個人によって、どこから付き合っている状態で、どこまでは恋人未満なのかは違うようです。

そこで今回は、男女で違う「付き合う」の定義について紹介します。

また、付き合ってってもおかしないのに確信が持てない、がっつり彼のハートを掴みたい!という方には、彼との距離をグッと近づける香水をおすすめします。

特にイチ押しなのが、リビドーロゼという名前の香水。男性を惹きつけるフェロモンが配合されていてるので、彼は意図せずにあなたを意識してしまうようになる魔法の香水です。

彼との距離を近づける香水をチェックする

「付き合う」ということにはっきりした定義は無い

そもそも、結婚であれば、婚姻関係という法律上で定められている状態にありますし、その状態になるための書類もあります。

しかし、恋人や付き合うといった状態にはそういった公式な定義はなく、当人同士の認識でしかありません。そのため、確かめ合わない限り、片方だけが付き合っていると思い込んでいる状態になったりするのです。

男女で「付き合う」の捉え方は違う?

女性の場合は、ただの友達と恋愛対象をハッキリ区別しながら交友関係を深めていく傾向があります。それは一度に一人の相手の子供しか妊娠できないという生態本能によるものです。

男性は逆に、可能性があるのなら、誰とでも恋人関係になれる傾向が強い生き物です。

男性は一緒にいる時間が長いと付き合っていると誤解しがち

男性はその認識の広さから、男性の場合、特に友達から恋人に関係が変わったという出来事がなくても、一緒にいる時間が長かったり、よく二人で出かけることがあれば、付き合っていることにしがちだったりします。

女性は特別扱いされると付き合った状態と認識する

女性の場合は、自分の中で相手を恋愛対象にしてしまった時に、相手が自分を他のコよりいつも優先してくれるとか、遊びに誘ってくれるとか、自分が相手にとって特別だと思える言動が多く見られる場合に、実質的に付き合ってる状態だと勘違いしてしまうこともあるようです。

好きな気持ちを伝えるだけでは付き合っていると言えない?

「好きです」と告白することは、かなり勇気がいる行動です。しかし、「好きです」という気持ちだけを相手に伝えても、「付き合おう」ということを互いに言葉で確認していないと、付き合っているとみなされないようです。

せっかく告白するのであれば、ただ「好き」と言うだけでなく、「付き合ってほしい」ということも伝えましょう。

付き合っている状態と定義されるパターン

公に定められた定義はなくても、一般的な判断基準としては、付き合っている状態は以下の様な場合が相当します。

お互いの気持ちが確認済み

「お付き合いをしましょう」という言葉が無くても、お互いが異性として好きだ、という気持ちを確かめ合っているなら、二人のお出かけもデートになり、時間と共に親密になっていけるので、付き合っていると言っていいでしょう。

家族や親戚に紹介している

恋人を家族や親戚に紹介しているということは、今後も関係を長く続けていこうという意志の現れです。将来的には結婚を考えているかもしれません。

家族に自分の恋人を紹介するという行為は、恋人を家族と同じくらい大切に思っているということです。

逆にいうと、異性の友達を家族に紹介することはほとんどありません。よほど仲がいい幼なじみや腐れ縁のような関係の場合には例外となりますが、いずれにしても相手の家族は自分の子供の恋人ではないと認識しているので、子供の友達としての対応を受けることになるでしょう。

よって、家族や親戚に紹介されるという点は、ただの友達と恋人を大きく分ける判断基準となります。

大切な日を一緒に過ごしている

誕生日やクリスマス、何かの記念日に必ず一緒に二人でいるという相手であれば、それは付き合っている状態の男女だと言っていいかもしれません。

大切な日に一緒にいるのは大切な人であるとみなされ、それが特定の人物なら、特別な人と認識されます。

周りからカップルと見られて、お互いに承諾している

いつから付き合っているの?と聞かれてハッキリ答えられなかったとしても、今現在、周りの友人や、よくいるグループの中で、自分と相手が付き合っていると認識されていて、かつお互いがそれを受け入れているなら、付き合っていると言えるでしょう。

恋人としてスキンシップを取っている

ボディタッチは友達の関係であっても行われる場合がありますが、キスや性行為のような恋人とのみ行われるスキンシップがない状態は付き合っている状態とはいえないかもしれません。

恋人同士でも宗教や信条などの事情から過度なスキンシップを避けている場合や、恋人ではないのに恋人としてのスキンシップを楽しむような関係もありますが、これらは例外の関係となっています。

互いの気持ちを言葉にすることが重要

付き合うことに必ずしも告白の言葉が必要でない場合があるかもしれません。それでも、恋心は不安定で、いつも相手の気持ちを確かめたがるもの。

ちょっとした特別な日や、良いムードの時に、相手に二人が付き合っている、特別な関係であると確信させる言葉を贈ってあげるのは良いことでしょう。

互いの意思確認が行われていることは、付き合っている状態を定義する上で重要な判断指標になります。

以上が、男女で違う「付き合う」の定義でした。いかがでしたでしょうか。

彼の気持ちをグっと近づけるには?

彼とは良い感じだけれど、今の気持ちをを確かめるのは中々難しいことですよね。そんな時は自分から彼の気持ちを動かすことも必要です!

そこで紹介するのが、彼との距離を簡単に縮めることができるリビドーロゼという香水。

ベリーとフローラルを掛け合わせたやわらかい香りの香水になっていて、意中の彼と会う前に1プッシュするだけで、匂いという形でさらにあなたを印象付けることができます。

また、普段は使わないという方にこそ、香水で好きな彼にアピールするのがおすすめ。いつもは香水を使わないあなたが彼と会うときだけつけていることをアピールできれば、彼は必ず嬉しく思ってくれるはずです。

彼との距離があと少しなら、最後は香りで彼の心をゲットしましょう!ぜひお試しください。

彼との距離を近づける香水をチェックする

Tags

ライター