ボールペンはNG!結婚祝い金を贈るときのマナーとステップ

結婚祝い金とは結婚を祝うために贈る祝儀ですが、細かいマナーと常識がある事をご存知でしょうか。

お祝儀袋の色から水引の形まで、シチュエーションによって使い分けなくてはいけません。

今回はお祝儀袋の選び方を中心に、結婚祝い金を贈るための4ステップを詳しく解説していきます。

大切な結婚祝い。失礼のないようお祝いできるように、きちんとマナーを理解するところから始めましょう。

ステップ1:お祝儀袋を選びましょう

結婚祝いは一度きりのお祝いなので、一度結んだらほどけない結びきりの水引やあわじ結びの水引を使うのがマナーです。蝶結びの水引は何度でも結びなおすことができるため、結婚祝いには不適切。

また、ご祝儀袋は包む金額に合わせて選ぶのが基本です。下にいくつか例をあげてみます。

5万円以上包む場合


格の高いご祝儀袋を選びましょう。表面に波状のしぼがあるものや、水引の本数が10本あるものは格の高い証拠です。

5万円程度包むような相手には、カジュアルなご祝儀袋は失礼にあたります。白地に金銀の水引がついた、正式なものを選んでください。

親しい友人に2〜3万円包む場合


のしや水引がアレンジされた、可愛らしいタイプのご祝儀袋が大活躍。お花の形の水引がついたものやカラフルなご祝儀袋など、カジュアルな雰囲気のものをぜひ贈ってみてください。きっと選ぶのも楽しくなってくるはず。

会社関係の人に3万円程度包む場合


水引の色は紅白でも金銀でも構いません。結びきりをアレンジしたあわじ結びをあしらったものなど、オーソドックスで失礼のないご祝儀袋がぴったりです。

出席できないときに1万円程度を贈るなら


中身との釣り合いをとるため、のしと水引が封筒に印刷されたタイプがおすすめです。

ご祝儀袋が印刷された簡略版であっても、水引の本数は10本あるかきちんと確認を。5本は一般祝用であり、結婚式用ではなくなってしまいます。

ステップ2:新札を用意しましょう

結婚祝いで包むお金は新札を使うのが一般的なマナー。貴方の為に前もって用意していました、という心遣いが込められています。

どうしても用意出来なかった場合はアイロンで伸ばすなどの裏技を試してみましょう。

ステップ3:送り主の名前と金額を書き入れましょう

表書きは毛筆か筆ペンあるいは太字のフェルトペンを使用し楷書体で書くのがマナーです。毛筆が苦手でも、ボールペンや万年筆等で記入することは避けましょう。

あらかじめ結婚祝い用の祝儀袋には、壽か寿の文字が印刷されていますので、水引の下半分の中央に送り手の氏名を書き入れます。

そして、現金を入れる中包みの表に漢数字で金額を、裏に送り手の住所と氏名を記載します。

金額の表記に関しては、無理して旧字体を使わなくても大丈夫。書きにくかったら普通の漢数字で記入してください。

ステップ4:贈りましょう

本来、結婚祝い金は直接手渡すのが正式ですが、仕事の都合などで結婚式に参加できないこともあるはず。この場合は結婚祝い金を郵送できます。その場合、できる限り挙式の前1ヶ月前、最低でも1週間前には送りましょう。

また、招待されていないけれど結婚祝い金を送る場合は、挙式後しばらくたってから送りるのが一般的。相手に気をつかわせないためのマナーです。

Tags

ライター