shutterstock_332500766

貧血で悩んでいる人必見!貧血解消に効くツボとは?

そもそも女性は、毎月の生理の出血で鉄分を失うので男性に比べて鉄欠乏性貧血になりやすい体質。

食べ物から鉄分を摂取することは可能ですが、腸での吸収率が低くせっかく補給しても体内でうまく吸収されずに、体外へ排出されることがあります。

そのため、貧血で悩んでいる人は食事で鉄分を補給するのと同時に、体内でスムーズに活用される術を身につけましょう。

そこで今回は、貧血に効くツボをご紹介します。貧血気味で疲れやすいという方は、ぜひ以下で紹介するツボを刺激してみてください。

ツボ押しとセットで効果的!貧血対策サプリをチェックする

貧血に効くツボ

脾経(ひけい)

足の内側の親指の付け根には大きな関節がありますが、そこにあるくぼみは太白と呼ばれるもので、刺激すると脾経の働きが活性化します。

東洋医学では、脾経は食事でとった栄養から血をつくり、全身に送る働きを担っていると考えられています。

貧血気味の人は脾経の働きが低下していることが多いので、積極的に太白を刺激してあげましょう。

腎穴(じんけつ)

腎穴とは、小指の手の平側の第一関節にあるツボのこと。

ここを刺激することでホルモンバランスを整える効果が期待できます。

手心(しゅんしん)の位置と効果

手心のツボの位置は、手の平の中央で、腸の働きに効果が期待できるツボです。

消化器系の消化吸収を高めて、貧血に必要な栄養素を吸収しやすくなり、血液を作り出す効果もサポートすることから貧血にも効果が期待できます。

太陵(だいりょう)

太陵のツボの位置は、手の平側の手首の中央にあるツボです。

手足の麻痺や痺れ、痛み、昼テリーなどの症状に効果があると言われていますが、間接的に貧血にも効果が期待できます。

神門(しんもん)

神門のツボは、手の平側の手首の横シワの小指側にあり、触ってみると窪みがあるのでわかります。

神門の期待できる効果は、ストレスや不安などからくる不調の改善と鉄分の吸収促進です。

ストレスを解消する為に、神門のツボを利用すると良いでしょう。

貧血の人のためのサプリメント

貧血に効くツボをご紹介しましたが、サプリメントから鉄分を摂取して貧血を改善することもできます。

おすすめは「美めぐり習慣」。これひとつで1日に必要な鉄分10mgが摂れるだけでなく、葉酸・ビタミンB12・ビタミンB6・ビタミンC1日分を摂取することができます。

初回限定で66%オフで購入できるので気になる方はぜひ試してみてください。

美めぐり習慣をチェックする

ライター

こんな記事も人気です