最近の結婚式の相場・お金がないときの対処法:派手な結婚式は時代遅れ!

結婚式というと、ステキなチャペルで結婚式を挙げて、みんなを招いて披露宴をしてというようなものが一番に頭に浮かぶものですよね。

ですが、そのような素敵な結婚式をあげるのには、いったいどのくらいの費用がかかってくるものなのでしょうか。

この記事では、結婚式の費用について紹介します。

結婚式場探しやプランの相談を考えている方は、こちらからどうぞ。

「マイナビウエディング」公式サイトをチェックする

ウエディングスタイルによって金額はさまざま

一般的に知られているような、「神前やチャペルで結婚式をして、その後ホテルで披露宴」というような、招待者も多く演出も凝ったものにすると当然お金もかかってきます。

ですが、レストランを貸し切ってのウエディングや、少人数制にすると、一般的なウエディングの半分以下の金額で抑えられたりもします。

先輩カップルに対するアンケートの結果は?

1位 200万~250万

2位 300万~250万

3位 150万~200万

参考URL:http://wedding.gnavi.co.jp/sp/money/souba/

一般的に知られているような、「神前やチャペルで結婚式をして、その後ホテルで披露宴」と招待者も多く演出も凝ったものにすると当然お金もかかってきます。

ですが、レストランを貸し切ってのウエディングや、少人数性にすると、一般的なウエディングの半分以下の金額で抑えられたりもします。

どんなところに費用がかかる?

結婚式や披露宴にかかる費用の内訳って、細かく内容がわかれているってご存知ですか?

代表的なものをご紹介してみましょう。

挙式

・式場使用料
・牧師・司祭者
・衣装代
・写真

披露宴

・衣装代
・テーブルクロス
・装飾品・装飾花
・飲食代
・照明・音響
・引き出物
・写真・ビデオ撮影

これ以外にも、招待状や案内状の作成や発送費用もありますね。

衣裳についても、こだわればこだわるほど料金も高くなってきますし、料理や演出もこだわるほどに料金がUPしてくるのです。

貯金がなくても大丈夫?

最近では「貯金0円で結婚式」と謳っているところも多くありますが、それはどんな仕組みなのでしょう。

結婚式の費用というのは、全額式までに支払う必要はなく、予約段階でいくらか支払って、残金は後日振込というところがほとんどです。

多くの人は結婚式に招待されると、ご祝儀を持って行くと思いますが、「貯金0円でも…」というのは、「そのご祝儀を支払いに充てる」ということを踏まえたプランです。

ご祝儀の相場を3万円として、招待者の人数を掛けて計算して予算やプランを立てていくという流れになります。

「マイナビウエディング」式場見学はこちらから

結婚式をやるお金がない時の解決策

「結婚式は、人生最高の幸福の日」という方が多くいらっしゃいます。

せっかくならとびっきり素敵なものにしたいですよね。でも、そんな祝福の日をお金のせいで出来ないというのは寂しいものです。

そんな寂しい日にならない、結婚式をやるお金がない時の解決策5つをご紹介したいと思います。

挙式または写真撮影だけを行う

婚姻届を提出するだけではちょっとさみしいというのなら、挙式だけ行うという方法もあります。

小さな愛らしいチャペルでの挙式に新郎新婦の衣装代やヘアメイク、写真などがついて5万円ぐらいから行うことができます。

挙式のみも大歓迎というホテルや専門式場も少なくなく、お得なプランを用意しているところもあります。

また、挙式はしなくてもいいけれど、記念に写真は欲しいというのなら、写真だけの結婚式というテもあります。こちらも衣裳やヘアメイクなどがついて5万円ぐらいから。衣裳を数着着て撮影しても楽しいかもしれません。

少人数ウエディングにする

挙式だけではなく、ちゃんと披露宴もしたいという人は、少人数ウェディングにしてみるのはいかがでしょうか?

ホテルや結婚式場の少人数プランは20名で50万円くらいからになっており、これに衣裳や引出物などをプラスしても100万円以内で収まるはずです。

トワイライトウエディング・ナイトウェディングにする

夕方からの結婚式について、料金を割り引いたり、キャンドルなどでトワイライトならではの演出をサービスしてくれる会場があります。

夕方スタートの結婚式は招待客の貴重な休日を丸々潰すことがなく、夕方から夜というシチュエーションを生かしたロマンチックな演出も可能というメリットが多くあります。

しかし、遠方からの出席者が多い場合は、宿泊の負担が増大する恐れという、お客様に対してのデメリットがあるのもまた確かです。

その点を注意すれば、通常の丸一日かかる結婚式よりも、社会人に対してもお財布に対しても嬉しい結婚式になります。

結婚式は直前を狙う

結婚式は、希望の会場を希望の日取りで押さえるためには1年くらい前から予約をしないとだめな場合もありますが、オフシーズンで日取りもそれほどこだわらないというのであれば、3カ月前の予約でも十分間に合います。

3カ月くらい前になると、会場側もなるべく予約を埋めたいので、価格を引いたり、お得なプランを出してきたりすることがあります。日取りにこだわらない、準備期間はあまり必要ないというのなら、4~3カ月前に会場予約して即結婚式、という方法もおすすめです。

ブライダルローンを利用する

一生に一度の思い出と呼ばれるだけあって、昔流行っていたジミ婚よりも、最近は料理のランクやオプションを沢山つけたこだわり婚をする人達が増えてきました。

しかし結婚式は前払いしか受け付けていない所が多く、親がいない、もしくは親族をあてにすることができず、自分たちの力だけで挙式を挙げなくてはならなくなった等の理由から結婚式を諦めるまで追い込まれている事があります。

そんな時に組むことのできるブライダルローンを利用してみるのも手です。ブライダルローンは、月々の返済金額が少ない点が利点です。

格安の式場探しなら「マイナビウエディング」

結婚式の費用を親が負担してくれるときに後で揉めないコツ

結婚式の費用はかなり高額です。例え親とは言えども、出すと言っておきながら後で揉めることも少なくありません。

そうならないためにも結婚式の費用を親が負担してくれるときに、後で揉めないコツ5つをご紹介したいと思います。

結婚式の費用にいくらかかるか調べる

事前に結婚式の費用にいくらかかるかを調べておく事が必要です。

早いうちから自分たちで資金を集めておいたり、式の施行費用について長らく考えておくなどした姿勢さえあれば、親に相談しやすくなりますし、何もしなかったとは言われません。

費用の相談を日ごろから親に相談する

急に言われてどうぞと言える人は少ないので、式について調べ始めたら、早々に親との会話で布石を打っておくのも手です。

一般的には結納や顔合わせの食事会を行なう事が多いとされており、親への資金援助の打診をする話し合いの場として儲けておいて損はありません。

3ヶ月未満に相談する人が多いようです。結婚式当日が近づくにつれて結婚式の具体的な費用の内訳が明らかになり、費用分担を決めやすいためです。

金額次第では支払いが迫ってから急遽、内容や金額の見直しに迫られるケースも見受けられます。

料理のランク下げ、お色直しといったオプションの節約する

結婚式はやはり一生に一度の事なので、オプションの追加や、食事のランクの変更など、準備が進んでいくうちに加算されやすいものです。

しかし親にお金を出して貰う立ち場なのであれば、どうしてもやりたいオプションだけ先に決めておき、その外はできるだけ節約しましょう。「贅沢しすぎ」等と小言を言われにくいです。

プランが決まっている式を選ぶ

料理のランクやお色直しのオプションが決まっているプランを選ぶことで、オプション選びにばらつきが出てしまう式よりも費用イメージが掴みやすくなります。

オプションが決まっていても、総額を抑えめにしたプランも探せばあります。

金額がはっきりしている方が相手も分かり易く、相談しやすいですし、オプション調整による誤差による後発の相談を最小限に留められるので、互いに気が楽です。

お金を溜めておく

自分達で少しはお金を溜めておく意思を見せないと、親としても夫婦の将来を心配せざるを得ません。

古くは家族と家族の結束を固める儀礼として始まった結婚式ですが、現代では夫婦の金銭感覚や自立心を周囲に示す意図もあります。

親の要望とあらば出して貰うべきですが、親に口出しされたくないポイントがあるのであれば、尚更に溜めておかなければ、スポンサーの言いなりで進む残念な結婚式になってしまいますよ。

まとめ

いかがでしょうか? せっかくの一生に一度の思い出になるものをお金の問題で嫌な思い出にしたくないですよね。

近年は結婚式決めで夫婦に亀裂が入り、結婚式離婚するケースも多いそうです。親にお金を出してもらう時は、親のこと、伴侶となる人のことを考えて、しっかりと話しあう事が大切でしょう。

昔は挙式をして、披露宴をするというのが一般的な結婚式の流れでしたが、今ではレストランで結婚報告的なパーティーをするだけ、小規模は式場でこじんまりと挙式だけの結婚式スタイルがあり、自分でいろいろアレンジを加えることが可能です。

形式にとらわれたり、「これは無理だろう」と諦めず、色々調べて一生に一度の結婚式を満足できるものにしましょう!

右も左もわからない、誰もが初めての結婚式はプロに相談をしましょう。

マイナビウエディングでは、住んでいる場所から会場探しをすることができ、挙式料や衣装、料理など、結婚式を行うために必要なアイテムがあらかじめ含まれているパッケージプランなどもあります。

格安の式場探しなら「マイナビウエディング」

Tags

ライター