保育士1人あたり何人の子どもを見る?:配置基準や認可・無認可保育園の違いをご紹介

保育士は、1人で何人の子どもを見ているのでしょうか?本当は一人一人としっかり向き合いたいけれど、保育士は大勢の子どもを1人で抱えなければなりません。

実は、年齢別に応じて国が定めた、きちんとした基準があります。しかしさまざまな事情があり、基準を満たせていないのが現実なのです。

現在働いている職場環境が基準を満たしておらず、残業や持ち帰り作業が他の職場に比べて多すぎる場合は職場を変えることも視野に入れましょう。

厚生労働省の認可を受けている保育専門の転職サイト「ほいく畑」なら、国の管理下にあるため、厳しい審査をクリアしている保育園・幼稚園を扱っています。そのため、労働条件や待遇面で不利になることはなく、安心して就職活動を進めることができます。

ほいく畑のサイトを見る

保育士の配置基準

保育士の配置基準は、国の「児童福祉施設の設備及び運営に関する基準」によって定められています。

認可保育所の場合は自治体が運営していますので、各市区町村が国と異なる配置基準を定めることも可能です。しかし国の基準を下回ることはできません。

子供一人当たりの保育士の質を保つために国よりも厳しい基準を設けている自治体もまれにあるようです。そのような地域であれば、比較的一人一人に目を向けることができます。

しかし無認可保育所の場合は、保育士の配置基準が守られているとはいえない保育所が多いのが現実です。

国の定める最低基準

では配置基準はどのように定められているのでしょうか?

国の「児童福祉施設の設備及び運営に関する基準」では、

0歳児…概ね3人に保育士1人
1~2歳児…概ね6人に保育士1人
3歳児…概ね20人に保育士1人
4~5歳児…概ね30人に保育士1人

と定められています。

年齢が上がるにつれて、保育士1人当たりの子どもの人数は増えていきますね。

言葉をしっかり話せる4~5歳児からは、一度に何人もの子どもから話しかけられることだって、ざらにあります。…ちょっと恐ろしくなりました?

また「定員90人以下の施設にあってはこの定員のほかに1人以上の保育士を配置しなければならない」「常時2人を下回ってはならない」という基準もありますが、必ず守られているかというとそうではないようです。

認可保育所の場合は?

前述のように認可保育所の場合、市区町村が独自に規定を定めている場合があります。しかし、国の配置基準では十分な保育ができないのも現実です。

多くの保育所では、この配置基準の1.5~2倍程度の保育士を配置していることも珍しくありません。

つまり、どちらかといえば認可保育所の方が保育士にとっては働きやすく、余裕をもって子どもを見ることができる保育所が多いといえます。

無認可保育所の場合は?

無認可保育所の場合、守らなければいけない最低基準は原則としてありません。独自の判断で施設を運営しているため、配置基準よりも保育士の人数が下回っている場合もあります。

基準を守り、子どもの安全を徹底している認可保育園に行かせたい保護者は多いです。

しかし倍率が高く、待機児童が多いなどの理由で、希望する保育園に行くことは難しく、やむをえず無認可保育所に子どもを預ける方が多くなっています。

そもそも認可保育所と無認可保育所の違いって?

認可保育所とは、一定の基準を満たし、国・自治体の認可を受けた保育所のこと。一定の基準というのは、「児童福祉施設最低基準」に基づいたものです。

一方で、無認可保育所とは、一定基準を満たしていない保育所のこと。認可保育所以外の保育施設は、ほとんどが無認可保育所に当てはまります。

国から認可されていないため、遊具等の設備は満足のいくものではないかもしれません。

しかし、必ずしも無認可保育所が悪いということではないのです。子供が大好きでしっかりと保育の知識を持った優秀な保育士もたくさんいます。

待機児童の問題と、配置基準の見直し

待機児童とは、保育所に入れない子ども達のことを指します。この問題の解消に当たり、保育士の配置基準についての見直しが検討されています。

そのうちの一つが、国より厳しい独自基準を設けている自治体に対して、国基準の範囲内での緩和を要請すること。保育士一人当たりの子どもの数を増やし、待機児童を減らすための取り組みです。

自治体としては、子供一人あたりに対する保育士の質を下げたくないという想いがあって基準を設けているので、国の緩和政策と衝突した事例もあるようです。

保育士としても大勢の子供をいっぺんに見るよりも、ある程度管理できる人数でていねいな保育を心がけたいという考えの人も多いため難しい問題になっています。

低年齢ほど保育士の数が必要

保育士1人で担当する子供の数が多くなるほど、トラブルが起こらないよう常に気を付けなくてはいけません。

つかまり立ちを始める頃の子ども達は、特に目が離せません。少し目を離したすきに足元が不安定になり、つかまっていた棚で歯茎を打ち、流血してしまうことも。生え始めた乳歯の状態や、報告連絡相談など、とにかく手がかかります。

そのため、0〜2歳児の間は保育士一人で見る人数が少ないのです。人数が少ないからといって仕事が楽なわけではないことを覚えておきましょう。

思い描いていた保育士のイメージと違いましたか?

子ども一人一人を保育するとなると、笑ってばかりはいられません。自分1人で抱える子どもの数に応じて、視野と心を広く持つことが大切になります。

自分の職場が上記の基準を超えている場合は、目を向けるべき子供の数が多く、もちろん仕事量も増えます。その労働環境が負担になり、体調を崩したり、精神状態が不安定になることもあります。

現在の労働環境が過酷だと感じた方は、ぜひ保育士求人サイト「ほいく畑」をチェックしてみてください。ほいく畑は、厚生労働省の認可を受けており、労働基準や保育園に対して厳しい審査をクリアした保育園を扱っています。

現在、基準を満たしていない保育園で働いている方はぜひ1度他の職場の労働環境を見てみてください。ほいく畑では専任のコンサルタントが保育園の見学などにも同行してくれるので安心です。

ほいく畑のサイトを見る

記事の著者

保育士の悩みをもっと見る