大学のサークルで好きな先輩と付き合うまでの流れ・注意点まとめ

大学に入ると同級生だけではなく、サークルやゼミを通して先輩との新たな出会いもあります。また学校祭など特別な行事でも出会いはありますよね。不安な新しい生活や授業、経験がある先輩は頼りになりやすく、恋に落ちやすいです。

では、そんな先輩と付き合うためにはどうしたらよいのでしょう。どうしたら好かれるか、近づけるか、考え行動してみるだけで、必ず良い方向にいきます。できることから考えてみましょう。

先輩と仲良くなるコツ

あいさつを欠かさない

自然なあいさつができる関係になりましょう。あいさつを交わせるということは、先輩に存在を覚えてもらえている証拠です。あいさつもただ言葉を交わすだけでは印象に残りません。とにかく、笑顔で明るくです。表情ひとつで人の印象は大きく変わります。

笑顔でいることは、好感度もあがり、先輩を良い気分にします。緊張しても決して強張らず、笑顔をつねに意識しましょう。また、「○○先輩!」と名前を呼ぶことも印象に残りやすく、意識してくれます。誰に言ったのかわからないあいさつより、名前を呼ばれることで一瞬でもあいさつをした相手を見てくれます。こうして顔を覚えてもらいましょう。

会話の量を徐々に増やす

次に会話です。会話はこれからの印象に大きく関わってきます。まずは、話やすいなと思われるよう、いくつかの話題はつねに持っておきましょう。会話の沈黙は二人の間を微妙な空気にしてしまいます。

くだらない話題でも笑顔と相槌で、会話が発展しやすく、先輩も会話に乗り気になります。会話が弾むようになったら、相談事をしてみましょう。小さな相談事から始めるとよいでしょう。急に重い相談をするとめんどくさいと避けられがちです。だんだん心を開くことで、先輩は頼られてるとプラスにとらえてくれます。

効果的な敬語の使い方

仲のいい会話ができるようになったら次に気をつけなければいけないのが言葉遣いです。仲良くなればなるほど、つい敬語を忘れがちになります。距離が縮まったと考えがちですが、それは勘違い。実は図々しいと思われやすいのです。

どんなに会話が盛り上がっても敬語を忘れないことで、先輩後輩の関係が保たれます。先輩を先輩として敬える後輩は好感度を持たれやすく、先輩の方から「もっと仲良くなりたい」と思ってもらえることでしょう。

告白までの期間は長くかけすぎない

告白は3カ月以内にしましょう。時間が経てば経つほど、仲良くなって成功しやすい!と思われがちですが、それは違います。時間が経てば経つほど恋愛対象外になってしまうのです。意外と短期集中の方が成功率はアップします。勇気を出して頑張ってみてください。

大学のサークル内で彼氏を作る方法


大学に入ってサークルにも入ったけれど、恋人ができないのはなぜだろうと悩んでいませんか?

それはあなたの努力が間違った方向へと進んでいるからかもしれません。

今からでも遅くはありません。このまとめを読んで今までとの違いを試してみてください。

1.共通点をアピール

同性でも異性でも、仲良くなるのにいいのは”共通点”です。出身地や好きなもの、なんでも構いません。

何かしら同じものが好きだったり、同じな場合に人は無条件に親しみを持ちます。

それは心理的な欲求である”承認欲求”がみたされるからでもあります。

二人きりで話すのが難しい場合には、友人を交え数人で会話してもいいでしょう。

2.LINEなどで連絡をとる

LINEなどで個人的に会話をした、グループラインで会話するのもおすすめです。

しかし、日記のような内容や返信しにくい内容、親しくもないのに毎日のおやすみ、おはようメール等は気持ち悪がられるので絶対にやめましょう。

3.悩みを相談する

この時に相談する内容はなんでもいいです。

「ちょっとほかの人には相談しにくくて・・・」などと、あなたは特別な存在であることを間接的に相手に示します。

これで相手も出方を変えてくるはずです。

明らかに適当に流されてしまった場合などは、もう少し様子見をしましょう。

相手との距離感を図るのにもこの手段はオススメです。

4.飲み会に参加する

サークルに入った場合には、飲み会や合宿などがあります。

こういう機会には、できるだけ参加しましょう。

ここで気になる相手と打ち解けたり、距離が縮まりやすい傾向があります。

参加しないでいると、チャンスを逃しかねませんよ。

5.相手と同じ行動をしてみる

既に狙っている子がいる場合には、相手と同じ行動を取ってみます。

「飲み物を飲んだら自分も飲む」といったことです。

同じ動きを同じタイミングでするということは、同じテンポだということ。

人はそういうことがあると相手に安心感を抱きます。

ただし、これは相手に真似ていることがバレてしまうと意味がありません。

「え、なんで真似してんの?気持ち悪い・・・」と嫌われるかも。

6.思い切って誘ってみる

ある程度見込みがある場合には、アタックをかけてみましょう。

仮に失敗だとしてもめげてはいけません。

完璧にふられない限りまだ可能性はあるのです。

「断ったけど、一生懸命伝えようとしてくれた。」「半年後も告白されて付き合うことにした」という具合に、意外と何回かの告白でOKをもらえた人も多いんです。

7.友人を巻き込む

友人を巻き込んで自分の恋愛に協力してくれるように頼むのもいい案。

例えば友達つてに「○○がタイプだって言っていたよ」なんて言ってもらったり、友人も交えて数名で海や山、カラオケなどに行くというのも距離が縮まるきっかけとなります。

まずは自分からアクションをかけてみましょう。待っているだけでは何も変わりませんよ。

8.積極的に二人きりになる

飲み会やサークル活動の後片付けなどでとにかく二人きりになることです。そうすることでサークルの人達に自分が彼に対して好意を持っていることを気付かせることが出来ますし、どんな鈍感な彼でも二人きりが続けば意識をするもの!

9.きっかけは…借りることから

大学だと必ず「必修科目」がありますよね?必修科目や選択科目で必要な教科書を買わず、先輩から借りたり貰ったりする人もたくさんいます。

「先輩、この教科書持ってますか?」、こう話しかければ、先輩との話題作り苦手な人でも話しかけやすいはず。それをきっかけに教授の試験傾向やわからない部分を教えて貰ったりも出来ます。

もしフラれてしまったら

すべての恋愛がうまくいくとは限りません。もしイイ感じだと思っていた先輩にフラレてしまったら、悲しいばかりか、サークル内で若干気まずい雰囲気になってしまうかも。

そんなときは同じサークルという小さなコミュニティから一旦外に目を向けてみてはいかがでしょう。

同年代の男性というのは、大学内以外にもたくさんいます。もし知り合いがいなければ、最近ではマッチングアプリを使って、他大学の異性と出会いを求める人もいるようです。

paisなら、コミュニティや、興味関心から、検索することができ、またプロフィール写真も充実しているので、見た目や中身から異性を選ぶことができます。Facebookの認証を挟むので、本人確認もとれており、比較的安心して使うことができます。

pairsに登録する

Tags

ライター