うざい先輩にはならないために!後輩から嫌われないための対処法

後輩に好かれたり、頼りにされると嬉しいですよね。尊敬されたり、褒められたり、「先輩がいてくれてよかった」なんて言われたいですよね。

しかし、先輩後輩も人間です。先輩だからといって、必ず好かれるものでもないのです。多少の合う合わないがあるにしろ、なるべく嫌われたくないですよね。

先輩としてかっこつけてみたり、年上ぶると「うざい」と思われがちで、案外難しい「先輩後輩関係」。ちょっと、言動、行動を気をつけるだけで、だいぶ関係は良くなります。では、どんなことを気をつけたらいいのか、ぜひ参考にしてみてください。

一言多い

その一言が余計って思われがちな一言ってありませんか?例えば、注意した後の「なんでできないの?」と追い込む一言。相談受けた時の「へーそうなんだ、どうでもいいけど」など、先輩としてかっこつけた一言が、後輩を不愉快にさせることがあります。

言葉ひとつで、「先輩ぶるな。見下すな。」と後輩に嫌な印象を与えてしまいます。何か一言付け足す前に、ほんとに言わなきゃいけない一言なのか、考える余裕を持ちましょう。

楽しませる

会話を楽しませるために、つい後輩をいじりすぎてはいませんか?ある程度のいじりなら、楽しくその場の雰囲気も盛り上がるかもしれません。しかし、いじりすぎるとそれはただの悪口です。

後輩は自分を否定されてる気分になり、不愉快に思いもす。ある程度のモラルを保ちましょう。また、会話を盛り上げるため、つい自分の自慢話はしていませんか?あまりに自慢話が多いと、ただのナルシストに思われてしまいます。自分の話は盛り上がる前にブレーキをかける力を持ちましょう。

ノリ

仲のいい後輩と遊ぶと、ついテンションが上がったり楽しくなったりしますよね。同じ温度で後輩と楽しめていますか?後輩は先輩に頼まれると、断れず無理をすることがあります。

あまり無理なテンションを押し付けるとうざいと思われてしまいます。一緒に楽しめる空気を率先して作るのはいいことです。少し気をつかって、後輩に無理強いしないよう気をつけましょう。

プライド

やはりかっこつけたいのが先輩ですよね。先輩としてのプライドは、ある程度抑えないと、簡単にうざいと思われます。例えば、自分の間違いをしっかり認められますか?

一人の人間として、先輩だろうと間違う時はあるのです。そのとき、後輩のせいにする、めんどくさいことを押しつける、なんてことがあってはいけません。時には「ごめんね」と素直に謝れることも、先輩としてかっこいい姿なのです。

さいごに

参考になりましたか?簡単に「うざい」と思われがちな、「先輩後輩関係」。あまりかっこつけることを意識しすぎないことが大切です。良い先輩後輩の関係ができるといいですね。

関連記事:【タイプ別!】職場のうざい先輩との上手な付き合い方4つ

Tags

ライター