仲間割れの元凶!サークルクラッシャーの特徴を掴んで上手に対処しよう

最近話題の「サークルクラッシャー」という言葉はご存じですか?「サークルクラッシャー」とは、男性の割合が多いサークル(またはグループや職場)に、少数の女性が入ることによって、その女性を廻る恋愛問題が起き、人間関係が悪化、サークルや仲間内を崩壊させる、その原因となった女性のことをいいます。

メディアで、社会学者によってこの問題が取り上げられ、「サークルクラッシャー」という言葉が世に広まりました。

サークルクラッシャーになりやすい女の特徴

一番に自己中心的なタイプの女性です。他人より自分の話を聞いてほしかったり、人の話に割り込んだりします。また、八方美人なタイプも多いです。男性によってコロコロキャラが変わったり、表裏がありうわさには敏感に反応します。

ボディータッチやスキンシップのうまい女性も、サークルクラッシャーになりやすいです。こういった女性達の恐ろしいところは、自覚がないのです。もちろん中には悪気があってそうする人もいますが、だいたいのサークルクラッシャーは「あたしモテてる、嬉しいな」など、ノー天気に考え、自分のことしか見えてないのです。

崩壊しやすいサークル

全てのサークルが、そういった女性達に壊されやすいのではありません。どういったサークルが崩壊しやすいのか、ずばり、恋愛経験の少ない男性が集まるサークルです。

女性に人気がなかったり、内気な人が多いと、やはり、恋愛経験の少ないサークルができあがってしまいます。そこに、女性が飛び込むわけですから、みんな人に夢中になりやすいのです。また、競い合ってしまうと、我先にと、周りが見えなくなってしまいます。

サークルクラッシャーにならないために

男性が多いサークルに入ること自体は、悪いことではありません。ただし、そこで自分がどううまくやるかが問題です。

3つのルールを守りましょう。

1、服装に気を使う。服装は自由です。しかし、過度に露出したり、派手なものはなるべく避けましょう。特に飲み会などアルコールの入る場では、意識して注意しましょう。

2、一人の人だけを見る。もちろん、恋愛も自由です。好きな人をつくるのも自由です。しかし、サークル内で色々な人に色目を使ったり、好意を持つと勘違いされやすく、無意識のうちにサークルクラッシャーになっているかもしれません。

3、ひとつの集団で二人以上の人と付き合わない。これが最も重要になります。2人以上と付き合うと、必ずどこかにわだかまりができてしまいます。そしてもめ事に発展してしまいます。気をつけましょう。

さいごに

参考になりましたか?サークルクラッシャーにならないために、自分自身を見つめ直しましょう。男性は、多数で冷静に物事を見極められるように、サークルクラッシャーの特徴を必ず押さえておきましょう。どちらにせよ、よく周りを見て行動に気をつけ、楽しいサークル活動にしましょう。

Tags

ライター