ぼっち飯が辛い!大学でぼっちになりやすい人の特徴とぼっち対策まとめ

photo-1440606797942-6cc04c045447

ぼっち飯が辛い!大学でぼっちになりやすい人の特徴とぼっち対策まとめ

独りきりで食事をすることを、若者の言葉でぼっち飯と言います。学校などで、集団から外れ、独りでご飯を食べていると、「寂しそう」「可哀そう」など、憐れみの視線を受けます。

そのため、人目を盗み、トイレなどで食べる便所飯という言葉もあります。では、なぜぼっち飯をするのでしょう。

またぼっち飯はしばしば高校大学で起こります。この記事では大学でぼっちになりやすい人の特徴や原因、対処法について考えていきます。

こちらもチェックしてみましょう→ソロ充とぼっちの違いは?ソロ充の特徴と生態に迫る!

ぼっちとは?

大学で友人を持たない1人ぼっちの人のことを「ぼっち」と言います。

こういったぼっちの人は人と話すことに苦手意識を感じており、人とのコミュニケーションを避けます。

見た目ではあえて自分から他人との接触を避けているように見えますが、本当はそうではないケースもあるようです。

ぼっち飯の原因は人間関係

最近では、「人に合わせると疲れる」「一人でいたい」など、集団離れをする若者が増えています。必ずしも、一人で食べることを寂しいとは感じないのです。

しかし、中には「うまく輪に入れない」「会話ができない」といった人もいます。

核家族化による近所での孤立や、少子化による一人っこが増え、人付き合いが苦手な若者が多い時代なのです。

ぼっちになりやすい人の特徴

ぼっちになりやすい人の特徴としては講義が終了して休憩時間に入ると、机に伏して寝て待つという行動が見られます。
伏している間は本当に寝ているわけではなく、周囲の会話に聞き耳を立てているのです。

本当は周りの人に関心を抱いている人がほとんど。

ぼっち飯の辛さを避けるには

気にしないこと

人によって様々な理由でぼっち飯になります。となると、やはり一番気になるのは視線ですね。

人には様々事情があることを、自分にも他人にもわかった上で、気にしないことが一番なのです。昔は可哀そうに見えていたぼっち飯も時代とともに変わりつつあります。

他人は、自分が思っている以上に、いい意味でも悪い意味でも、さほど周りを気にしていないのです。ですから、目の前にある食事を楽しめばいいのです。

SNSの活用

時代といえばSNSの普及です。この普及によって若者のコミュニケーション不足が進行しているといっても過言ではありません。

しかし、このSNSを逆手に取れば、写真などのアップにより、ぼっち飯でもコミュニケーションが取れます。一人でご飯を食べながらも、寂しく感じないのです。

時代に逆らわず、うまく活用していければ、ぼっち飯も悪くないのかもしれません。

ぼっち飯と聞くと、寂しい、可哀そうなどといった、マイナスなイメージでしたが、自身のライフスタイルを楽しむと考えれば、マイナスなことだけではありません。

もちろん、人と食事をすることは楽しいことであり、貴重な時間になります。しかし、全て他人に合わせる必要はないのです。

ぼっち飯が寂しいという考えから抜け出し、自身のライフスタイルを充実させること、これが何より重要なことなのです。

ぼっちになりやすい女性の特徴

女性はだいたい群れて行動をするものですが、大学でぼっちになってしまうと精神的にもかなり辛いものです。
大学でぼっちになって過ごす彼女たちはどのように過ごしているのでしょうか?
今回はそんな大学でぼっちになった女性の特徴と実情に迫ります。

サークルには入らない

大学でぼっちになった女性はサークルには所属していません。
友達作りにはサークルに入ったり、学校のイベント行事に参加することがおススメですが、こういった機会を見逃してしまうことでぼっちになってしまうと考えられています。

人は人、自分は自分

ぼっちになった女性は人と比べることはありません。
「人は人、自分は自分」と他人と格付けすることはしません。
そのため他人からどう見られているかといったことも気にしないので、周りの評価は彼女たちにとっては価値はありません。
我が道を生き抜く女性に多くみられる特徴です。

昼食は1人で食べる

ぼっちになった女性は一人で昼食を食べます。
最初の頃はよくランチを誘われていましたが、1人の気楽さを選んで断っているうちにぼっちになっていたということもあります。
しかし実際は1人飯はかなり精神的にこたえるものです。友達ができるまではランチの誘いは断らない方が良いと考えらえます。

インカレサークルに所属している

自分の大学で居場所を見つけることができなくなったぼっち女子は、インカレサークルに入って、他の大学と交流をとっていることがあります。
他の大学の友人は増えても自分の通っている大学では友達ができないため、さらにぼっちになってしまいます。
ぼっち対策としては学内のサークルにも入った方が無難です。

新歓コンパに欠席

入学式が終えると新歓コンパが開催されます。
この新歓コンパに参加することによって、先輩と仲良くなれることはもちろん、同級生とのつながりが増えます。
しかし面倒だからと言って参加を断ってしまうのはぼっちになる原因となります。

本当は構ってほしい

誰かに話しかけてもらいたいと思っているぼっちですが、いざ話しかけてもらっても言葉はどもってしまうばかりで「あの…えと…」としか話せずうまく会話が成立しません。遊びに誘っても断ってしまうため、周囲と溶け込むことができません。

ぼっちにならないための対策

大学で周りの人となじめないことで「ぼっち」になっている人を時々見かけます。4年間という長い学生生活でぼっちになるのは本当に心寂しいものです。

ここでは大学生活でぼっちにならないための対策を見ていきましょう。

身なりを整えてみよう

人は第一印象が重要と言うように、見た目で人の印象は決まります。清潔感のない服装だったり、ヘアメイクもおざなりだったりすると、他の人からの印象はよくありません。

ぼっちにならないためには、まずしっかりと身なりを整えて清潔感のある人物になることが大切です。

笑顔で会話はスムーズに

ぼっちの人は人と目を合わせず、笑顔が少ない場合が多いです。

しかしぼっちに限らず人と笑顔で接するということは誰しもが気を付けなければならないこと。笑顔で明るい印象に見えるようにして、会話はどもることなくスムーズに話すと良いです。

タグ一覧

ライター

こんな記事も人気です