何事も低姿勢で◎女友達からの嫉妬を避ける8つの方法

友達に嫉妬された経験はありませんか?嫉妬とは相手をうらやましく思い、ねたむことを言います。

女性の場合一度嫉妬されてしまうともとの関係に戻ることは難しくなってしまいます。

よい関係性を維持するために女友達からの嫉妬を避ける方法をご紹介します。

自分は自分、他人は他人と考える

たとえば女性の場合、年を重ねるごとに結婚、仕事、プライベートのすごし方などライフスタイルの違いが生まれてきます。

幸せかどうかはそれぞれの人生で決めた道なので自分は自分、他人は他人と考えてあまり深入りをせず、先入観を持たないようにしましょう。

自慢をしない

自慢話をすることは相手に嫉妬の種を植えてしまう行為です。たとえば、高級な食べ物や商品などを手に入れた場合うれしくて話をしたい気持ちはわかりますが心の中にとどめておきましょう。

相手にとってはなんの得にならない話は聞いていてもつまらないです。とくに家族の自慢、自分自身の自慢は相手に不快感を与えます。

SNSで私生活を晒しすぎない

活発な女性は、充実した私生活を写真や文章などでアップしてしまいがちですが、見る人によっては自慢ととられて嫉妬の対象となります。

SNSでの投稿はほどほどにしましょう。

自分の話をしすぎない

どんなに楽しかったことでも長々と話をする事はやめましょう。興味の無い話を聞かされ続けるのは端的に言って苦痛ですし、それによって恨まれることがあるかもしれません。

楽しい思い出は自分の中にしまっておき、話をしても手短に話すようにしましょう。

相手を立てる

相手が自分に無いものを手に入れた時、羨ましいと思う時に嫉妬が生まれます。

相手に嫉妬心を抱かせないように、あえて自分が下手に出て相手を立てましょう。

うまくかわす

相手の話を聞きだすことがうまい人と話をする時は自分の話をしないようにうまくかわすことが重要です。嫉妬のネタを相手に与えないようにしましょう。

高価なものをこれみよがしに身につけない

持っているものは自分が思っているより周りからチェックされています。

ブランド物や高価な貴金属は素敵ですがどうしても目立つので嫉妬の対象となり得ます。女友達の前では持ち物に気をつけましょう。

失敗やドジなエピソードを話す

何事もそつなくこなす人に対して完璧なイメージがつきやすく嫉妬されやすくなります。

自分の失敗談を話すことで嫉妬されにくくなります。

Tags

ライター