ひと言挨拶やお礼を伝えよう!職場に馴染めない人の特徴と改善法

すぐに職場に馴染める人がいる中で、時間が経っても職場になじめない人もいますよね。会社の一員として働いているので職場で過ごす時間は長いです。

会社に馴染めない、職場になじめない、人と馴染めないなど悩んでいる方に向けて、今回は、職場に馴染めない人の特徴と改善法について紹介します。

また、人との関わりあいが苦手な人は、もっと個人で仕事を進めるような職種に思い切って転職してみても良いかもしれません。リクルートエージェントなら、あなたに合った企業をプロが見抜いて紹介してくれます。

無料で登録でき、非公開の求人も多いので、まずはぜひ登録してみてください。

リクルートエージェントのサイトを見る

職場に馴染めない人の特徴

人見知りで口下手

人見知りで口下手な人は、大人数の場が苦手だったり、話しやすい人なら話せるけれど何人かで盛り上がっているところには入れない、と言います。

会話に自分から積極的に入っていけなかったり、飲み会やバーベキュー大会などがあっても参加しない、など人とコミュニケーションする機会を掴めないのが特徴です。

消極的で自信がない

仕事中に職場の人が雑談したり、昼食を食べながら話している時に「自分が入っていくと職場の空気が凍り付いてしまうのではないか」とマイナスに考えてしまうことで会社に馴染めなくなってしまう人もいます。

自分に自信がなく、必要以上に周りに対して遠慮してしまい、職場に馴染むのに時間がかかってしまうようです。

業務上の能力が低い人

職場は、仕事をする場所です。どんなに性格が良くてコミュケーション能力が高くても、業務の遂行能力が低いことや業績を上げることができない場合は、上司や同僚から受け入れられなくなってしまいます。

プライベートでの付き合いは楽しくても、仕事の能力が低いと職場に必要とされずに、馴染みづらくなってしまいます。与えられた仕事をこなし、それ以上のものを取り組めることが必要になってきます。

社会経験が少ない

職場は、人が働く場所なので様々な性格の人が集まっています。

その人達の全員が自分と性格が合うかどうかというのは分かりません。むしろ、合わない人がいることのほうが多いでしょう。

社会経験が豊富な人は、ある程度どんな人とでも付き合えますが、少ない人は、自分に合わない性格だとその人とは関わらないようにしようとしてしまいがちです。あの人とは話せるけどこの人とは話せない、ということが多いと、職場全体に馴染むことは難しいですね。

改善法

恐れずに話しかける

仕事の話だけでは職場の人と仲良くなれませんよね。自分から話しかけるのは勇気がいると思います。

そんな時は、ストレートに「お話しませんか」と言ってみましょう。タイミングをみて忙しそうな時を避ければ、大抵の誘われた方は「いいよ」と言ってくれるかもしれません。

挨拶やお礼を言ったりする

仕事でミスをした時に注意されますよね。その時は、謝罪の他にひと言「ありがとうございました」というといいですよ。ふてくされていたりすると感じが悪いですし、とっつきにくいと思われてしまいます。

また、挨拶をすると相手も挨拶してくれるようになるので少しずつ馴染めるようになるでしょう。壁を取り除くためには、挨拶やお礼をきちんと言った方がいいと思います。

一人ずつ攻略する

一度にたくさんの人と仲良くなるのは難しいことです。職場に馴染むためには、まず話がしやすい相手を見つけることです。

同僚でもいいですし、先輩や後輩でもいいと思います。一人、一人と面と向かって打ち解けていくことがいいですよ。

だんだん人数を増やしていけば、そのうち職場に馴染めるようになります。

まとめ

職場になじめない理由は、コミュニケーション不足や、消極的なところが挙げられます。話しかける場合は、一人から初めて慣れてきたらどんどん増やすんだとか。

自分に自信を持って職場の人と仲良くなることができれば、だんだん職場全体にも慣れてくることでしょう。

また、以上のことを実践してみてもうまくいかないという方は、転職をおすすめします。根本的に合わないということもありえるので、環境を変えてみましょう。

リクルートエージェントなら面談を通してあなたに適した企業を、キャリアアドバイザーが紹介してくれるので、はじめての方でも安心です。無料で登録できるので、ぜひ利用してみてください。

リクルートエージェントのサイトを見る

記事の著者

職場の悩みをもっと見る