給料

共通口座をつくろう!意外にかかる結婚費用を貯金するコツ

結婚式をするにもお金が必要です。

はじめから結婚に備えて貯金していた、と言う方は結婚式を開く時、比較的スムーズに事が運ぶでしょう。

しかし、独身時代に決まっても無い結婚資金を貯めている人は少ないはず。

今回はほとんど貯金をしてこなかった、という方の貯金のコツや実際にかかる費用についてご紹介していこうと思います。

結婚費用にかかる具体的な例と平均金額

結婚費用にかかるお金というのは、結婚式の費用だけでなく、新婚旅行や新居へのお引越し、新婚生活にもある程度の余裕をもってスタートした方が良いでしょう。

実際に結婚式にかかる平均金額は300~350万円未満と言われています。

そのうちご祝儀やご両親からの援助金を差し引いての持ち出しの平均金額は50~100万円未満が多いようです。

そして、次に新婚旅行の平均金額が50万円~70万円未満だそうですが、日本国内でなら10万円前後で済みます。

少しでも費用を削減したい場合は場所や時期も検討してみると思います。

そして、新居へのお引越しにかかる費用ですが、最低でも100万円は見ていた方が良いようで、互いの給料でどちらがどのくらいだすのか、を決めている方もいます。

そこも二人でよく話し合い、節約するのであればもともと使っていた家具や家電を持ち込むなどして工夫をすると良いでしょう。

目標を立てる

結婚式にどの程度お金がかかるのか、式のプランをおおまかに立ててみましょう。

招待客の人数や会場の広さで金額も大きく変わってきますので、実際に式場へ行って見積もりをしてもらうとよいでしょう。

だいたいの費用を把握する事が出来ますし、双方のご両親とも事前にどんな結婚式にしたいかを話し合っておくとスムーズに決めやすいでしょう。

両家への結婚報告では、ご祝儀を貰える場合や結婚式の費用を何割か出してもらえる方もいるようです。

そういった場合はお返しの引き出物なども式場で相談してみるといいかもしれませんね。

共通口座をつくる

結婚を決め、お互いに結婚費用を貯金していなかった場合、お互いに共通の口座を作ると良いでしょう。

共通の口座をつくり、互いに結婚費用を貯金した方は多数います。

共通の口座であればいくら貯まったのかを互いに確認する事ができてとても便利ですね。

貯金したお金が余った場合、子供の学費の為に残しておく事ができた、などのメリットもあるようです。

一般的な貯金の期間

貯める金額や使う金額によって貯金の期間は個人差はあるものの結婚費用の一般的な貯金の期間は3年間、という方が多いようです。

結婚費用が足りなかった場合、親に援助してもらったりご祝儀で賄ったり、ブライダルローンを利用する方もいるようです。

スタートからローン...というのも少し不安な気もしますね。

それでも足りない場合は挙式や披露宴をしない方も中にはいるようですが、せっかくなら身内の方だけでも招待して式は挙げた方が良いでしょう。

節約をしましょう

結婚費用を少しでも多く貯めるために大切なのは節約です。

そして、節約するにあたって大切なのは、家計簿をつけるなどしてお金の流れをしっかりと把握しておくことです。

収入と支出を書き出してみると無駄が多い事にに気づき、削減する事ができますね。

会社への通勤が不便でないのなら実家に帰らせてもらうのも良いですし、ご両親の了承を得られるのであれば同居を始めるのもいいでしょう。

記事の著者

貯金・節約の悩みをもっと見る