結婚式に呼ぶ人の基準・選び方:グループ分けや、予算に合わせることが大切

結婚式を開くにあたって呼ぶ人、呼ばない人で迷う人も少なくないかと思います。

家族や親戚の方は大半の方が招待するとは思いますが、恩師や職場の人や友人のなかには、「誘われて迷惑」と思う人や、反対に絶対に誘われるだろうと思っていて呼ばなかったら陰口を言われた…なんてことも度々あるようです。

そこで今回は、ごく一般的な招待客の選び方をご紹介します。

招待客の人数について悩んでいる人はこちら→結婚式に呼ぶ招待客の人数は何人がベスト?平均人数や招待客を増やすデメリットを紹介

結婚式の予算やスタイルを意識

平均予算と人数

結婚式の平均的な予算は約300万と言われています。あくまでも目安ですが、その金額で呼べる人数は約70人ほど。

ご祝儀なども関係してくるので、自分達の予算と相談しながら決めていくのもいいでしょう。

あまり人数を増やしたくない、職場の人は呼びたくないと言う方は、式のスタイルをアットホームにするといいかもしれません。

両親と親しい友人数人だけでという形をとれば、参加したいと言われた場合も断りやすいですし、事前に説明しておく事も出来るので、陰口を言われる心配もありません。

招待客を増やしすぎると予算オーバーに

予想していた金額よりも、実際に支払う金額が大幅にオーバーしてしまったというカップルが多いみたいです。

最初に予想していた金額の平均は250~300円未満なのに対し、実際にかかった平均金額は300~350万円未満で、そのうち、ご祝儀や親族からの援助金をひいて最終的に二人で支払った金額の平均は50~100万円未満くらい。

予算より費用が上がっているものの、最終的には100万円未満に抑えられているようですね。

結婚式の費用を削減している方は、年々増加している傾向にあります。

親族への配慮

親族として呼ぶのは兄弟・姉妹まで

基本的に親族を呼ぶ目安としては親の兄弟、姉妹までです。ご両親の衣装レンタルや着付けが必要な場合、会場で手配してもらえるように事前に段取りをしておくといいでしょう。

兄弟、姉妹、その他の親族を呼ぶ場合、受付やご祝儀の保管などのサポートをお願いしなくてはいけません。ご両家で事前に話し合っておきましょう。

両家のバランスを意識する

両家の招待人数のバランスですが、異なっていても問題はありません。

あからさまに差がひらいていると問題視されることもあるようですが、実際に式を開いてみると、そんなに気にならなかったという意見の方が多いみたいです。

同様に、年齢層にもある程度のバランスが必要でしょう。どちらか一方は年配の方が多く、もう一方は若年の方が多いというのは、問題視されるポイントの一つです。

人数のバランスとカテゴリを考える

カテゴリわけで呼び忘れ防止

新郎新婦の呼びたい人をカテゴリに分け、そこから順番に決めていくのもいいでしょう。

家族や親戚は、今後の付き合いもあるので必然的と言えますが、友人や知人であれば二次会のみ招待したり、後日改めて食事会を開く事も出来ます。

そして次に、新郎新婦の招待客のバランスを考えます。新婦は10人で新郎は20人などあまりにも差があると問題視する方も少なくないからです。

両親の意見も取り入れつつ、ほどよくバランスのとれる人数調整をすると良いでしょう。

部署やグループに分ける

会社の人や共通の友人を招待するのが、一番の悩みどころだったりしますよね。

小さな会社だったり少人数の共通の友人であればさほど迷う事はありませんが、大きな会社、沢山の共通の友人がいる場合は、招待する人としない人をつくってしまうと、後々のお付き合いに影響が出てしまいそうですね。

そういう場合は、思い切って大きな会社なら部署だけに限定するなど、きっちりと線引きをするのが良いかと思います。

共通の友人グループであれば、全員呼ばず会場の広さなどを理由に二次会などに招待しましょう。

気をつけるべきマナー

遠方の友人は呼ばない

結婚式の費用にあまり余裕が無いといった場合に限りますが、遠方の友人や知人は呼ばない方が良いでしょう。

遠方の友人を結婚式に招待してしまうと、交通費や宿泊費などをマナーとして、こちらが支払わなければいけない負担が大きくなってしまいます。

費用を削減したいのであれば、別の機会に結婚報告をするなどの対策をとるといいかもしれません。

もちろん、とても仲がいい友達であったり、相手がぜひ参加したいという場合は、遠方であっても招待して問題はありません。

結婚式に呼ばれたら呼び返す

友達同士での暗黙のルールとして、呼ばれたら呼び返さないといけないと多くの人が思っているようです。

また、お祝いを貰ったのであれば、返すのが当たり前になっています。予算やスタイル、バランスなど上記の事を考えた上で、呼ばれた人を招待するのか考えるといいでしょう。

招待する場合、お祝いやご祝儀を渡し損ねてしまっているなら子供さんへのプレゼントとして事前に用意しておくといいでしょう。

記事の著者

結婚式の悩みをもっと見る