甘え過ぎちゃダメ!社会人と大学生のカップルが上手くいくコツ11選

社会人と大学生のカップル、出会う機会もなかなか無いのに、カップルになるのは本当に難しいものです。そんな状況で晴れてカップルになっても、お互いの生活時間や状況が異なるので、別れてしまうことも多いとか。

せっかくつかんだチャンスなのに、もったいないですね。今回は、社会人と学生のカップルが長続きする方法の注意点をいくつかあげてみます。

これらの注意点さえ押さえることができれば、社会人と大学生のカップルでもうまく付き合うことができるはずです。

また大学生の人で、大人な社会人と付き合ってみたいと思っていても、なかなか出会いがない…と悩んでいる人もいるのでは。そんな人は、マッチングアプリのペアーズを使ってみてはいかがですか?

ペアーズでは、年齢や職業を絞って検索できるので、簡単に社会人の相手を見つけることができます。Facebookでの認証や本人確認が必須なので、偽りのプロフィールを出している心配もなく、安心して利用できます。

ペアーズで素敵な社会人と出会う

社会人と学生のカップルが長続きするためのコツ

社会人と学生のカップルが長続きするには、様々なコツがあります。

ライフスタイルが大きく異なる文、ぶつかりやすいですが、お互いのことを理解できればそれは乗り超えられるはずです。

これから紹介する11個のコツを意識して、上手く付き合っていってください。

1.お互いの環境をよく理解しあう

社会人と学生のカップルは、当然働いている人と学生という社会的立場が異なる為、お互いの生活が見えづらいものです。

社会人は、急な仕事や残業などが日常的にあり、予定を突然変えないといけない状況はわりと普通に起こります。

そのため、学生時代に比べ、社会人は時間に厳格になります。

しかし、働いたことのない学生の立場では、社会人の会社での付き合いというのを理解できない時があります。

「自分はドタキャンするにもかかわらず、時間にはうるさい!」といったギャップへの苛立ちが、揉め事の種になることは少なくありません。

学生も試験やサークルなど、時間がとりにくい状況も。そんな時に生じる気持ちのすれ違いが、やがて致命傷になっていくこともあります。

社会人も学生だから時間の都合がつくなど思わず、お互いの立場を理解して付き合っていくことが大切です。

2.次のデートの約束をしっかり決めておく

社会人は、仕事優先で日々、時間に追われています。自分で意識して時間を作るようにしないと、だんだんとデートの時間がおろそかに。

逆に学生側は、忙しい相手のことを思い、じっと我慢して待ち続けているけど、なかなか連絡がもらえない。挙げ句の果てに、今週はちょっと難しそうなんだ、の一言…そうなると、プチッ!となることも。

時間は、無理してつくるもので、とくに大事な彼氏や彼女とのデートなら、なおさらのこと!学生同士のようにいつでも時間が作れない分、会った時にしっかりと、次のデートの約束を決めておくことをおすすめします。

3.お互いに金銭面に配慮する

社会人と学生は経済面においてもギャップがあります。割り勘デートやプレゼント交換では、学生である相手のことを少し意識しましょう。

学生がバイトをして稼ぐお金と社会人としてもらうお給料だとやはりもらう額が異なりますし、使う用途も異なってきます。

そのため、どちらかが負担し続けていたり、お互いの使うものや食べる場所などが違うとそれが感覚の違いを生む危険性があるのです。

逆に、社会人の相手への依存度を高めすぎることにも注意が必要です。社会人1、2年目の給料は、さほど高くないのが普通。

学生と社会人のカップルでなくても、2人の金銭感覚がずれていると関係は長続きしません。

4.お互いに癒しの存在になる

学生の立場であれば、色々とストレスの多い社会人の、心安らげる癒しの存在になってあげる。

また社会人の立場であれば、寛容な心を持った頼れる相談相手になってあげる。

このように、それぞれが大切な居場所になっていければ、二人の時間は、今まで以上に大切なものになるはずです。

5.イベントを設定する

どうしても仕事に追われ、デートの時間や連絡が減っていってしまうことが、社会人と学生カップルにはあります。

そうであれば、簡単に中止にできないイベントを作り、それを心の支えに、日々のすれ違いを乗り切る方法も効果的!

おすすめは、旅行の計画です。そこまでは無理なら、ライブやテーマパークのチケットの購入もあり。

ここで重要になってくることは、日にちがフィックスされているという点です。彼氏もしくは彼女との大きなイベントがあれば、仕事もはかどるでしょうし、バイトなども頑張れるでしょう。

それも平気でドタキャンするような相手なら、ちょっと考えなおしてみる必要があるかもしれません。

6.お互いの変化に気付く

大学生は、テストや研究、就職活動などいろいろな変化がありますよね。

一方社会人も、昇進や異動、転勤など変化があります。

それぞれの立場が異なっているため、お互いの生活の変化や心境をわからないまま付き合っていたり、相手の相談に対して理解がないと、最初は小さなことであってもその溝がどんどん深くなっていき、別れの原因になってしまいやすいので気をつけましょう。

7.世代のギャップを乗り越える

社会人と学生のカップルは、歳の差がある場合が多いです。

その場合、流行した歌や出来事などが異なっていて、話が通じなかったり、共感されにくいということもあります。

そんな違いを学生がおっさん、おばさん扱いにしたり、反対に社会人が子供扱いにしたりすると、カップルになったばかりの頃は、感じなかったギャップが次第に大きくなっていってしまうこともあります。

8.結婚についての意識の違いを改善する

学生と社会人のカップルに限らず、結婚感覚の違いは、カップルが長続きするかどうかのポイントになります。

社会人の場合、まわりも結婚する人が増えてくるので、結婚に意識が向きがちですが、学生の場合まだ結婚まで考えていないという人も多いため、お互いの見ている方向が違うと長続きしません。

お互いに真剣な交際をしているという認識があるのであれば、学生の方は少し早いかもしれませんが、一度結婚についても話しておくことも必要でしょう。

結婚に歳の差は関係ないので、2人の気持ちを早めに確認しておくと良いかもしれません。

9.時間の感覚の違いを理解する

社会人と学生のカップルは、お互いの生活時間が異なります。学生の場合は、割と自由に時間をつくることができますが社会人は、勤務時間に合わせて行動することが必要になってきます。
約束していた日に突然、残業がはいってドタキャンになったとか同期の飲み会、歓迎会、締め会など、社会人になると飲み会も多いですよね。

学生側は、いつも絶対自分の時間を確保してもらえるのを期待しないことが大切です。

10.連絡はまめにはできない

学生の場合は、連絡をするとすぐに返信がかえってくることが多いですが、社会人になるとそんなに携帯ばっかりみているわけにもいきません。

すぐに返信がこなかったり、返信がこないからといって電話をしたりすると大事な会議の最中だったりなどあるので、あまり頻繁に連絡ができないこともあります。

学生とは時間の感覚が違うということで、連絡の回数を相手の立場を考えてするようにすることが必要です。

11.とにかく思いやりが大切

社会人と学生のカップルでなくてもカップルが長続きするためには、お互いの気持ちを思いやることが必要です。

社会人と学生のカップルは、特にお互いの立場や生活リズムが異なるので、すれ違いやすい傾向にあります。そのため、常にお互いを理解して連絡を取り合うことが大切ですね。

ペアーズで社会人と出会う

今回、社会人と学生のカップルが長続きするためのコツを11個紹介してきました。

年齢やライフスタイルの違いから、すれ違いが起きやすいカップルですが、お互いのことを思っていればより良い関係を保つことができるでしょう。

また今回記事を読んで、社会人との交際への不安が解消できて、社会人と付き合ってみたいと思った人も少なくないのでは。そんな人は、ペアーズを使って相手を探してみてはいかがでしょう。

社会人と学生は、出会う機会が少ないですが、ペアーズを使えば、異なるライフスタイルの人とも簡単に出会うことができます。

職業や年齢を自分の好みに合わせて絞って検索できるので、好みの相手を効率的に探すことができるでしょう。

ペアーズで自分に合った社会人と出会う

Tags