自分と合うところを探そう!苦手な上司と上手に付き合う5つのコツ

会社にいる人全てが合う人とは限りません。むしろ合わない人がいるのが当たり前。でも、どうしても避けて通れないのが上司との関係です。

一度苦手だと感じてしまうと、どのように付き合っていけばいいのか分からなくなってしまいます。

今回は苦手な上司に当たってしまった場合の、上手な付き合い方をまとめてみました。

1. 苦手意識が伝わらないようにする


「なんとなく苦手」「これが嫌」といった相手に対するマイナスイメージは態度や言葉の端々に出てしまうもの。好きな相手ならば、自分から話しかけたり笑顔で話せますよね。

しかし苦手な上司に対しては露骨に顔に出てしまっている可能性があります。相手にそれが伝わってしまっては、相手も自分に対して負の感情を抱いてしまい、悪循環になってしまうことも。

そこで、苦手だと思っても笑顔で接することを心がけましょう。こちらが良い印象を取れば、険悪なムードで滞っていた仕事も円滑に進むことでしょう。

2. 割り切って考えるようにする

上司とは仕事の繋がりに過ぎません。つまり職場さえ出てしまえば、関わりのない人間ですよね。

ちょっと寂しい気もしますが、どうしても苦手で合わない上司の場合は、職場にいる間だけの関係と割り切ってしまうのも手です。

上司の態度にストレスも覚えるかもしれませんが、この1秒がお金になっていると仕事として割り切れば、いくらか楽になります。

誰でも全員と合う人間なんていません。無理に合わせようとせず、話さなくてはならない時だけ仮面を被って話すつもりでいましょう。

3. 怒られても必要以上に重く受け止めない

上司からすると仕事でのミスは怒って当然。次に同じミスをしないように注意したつもりでも、それが心に刺さって上司が苦手だと感じる場合があります。

「自分は上司から嫌われているのではないか」「嫌われているから誰よりも怒られるのではないか」と、思っていませんか? 

ミスをすれば怒られて当たり前。必要以上に重く受け止めることはありせん。

4. コミュニケーションは自分からする

上司のせいばかりにするのではなく、自分の行動をまずは振り返ってみましょう。

苦手だと思う人間でも相手は上司です。無視は余計に相手を怒らせたり距離を取らせる原因になります。

「上司が話しかけてくれれば、こちらも答えるのに…」と相手にばかり押し付けていては良好な関係は望めません。

朝の挨拶はもちろん、あまり話しかけたくないという状況でも自分からコミュニケーションを取るようにしてみましょう。

上司も自分が苦手そうにしていると分かり、話しかけづらいと悩んでいるかもしれません。一歩の勇気で良好な関係を築ける可能性はあります。

5.自分と合うところがないか探してみる

もしかすると自分が知らないだけで趣味が同じ可能性もあります。動物が好きだったり、アウトドアへ出かける趣味があったり。

苦手だと思っていた上司でも、自分と好きなものが同じと分かれば、その話で盛り上がれるかもしれません。

自分と合うところがひとつでもあれば、付き合い方も変わるはずですよ。

まとめ

いかがだったでしょうか。上司に限らず嫌なイメージがある相手とは、なるべく関わりたくないと思ってしまいがちです。

しかし社会人になると一日のうち会社にいる時間は、家族といる時間よりも長いもの。

長い時間を嫌な相手といるのは苦痛ですが、まずは良好な関係を築こうと努力をしてみましょう。

それでもどうしてもだめならば割り切ってしまうのもストレスを溜めないコツです。

Tags

ライター