高校とは違う!大学で友達がいない人の特徴・原因まとめ

最近大学で友達ができずに辛い、という人が増えているそうです。そしてそのことで悩んでいる大学生の割合も急増していると聞きます。

何故友達ができにくいのか?それより、そもそも大学で本当に友達が必要不可欠なのかという疑問がわいてきます。

高校までとは全く違う環境が要因となっている場合、あるいは本人の性格が原因となっている場合、大きく分けるとその二つが考えられますので、その辺りから考察を始めましょう。

関連記事:ぼっち飯が辛い!大学でぼっちになりやすい人の特徴とぼっち対策まとめ

大学で友達ができない人の特徴や原因


大学で友達ができない、と言っても、どんなことが原因に挙げられるのでしょうか。

以下では、そんな理由や友達ができない人の特徴をご紹介するので、当てはまることがないかぜひ確認してみてください。

高校とのギャップに慣れない

高校までは学校に行けば、決まった教室があり、自分の席があり、周りには見慣れた顔が並んでいるというのが当たり前でした。

毎日同じメンバーで授業を受けて、ごく自然に友達が出来たはずです。クラスに分けて社会性をそこに持たせること自体が、高校までの教育の理念でもあります。

大学は純粋に学問を学ぶ場ですから、クラスの概念はありません。授業ごとに教室を移動し、決まった席もない。そんな流動的な日常の中では、特定の人と話をする機会もあまりないはずです。

そういう環境のなかでも友達を作ることができる人もいますが、新しい環境に順応出来ない人は、友達がいない状態になりがち。

出身地が様々

大学ともなると全国から学生が集まってきます。同郷の出身者がいればいいですが、あまり期待は出来ません。

大学の所在地の近隣から来ている学生同士は親近感があり、仲良くなる可能性が高いですが、下宿せざるを得ない地域から来ている学生は、一人ぼっちになりやすいと言われています。

対策としては、同じ大学内で友達を作ることにこだわらず、アルバイトなど学外で友達を作る方向性に切り替えるのも有効な手段です。

勉強にのめりこみすぎ

志を持って入学してきた学生は、何より勉学に励みます。遊んだり、サークルに入らずに一生懸命勉強するのも悪いことではありません。

しかし、あまりにも勉強にのめりこみすぎてしまうと、なかなか友達ができない可能性があります。

勉強のみ一生懸命するのではなく、若いうちにできる色々なことに挑戦してみましょう。

性格が災いしている

大学生に限らず、悪口好き、意地が悪い、卑怯など、性格に難がある人物は周りから敬遠され、友達ができません。

高校まではまだ子供の扱いをされ、甘やかされ、許してもらえていた性格の一端も、大学生ともなればもはや大人の部類に入れられますから、厳しくなります。

早く自覚を持って成長してゆく努力をしなければなりません。そうでないと、社会に出たとき、人間関係を円滑に保つ術を知らない、子供のような大人になってしまいます。

大学で友達がいないと困ること

大学で友達ができない人の特徴や原因をご紹介してきましたが、友達がいなくて困ることはあるのでしょうか。

以下では、友達がいない場合に困る可能性がありそうなことをご紹介します。

単位を落とす可能性も

大学は、高校とは違い、授業を一定のメンバーで受けるわけではありませんよね。

そのため、授業に関する情報も集めにくくなります。

友達が一人もいない授業で、レポートが自分の休んだ日に出されたりしたら教えてくれる人はなかなかいません。

また、休講時の振り替え授業の情報や、テストの際の協力し合いも難しくなります。

何もかも一人でやらなくてはいけない状況なので、単位を落としてしまったり、困る場面もあるかもしれません。

就活の時の情報集めに苦労

大学生となれば、ぶつかるのは就活という大きな壁。

就活はたくさんの情報を知ることで、少しづつ有利になっていきます。

そのため、友達と協力して就活を進めていくことは、とても有利。

エントリーシートの書き方や、面接でどんなことを聞かれたか、会社の情報など、お互いで情報を共有していくのはとても効果的です。

友達がいなくても一人で情報を集められると考えていても、初めてのことばかりで戸惑うと思うので、友達がいるに越したことはありません。

大学における友達の作り方


では、実際にどうすれば友達ができるのでしょうか。

以下では、大学で友達を作るためにやるべきことをご紹介します。

サークルに入る

音楽や写真、スポーツなど、何か気になっていることがあればサークルに入りましょう。

大学のサークルは、種類が多く好みのものを探しやすいので、何か気になるものはないか探してみましょう。これを機に新しい趣味が増える可能性もあります。

何か同じことに向かって頑張った仲間は絆が強くなるので、卒業した後も頻繁に連絡を取るなど長い付き合いになりやすい傾向が。

もしやりたいものが自分の学校になく、インカレサークルに入るときは、主な所属大学を見てみましょう。自分と同じ学校の人がいれば、サークル外でも仲良くできる可能性も十分にあります。

アルバイトをする

友達を作りたいのであれば飲食店がお勧めです。同じような学生や主婦、フリーターなどいろんな人がいますので、多様な人と触れ合える良い機会になります。

アルバイトには強制力がありますので、行きたくなくても行かないといけない、会いたくなくても会わないといけないので、自然と人との距離の取り方や接し方を学ぶことができます。自由な時間を有効活用してアルバイトをしましょう。

大学でいきなり友達を作ることに少し不安を覚える方は、まずはアルバイト先でさまざまな人と話して慣れることに挑戦してみてください。

学校内のさまざまな活動に参加してみる

大学によっては、ボランティアを集めていたり、委員を決めていたり、学校説明会の手伝いを募集していたりと、さまざまな活動を行う機会が多数あります。

学年の途中からサークルに入ることに抵抗を覚える人は、誰でも初めてのことに参加してみましょう。

色々なことを協力し合ううちに、自然と友達もできるかもしれません。

また、今まで勉強に打ち込んでいて、遊ぶばかりの友達を作りたくない、という人でも、ボランティアや委員なら、一緒に勉強を頑張れる友達も見つけられる可能性が高くなります。

SNSを活用してみる

最近の大学生ともなれば、多くの人がツイッターやインスタグラムなどのSNSを利用しています。

これらのSNSも、友達を作る良い手段になります。

同じ学科や、クラスがある場合は同じクラスの人をフォローしてみたら、以外にもアーティストなどの興味が合う人が見つかるかもしれません。

SNSを利用して、日ごろから自己開示していけば、周りの人からのあなたのイメージもより具体的なものになるでしょう。

また、SNSでサークルの紹介などをしている人もいるので、それらに興味を示してみるのもおすすめです。

まとめ

大学で友達ができない人の特徴や原因、友達を作る方法などをご紹介してきましたが、いかがでしたか?

人それぞれ状況は違いますが、ここでご紹介したことをぜひ参考にしてみてください。

また、異性の友達ができずに悩んでいる方にはペアーズがおすすめ。

豊富な検索機能で、理想の相手を見つけることができます。

24時間365日、見守りの入った状態で健全な出会いをすることが可能なので、ぜひチェックしてみてください!

pairsに登録する

Tags

ライター