連れ子も大事にできる?シングルファザーとの再婚で気をつけるべき事5つ

子どもがいる夫婦が離婚する時には、だいたい母親が子どもを引き取るのが一般的ですが、最近では離婚する原因も多様化しているので、父親が引き取るケースも増えています。

そんなシングルファザーとお付き合いしている女性も多いと思いますが、結婚するとなるとどんなことに気をつければよいのでしょうか?

今回は、シングルファザーとの結婚を考えるうえで気をつけるポイントを5つご紹介します。

結婚が決まって式を挙げることになった場合、どういう準備をしたらいいのかわからないことだらけかもしれません。マイナビウエディングでは自分たちに合った結婚式スタイルと細かな状況別で検索することが可能です。

自分たちに合った結婚式を探すならここをチェック!

1. 連れ子を自分の子どもだと思う

シングルファザーの子どもというのは、もし一見大人びて見える場合でもどこかで母親の愛情を求めていたりします。

再婚するということは、連れ子も自分の子どもになるということをしっかりと認識しておく必要があるでしょう。

相手の連れ子を自分の子どものように接してあげることが第一です。

2. 子どもを最優先に考える

シングルファザーと再婚するということは、すでに子どもがいる状況なので二人きりの時間を持つことはあまりできません。

どんな時でも子どものことを最優先に考えられなければ、シングルファザーとの再婚は難しいでしょう。

3. 離婚した理由を知っておく

シングルファザーと再婚する時には、何が原因で離婚することになったのかという経緯をちゃんと知っておく必要があります。

母親と死別しているケースは別として、離婚した父親が子どもを引き取るケースというのは珍しいです。

再婚しても、その後離婚することにならないためにも彼の離婚の理由は必ず聞いておきましょう。

4. 子どもを作るのか確認する

すでに子どもがいる状況で一緒に生活するので、男性の方はもしかしたら子どもはいらないと考えているかもしれません。

子どもが欲しいと思っている女性は男性にちゃんと確認しておくことが必要です。

5. 両親の許可をもらう

女性側が初婚の場合は特にですが、連れ子のいる男性と結婚を許さないという両親もいるかもしれません。

男性の離婚理由と子どもを引き取った経緯をちゃんと説明して、理解してもらってから再婚した方が良いでしょう。

まとめ

一口に再婚と言ってもさまざまなパターンが考えられます。今回はシングルファザーとの再婚について触れてきましたが、自分は初婚でも相手が再婚となるとどういう式が良いのかなど、結婚式を挙げる際にも配慮が必要になってくるかもしれません。

マイナビウエディングでは、再婚カップルの結婚式事情やおすすめの結婚式スタイルの提案などもしてくれるので、きっと二人にあった結婚式スタイルを見つけることができるでしょう。

自分たちに合った結婚式を探すならここをチェック!

Tags

ライター