離婚したい!旦那と合わない時の解決方法5つ

家族の大黒柱と言われる夫と価値観が合わないと、時に心を病んでしまうケースも…。

離婚を考える最大の理由とも言われている、価値観の違い。

今回は価値観が合わない時の解決方法を5つ、ご紹介したいと思います。

1.一人になる時間と誰かといる時間をつくる

喧嘩した時や、意見があわない時は一人になる、または話し相手がいることで解決することがあります。

離婚という一大事になれば複雑な感情と感傷によって踏ん切りがつかなくなり、逃げ出したい一心で離婚届に判を押してしまいがち。

結婚は添い遂げることを誓うものなら、離婚はそれを解消するもの。原因が価値観の違いなら、修正できるものではありません。

大きな決断になるので目先だけの些細な価値観の違いではないことを「第三者の目」で確認する必要があります。

まず夫は一人になる時間を作り、妻は誰かといる時間を作りましょう。離婚を考える時、もしくは離婚準備の時、男性は一人になる時間を欲しがります。

一人になることで自分の中の感情を整理できるのです。

反対に女性は第三者の目で自分を知る生き物ですから、誰かに相談に乗ってもらい、話をしながら感情を整理できると言われています。

2.離婚をすることが目的なのか、離婚をしてやりたいことがあるのかを考える

「価値観の違いで離婚」という話をよく耳にしますが、長年の積み重ねでこれが理由だとはっきり言い切れないとき、価値観の違いを理由にするものです。

結婚前でも結婚後でも離婚後でも、他人は他人です。生まれも育ちも違う二人が一緒になるのですから、価値観など最初から違いますし、違っているのは当然のこと。

離婚したい、とにかく離れたい、家を出たい、その一心で別居や実家に帰る過程を飛ばして離婚を突きつけるケースも多々あります。

ですが離婚は考えている以上に大きな作業です。離婚の先に何を求めて離婚をするのか、離婚そのものが目的になっていないかを見直す時間が必要です。

3.子供に関しての約束事を考える

子供ができてからの離婚なら、子供に罪はないことをしっかりと覚えておく必要があります。子供にとって父親と母親は唯一の肉親なのですから、夫婦だけの問題ではなくなります。

夫婦の事情をどうやって子供に伝えるか、子供にとって父親と母親であることをどこまで約束できるのか線引きをするのは最も重要なのですが、親権と養育費で揉めるケースは少なくありません。

子どもの意見を聞き、もし伴侶と戦いになる予感があるのなら、早々から自分の有利になるよう準備を進めておくべきでしょう。

4.お金に関しての約束事を考える

夫婦で築き上げてきた財産であればなおさらのこと、お金に関しての話し合いはこじれやすいものです。

慰謝料を請求しないケースが増えているのは、金銭問題をこじれさせないためであったり、親権と引き替えに慰謝料を請求しない条件にするケースが増えているからです。

当然、後からトラブルになることも多々ありますから、信用のおける第三者に介入してもらう方がよいでしょう。費用と時間が大いに掛かりますが、離婚分野に強い弁護士に依頼することも念頭に入れる必要もあります。

相手と価値観の違いを感じる一番の理由はお金です。最後までこじれて執着するのは、愛情や繋がりではなく、お金という人が多いです。

身を守れるだけの資金力がないのであれば尚更、専門家や第三者を入れておくべきでしょう。

5.互いの人生に与える影響を考える

夫婦であっても元を正せば赤の他人ですが、それでも夫婦として生活して来た過去はなかったことには出来ません。互いの人生に介入した事実と記憶は残ります。家族・親類や職場、友人にも伝えなければなりません。

離婚をして法的に他人になっても、離婚後も何かと結婚していた影響は出てきます。

一人になって、最初のうちは清々したと思うでしょうが、次第に一人の時間ができたことで、それまで気づかなかった自分を見直せます。

最初から無理だったのではなく、次第に価値観にズレが生じ、互いに穴埋めをしなかったため、いつの間にか大きな溝になってしまったのです。しかし価値観の違いを埋められなかったのは双方が選んだ結果です。

相手を罵るのではなく、互いにどう影響し合い、何を得たのかを考えなければ人は同じことをまた繰り返します。

Tags

ライター