胸が張ってきたらサイン?生理の前兆とその症状の緩和する方法

女性には逃げることの出来ない憂鬱な期間「生理」があります。

周期があるとはいっても毎月絶対に何日後にくるというパターンは少なく、数日早まったり遅れてくることもあるので予想をするのが難しいのが生理です。

しかし、生理の前兆というものを感じる方も多くこの期間が終わると生理になるという女性もいます。もし生理の前兆があるならばその症状を緩和したいと願うことでしょう。

今回は、生理の前兆とその症状の緩和する方法をまとめてみました。

生理前の症状を緩和させたい方はこちらをチェック!

生理の前兆

1. ちょっとしたことでイライラする

いつもは許せることでも、なぜか許せない。これは生理前に起こるホルモンバランスの変化によるものです。

ちょっとしたことでイライラしている時は、もしかすると生理の前兆かもしれません。

2. おっぱいが張る

多くの女性が感じるのが「おっぱいの張り」です。中にはちょっと触れると痛いくらいに感じる人もいます。

これもホルモンバランスの変化によるもので、乳腺内の血管が拡張することによっておっぱいが張る仕組みです。

3. おなかが痛くなる

生理中におなかが痛くなる方は多いですが、生理の前兆でも同じような痛みを感じることがあります。

ホルモンが過剰に分泌している状態だと痛みを感じやすくなるようです。

4. 常に眠い

しっかりと睡眠をとっていてもなぜか眠いというのも生理の前兆の1つです。

どうしても眠くなってしまう時には少し運動をすると良いでしょう。

5. 肌荒れが治りづらい

あまり肌荒れにならない女性でも生理前にはなぜかニキビが出来たり、肌がカサカサになることがあります。

6. 体重が増える

生理前には体が栄養を蓄えようとするため、体重が増えやすくなり1~3キロ増えるのは誰でもありえることです。

生理が終われば戻りますので、気にしないようにしましょう。

生理前の症状を緩和する方法

1. 低用量ピルを服用する

低用量ピルは日本では避妊の為と考える方が多くいらっしゃいますが、ホルモンバランスをコントロールすることで生理前の症状や生理中の症状の緩和にも効果があります。

ピルの種類によって副作用が出てしまう方もいますので、服用時には必ず医師の診察のもとで飲むようにしましょう。

2. あたたかい飲み物を飲む

暑い時には冷たい飲み物を飲みたくなってしまいますが、冷たい飲み物は体を冷やしてしまい血流を悪くさせます。

とくに体調が悪い時には温かい飲み物や常温の飲み物を心掛けるようにしましょう。

そこでおすすめなのがルナテア。女性の不快な症状を和らげるチェストベリーを主成分として配合したジンジャーレモンティーです。

ホットドリンク感覚で飲めるサプリメントなので職場などでも気軽に摂取できることや、ビタミンB、C、イソフラボンなど女性に嬉しい成分も豊富に配合されていることが人気の秘訣。

今なら初回限定で80%オフで購入できるので気になる方はぜひ試してみてください。

ルナテアをチェックする

3. 漢方に頼る

漢方は薬ではありません。今やドラッグストアでも気軽に購入することが出来る物です。

とくに「桂枝茯苓丸」は生理痛に効き目があると言われていますので普段から飲んでおくのも良いでしょう。

4. 良い香りでリラックスする

人は、良い香りを嗅ぐとリラックスすることが出来ます。香水などきつい香りではなく、香り袋やアロマテラピーなどで部屋をリラックス出来る空間にするのが良いでしょう。

まとめ

生理が楽という女性はほとんどいないでしょう。しかし、どうしてもきてしまうのが生理です。

苦しい思いをなるべく楽に出来るように、自分自身に合った対策をとってみてはいかがでしょうか。

生理前の症状を緩和させたい方はこちらをチェック!

Tags

ライター