離婚後に不倫相手と再婚してよかったこと5つ:デメリットもチェック!

昔に比べて離婚する夫婦の数は増え、最近ではなんと3組に1組の夫婦が離婚しています。

そしてその分、再婚率も高まりつつありますが、中には浮気を経て、不倫相手と再婚をするか悩んでいる方もいるのではないでしょうか。

どうしてもパートナーとうまくいかずに不倫に走ってしまい、その不倫相手と再婚する方もいます。

しかし、不倫後再婚するにあたって、「不倫相手と再婚しても幸せになれるかな…?」などと悩む方も多いのではないでしょうか。

そこで、以下では不倫相手と再婚したカップルが、不倫相手との再婚でよかったなと思うことをご紹介していきます。

不倫相手との再婚に踏み切るか悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみて下さいね。

関連記事:成功率90%以上!離婚の切り出し方とタイミング7つ

不倫相手と再婚してよかったこと5つ

1.話し合うクセがつく

結婚は勢いだとよく言いますが、不倫関係からの結婚は勢いからはできません。

前のパートナーと離婚したことをどう説明するか、自分たちは結婚して本当に幸せになれるのか、慰謝料や養育費の支払いがある場合に結婚して本当によいのかなど、結婚前にさまざまなことを話し合います。

このように納得いくまでパートナート話すクセがつくということは、再婚したあともメリットになるでしょう。

2.家族を大切にする

通常の結婚でももちろん家族は大切にしますが、離婚から不倫、再婚を経験した人は、家族の大切さを人一倍感じているのではないでしょうか。

「ふつう」の幸せがいかに難しいか、「ふつう」を維持するためにいかに努力が必要かよく身に染みているはずです。再婚したあとは、誰よりも家族を大事にするようになるでしょう。

3.適度な距離感をつかめる

不倫から離婚、再婚までは、想像以上にパワーを使います。話し合いや手続き、周りへの説明、ときには仕事や親せき関係にまで影響する問題が起こることも。

そんな修羅場をくぐったふたりは、結婚に甘い夢などみません。現実はいかに厳しいかを知り、クールにお互いも適度な距離感を保つことができるかもしれません。

結婚に夢をみて相手に必要以上のことを求めず、うまくやっていくことができます。

4.失敗を教訓にできる

どうして不倫をして離婚してしまったのかを突き詰めると、必ず元の家庭やパートナーとの関係に問題があったことが判明します。

仕事が忙しくてすれ違いの生活だった、金銭的な価値観が合わなかった、スキンシップをおろそかにしていた、親せきとの付き合いがうまくいかなかったなど、元の家庭の反省点が浮き彫りになります。

一度失敗したわけですから、次の挑戦ではその失敗を活かして、教訓にすることができるでしょう。

5.困難を乗り越えたという意識

不倫カップルが元のパートナーと離婚し、再婚するに至るまでは、長く険しい道のりがあったと思います。それでもめげずにお互いを支えあい、話し合い、ひとつひとつ問題を解決していったに違いありません。

そんな経験をもったカップルは、絆もより深くなり、お互いを思いやることができるはずです。

不倫相手と再婚するデメリット

不倫相手と再婚するメリットをご紹介してきましたが、やはりデメリットもしばしばあります。

もしパートナーが職場の同僚や同級生などだった場合、周りから非難の目を浴びる可能性があります。結婚したとしても、祝福されない場合も。

また、不倫相手にも元々パートナーがいた場合、その相手から嫌がらせを受けたり、法律上面倒なことに巻き込まれることもあるかもしれません。

そして、たとえ不倫相手と結婚したとしても、「またこの人は不倫をして、自分以外に相手を作ってしまうのではないだろうか」と疑心暗鬼になって辛い日々を送る可能性もあります。

そうなりたくない場合、いっそのこと不倫相手とは別の相手を探してみるのもおすすめです。

結婚相談所の「楽天オーネット」では、約5万人の会員の中から自分好みの異性を探すことができます。

楽天オーネットはほかのマッチングアプリなどの出会いツールとは違い、登録者層の年齢は比較的高いです。そのため、同じく再婚相手を探している異性と出会えるかもしれません。

業界最大数の成婚数を誇る楽天オーネットで、新たな結婚相手を探してみてはいかがでしょうか。

楽天オーネットで幸せになれる再婚相手を探す

記事の著者

結婚・離婚の悩みをもっと見る