上手な結婚式の断り方:相手に不快な思いをさせない方法とは?

結婚式は一生に一度の大事なイベントですよね。しかし中には、そんなに親しい関係でもない人からの招待であったり、親しい間柄でも事情があって行けなかったりすることもあるでしょう。

その場合行けないことを伝えなくてはなりませんが、その伝え方も相手のことを考えながら伝えなくてはなりません。

では相手に不快な思いをさせない上手な断り方とはどのような方法なのでしょうか?

1. 断るタイミングが大事

結婚式の招待が来て欠席の連絡をする場合、そのタイミングというのもかなり大事!

例えば招待状を送っても良いかという確認の段階で断ってしまうと、相手にとって寂しいものです。

しかし確実に欠席がわかっているなら仕方がありません。

行きたい気持ちがあることと、行けなくて本当に残念だということをしっかり伝えるようにしましょう。

また絶対にNGなのは直前に欠席すると伝えること。

行きたい気持ちをアピールしすぎて、式の直前にやっぱり行けなくなったなんてことになったらかなり迷惑をかけてしまいます。

一番無難なタイミングは、招待状が届いた段階で、欠席と返信することでしょう。

2. やむを得ず直前に断る場合はフォローをしっかり!

しかし結婚式が間近になった時に何が起こるかは誰も予想できませんよね。

もしかしたら、本当にどうしようもない理由で直前に欠席をしなくてはならない状況になってしまうかもしれません。

だからと言って連絡もせずに勝手に欠席するのは言語道断!

必ず相手に行けなくなったことを伝えて、当日の場合は式場の担当者にも連絡をしておきましょう。

式の日程が近い段階で欠席の連絡をするとどうしても空席ができてしまいます。

相手もガッカリしてしまうことは避けられませんが、その事に関してもしっかり謝罪をしましょう。

後日ご祝儀を渡すなどのフォローもしておくことがポイントです!

3. 正直すぎる理由は伝えない

結婚式に出席するとご祝儀を払うのがマナーですが、お金がなかったりと様々な状況があると思います。

しかしその時の理由で、「お金が無いから欠席します」と正直に理由を書くのはやめましょう。

そんな理由で断られたら誰でも不快になるのは想像できますよね。

自分が聞いて不快になるような理由は避けて無難な理由をつけて断るように心がけることが大事ですよ!

ひとつの例として、そういった場合での上手な断り方をあげてみました。

親戚の法事があると伝える

一番角が立たない断り方はこれです。法事となると、ご不幸のため、誘う方もあまり深く突っ込んでこない内容です。

しかし、いくら行きたくない結婚式を断る理由として法事という理由を使うにしろ、お祝い事を欠席する時に、ご不幸のことを急に伝えてしまうのはマナー違反。

そのため、招待を受けた段階では「当日はやむを得ない事情があるため、お伺いすることができません」と伝えるようにしましょう。

招待した側が、詳しく知りたいんだけど・・・と言ってくるかもしれません。

その場合は「49日が終わっていないため、今回は欠席とさせてください」や「この日は、一周忌なので欠席いたします」と伝えるようにします。

別の結婚式の予定があると伝える

結婚式の招待を受ける時に、特にそんなに親しくない人からも来ることってありませんか?

そうなると、やっぱり行くことにもちょっと抵抗が…。

そんな時は、他の結婚式の予定があると伝えましょう。

「親戚の結婚式があって、そちらに行かなくてはならない」「ずっと前から決まっていた友達の結婚式がある」

というように伝えれば、そんなに角が立つことはありません。

法事などのご不幸を理由にしたくないなと思う方は、おめでたい方の理由をつけて断ってしまうと気が楽です!

妊娠中または育児で忙しいと伝える

これは、妊娠中もしくは子育てをしている方限定となってしまいますが、この理由もスムーズに断れるもの。

妊娠中の場合は、お腹が張ってしまって遠くまで行けないというような理由でも大丈夫です。

育児中なら子どもがいて、旦那も仕事だから遠くまでは行けないという理由でもOK!

そういった理由なら、仕方ないなと思うことがほとんどでしょう。

迷惑をかけてしまうこと前提なら体調不良

直前に、結婚式の欠席を伝えるということはマナー違反。

しかし、やむを得ない事情ということもあります。その中でも代表的なものが、体調不良!

もちろん、ただの風邪だった場合は反感を買ってしまう危険性がありますが、「インフルエンザ」「食中毒」「ノロウイルス」などといったものだと「仕方ない」と思えます。

ただし、これは直前に断ってしまうこと前提となってしまうため、相手方にもかなり迷惑をかけてしまいます。

後日お詫びもかねて、お祝いの品を贈るなどして対処するようにしましょう。

4. 行きたい気持ちをとにかく出すこと

例えそんなに親しくない相手からの招待だったとしても、あからさまに行きたくないという態度をとるのはNG!

断るつもりであっても、本当は行きたかったという気持ちを出すことがポイントです。

結婚式に招待してくれたことへの感謝の気持ちと、当日はやむを得ない事情があって参加出来ないことと、後日改めてお祝いをさせてほしいことを伝えれば相手に不快な思いをさせずに断ることができます。

あくまでも祝福したい気持ちがあることを相手に伝えることが重要!

5. 後日お祝いの品を贈ること

結婚式に参加しないからお祝いできないのかというとそうではありません。

参加できなくても、後日お祝いの品物を贈れば喜んでもらうことができます。

商品券などの無難なものでも良いですし、夫婦お揃いの食器や、キッチン用品なども喜ばれるでしょう。

その際にお手紙も添えると、より丁寧ですね!

結婚式を断るのは仕方ない!だからこそ相手に配慮を

様々な事情で結婚式に参加出来ないことがあることでしょう。

しかしそれでも断り方を間違えてしまうと相手に不快感を与えてしまい、その後のお付き合いにも支障が出てしまいます。

結婚式を断ること自体申し訳ないような気持ちもあるかもしれませんが、しっかりとした方法なら相手も納得してくれるはず!

ぜひ上記を参考にして相手に失礼のないようにお断りしましょう!

Tags

ライター