正社員になれる!コミュ障でも活躍できる仕事まとめ

「コミュ障の自分にも活躍できる仕事って何だろう?」と考えたことはありませんか?また、今の仕事がコミュ障の自分には辛い…と悩んでいる人もいるでしょう。

会話が苦手だと、仕事を探すのも一苦労なはず。採用側も、採用のポイントとして、「コミュニケーション力」というものを掲げている企業が多くなってきています。では、コミュ障だと正社員として仕事をするのは難しいのでしょうか?

コミュ障でも正社員になれる!

コミュ障だからといって、正社員として仕事をすることが難しいという事はありません!コミュニケーションをとるのが苦手な人にも仕事で活躍できる方法はあります。

コミュ障を克服するのも1つの手ですが、人と話さなくてもいい仕事に就く事もひとつの方法です。人には向き不向きがあります。コミュ障のあなたに合った仕事・職種を見つければいいのです。

ここからは、コミュ障でも採用されやすい職種を紹介していきます。

1.工場の仕事

具体的に言うと、ベルトコンベアなど生産ラインに配置され、自動的に流れてきた部品や食品などに対して作業していく仕事です。単純作業ですので、人と関わる部分は少なくて済みます。

もちろん、職場の人との必要最低限のコミュニケーションは避けられないでしょう。しかし、一般のオフィスワークや営業に比べれば、必要とされるコミュニケーション力は高くありません。

比較的誰でもできる仕事なので、コツコツ作業を進めていける人にお勧めです。

2.清掃の仕事

「清掃」というとアルバイトというイメージですが、正社員の仕事もあります。業種によっては専門的な技術が必要な清掃場所があるからです。ビルメンテナンスなどがその例として挙げられます。

こちらの仕事も、作業中心なので人とのコミュニケーションをとることは少なく、コミュニケーション力を問われることもありません。

3.開発系の仕事

もしもITに興味があって、専門的な技術の習得が可能ならば、開発系(プログラマー)の仕事はお勧めです。メリットとして、コミュ障でも出来る仕事の中で、比較的高収入である事が挙げられます。

このような会社は、社風によってはコミュニケーション力を問われる会社もありますが、逆にスキルがあり、ちゃんと納期までに納品すれば完全在宅で良い会社も。エントリーする際には、社風や仕事のスタイルを調べておくと良いでしょう。

まとめ

以上、コミュ障のあなたでも出来る仕事を紹介しました。実際どういう風に仕事を探していけばいいのでしょうか?一番簡単でお勧めなのが求人サイトです。

家でゆっくりと好条件に絞って探せば、ハローワークに行って苦手なコミュニケーションをとるよりも、自分に合った魅力的な会社が見つかります。仕事をしていく中で、コミュニケーションスキルも高まっていくのではないでしょうか。

Tags

ライター