shutterstock_211154917

立ち仕事と腰痛の原因と対策:血行促進がポイント!

立ち仕事の悩みの多くは、むくみと腰痛。

腰痛はひどくなると、ヘルニアになってしまったり、むくみも部分太りをする原因になるので、出来るだけ初期の段階で対策をしておきたいものです。

そこで今回は腰痛の原因と対策についてまとめました。

1.立ち仕事で起きる腰痛の原因

立ったまま同じ姿勢を長時間続けることは、腰や背中などの特に体の後ろの筋肉に負担がかかります。

筋肉にかかる負担で筋肉が凝り固まり、血行が悪くなるなり腰や背中、足などの痛みに繋がることも。

立ち仕事を今後も長く続けたいと考えるなら、早め早めのケアをする必要があります。負担のかかっている部分の筋肉の疲労を解消するために、毎日の寝る前のケアをしてみてくださいね。

2.家で腰痛を防ぐ方法

家でもたまった腰の疲れを癒す方法はたくさんあります。

・湯船にゆっくり浸かって体を温める。
・温まった状態でストレッチをする
・寝具に気を使う。
などできることから少しずつを実践していきましょう。

特にお風呂やストレッチは、体を温め血行を良くするためたたまった疲れも回復しやすいです。

お風呂に入る際におすすめしたいのが、ホットタブ重炭酸湯!

腰痛・神経痛・肩こり・冷え症などの症状のの主な原因は血流の悪化にありますが、ホットタブ重炭酸湯をお風呂の中に入れることで重炭酸イオンと水素イオンが生まれ、ぬるめのお湯で体に負担をかけずに血行促進をすることができます。

今なら定期コースを10%オフで購入できるのでぜひチェックしてみてください。

ホットタブ重炭酸湯をチェックする

3.ピラティスで骨盤調整をする

ピラティスは強い体幹と歪みのないバランスのとれた身体をつくり上げることができます。

おすすめは国内最大級のピラティス専門スタジオ、ピラティススタイル。

国際的に評価の高い資格を持った専門スタッフが多数在籍しているので様々な流派のピラティスを学ぶことができます。

初回の体験レッスンが通常3,000円のところ278円で受けれるのでぜひ一度試してみてください。

ピラティススタイルをチェックする

4.立ち方にも気を付ける

立っているときの姿勢が悪いことも、腰痛をひきおこす原因になります。

立つときに重心を右が左のどちらかに片寄っている、猫背のため重心がずれているなど、このような立ち方をしている方は気がついたときに直すようにしましょう。

正しい立ち方は、壁に背中を向けて立ったときに、頭、肩甲骨、おしり、かかとをつけます。このときに腰に手のひら1.5枚ほどの隙間が空いていれば歪みのない正しい姿勢で立ててることになるようです。

5.靴が悪い場合も

立ち仕事で腰痛を起こしてしまうときに、靴が合っていないことも原因のひとつにあるようです。

しかし、会社の規定で、ハイヒールをはくことを求められることもあるでしょう。そんなときこそ、靴の専門家に頼ってみましょう。

体調面や感謝の規定などを考慮して、自分の足にあった靴を選んでくれると思います。

6.コルセットをする

筋力が弱ると支える力が少なくなり、腰痛になりやすいです。

そのようなときコルセットは、腰の動きを制限または、腰に負担がかからないようにしてくれる役割があるのでとても便利。

おすすめのコルセットは整形外科専門医が開発した、がっちりコルセット。三重の協力ベルトが腰をがっちり支えて驚くほど腰が楽になります。

1年間返品交換保証付きなので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

医者が開発したがっちりコルセットをチェックする!

タグ一覧

ライター

こんな記事も人気です