あるある!職場で女性がキャリアを積むのに抱える5つの悩み

女性が働くということは、すでに常識となっている現代ですが、調べてみると女性ならではの悩みを抱えている方が多くいることがわかりました。

それぞれ悩みを見ていくと、いくつかのパターンがあるようです。

現代の女性たちが、どんなことに悩んでいるのかまとめました。

1. 人間関係

仕事の悩みでダントツなのは、やはり人間関係に関することでした。

職場の空気に馴染めない、社内で友達や気負わず話せる人がいない、と孤独を感じているような悩みを感じる人もいます。

なかにはお局様にいじめられているなどコミュニケーションがとりづらく、それを理由に退職してしまう人も少なくありません。

職場は遊びに行く場所ではないとわかっていても、コミュニケーションが上手にとれない環境はどうしても自分のよさが発揮できず、仕事にも影響が出てしまいますね。

2. 育成が難しい

自分も仕事を始めたばかりで、仕事になれていなくても後輩が入ってくればもちろん先輩です。

人手不足の場合などには、その状態でも新人さんの育成を任されてしまうこともあるでしょう。

また逆に、自分が何年も勤めているベテランでも、新人さんとの価値観の違いから溝が生まれてしまい、スムーズに育成できない場合もあります。

このように、後輩を育てるということに難しさを感じている方が多くいらっしゃいました。

3. 休みがない!

休みがないというのは休日が0日というわけではなく、休日であっても構わず会社から連絡が来るので、気が休まらないということです。

仕事に関して、重要な連絡なら仕方なしにしても、そんなに重要でもないことで電話が来ると残念な気持ちになりますよね。

デート中などの楽しんでいるときは、極力電話にでたくないと思うのが本音です。

4. セクハラやパワハラ

今はセクハラ、パワハラという言葉が一般的になり、講習会などを開き、社員の教育に力を入れる企業が増えてきました。

それでも明らかなセクハラ行為や、理不尽な指示などをするパワハラは減らず、心身共に疲れ果てて退職を選択する方も少なくありません。

なかには、コミュニケーションのつもりで言った上司の言葉がセクハラだと思われ、無駄な話をしない方がいいと薄い関わりになってしまうこともあり、新たな問題を生んでいます。

5. 結婚などで自分の立場が変わることへの悩み

女性は結婚や出産によって、働き方が変わることが多いです。

残業が難しくなったり、子供の急な病気で仕事に穴を開けてしまうことなどが起こりえます。

時短勤務やその他の全面的なフォローをしてもらえる企業もありますが、そのようなところばかりではありません。

キャリアか結婚のどちらかの選択を迫られることも多いです。

もちろん仕事に穴を開けることや残業ができないことで、周りに負担がかかり、人間関係にヒビが入ることもあります。

また、自分の納得行くまで仕事に没頭できないことで悩むことも多いそうです。

Tags

ライター