すぐ謝っちゃダメ!職場でのモラルハラスメントの対処法7つ

職場でモラルハラスメントにあうと、本当につらいですよね。毎日顔を合わせる相手だし、下手に動けば仕事に差し支えるかもしれない・・・

そこで今回は、職場でのモラルハラスメントへの上手な対処法をご紹介します。

また、あまりにモラハラがきつい場合は、転職を考えたほうがいいでしょう。転職はかなりさかんに行われていて、世間でもその風潮が広く認められているんだとか。

リクルートエージェントでは、キャリアアドバイザーとの面談のほか、面接の対策や提出書類のアドバイスなど、さまざまな転職サービスが無料で受けられます。本当に困ったときのために、試しに登録してみてはいかがでしょうか。

リクルートエージェントのサイトを見る

1.すぐに謝らない

モラルハラスメントの加害者は、こちらにまったく非がない場合でも突然攻撃してくる場合があります。

そんなときは、立場上、ついすぐに謝ってしまいがちですが、一度立ち止まってみましょう。

何にでも謝罪していれば、相手は調子に乗ります。

わけのわからない叱責を受けた場合は、冷静に「それは○○ということでしょうか?」と堂々と確認してみましょう。

とにかく弱腰でいると相手に付け込まれますので、冷静に対処することが大切です。

2.自信を持ち続ける

モラルハラスメントの加害者は、相手の弱い部分をついてくる傾向にあります。

そこで、弱いところがあったとしても、堂々と自信たっぷりにふるまうことで、加害者の付け入る隙をなくしてしまうのです。

基本的に相手のしていることは「弱いものいじめ」なので、自分は弱いものではないとアピールすることが大切です。

3.あくまで仕事上の関係と割り切る

モラルハラスメントの加害者に対しては、仕事上やむをえない場合のみ相手をして、それ以外は無視するのも有効です。

仕事以外のところで、加害者のために頭を悩ませたり、真剣に向き合うのは、はっきり言って時間の無駄です。

加害者を無視することで、余裕ができてきたら、他のことに力を入れたりして、加害者のことを頭からどんどん消していけばいいでしょう。

4.距離を置いてみる

職場のモラルハラスメントの加害者は、上司や先輩といった、仕事上の関係で切っても切れない関係であることがよくあります。

その場合は、最低限の接触にとどめて、必要以上に仲良くなろうとしないほうが賢明です。

はっきりいって、モラルハラスメントの加害者は、どんなに話し合っても変わりません。

まともに相手をしても時間を浪費するだけなので、早く逃げたほうがいいかもしれません。

5.証拠を集めておく

嫌がらせでありがちなのが、相手を問い詰めても「言ってない」「やってない」「それは指導だ」とのらりくらりと逃れられてしまうこと。

そこで逃げられないように、証拠を集めておくのが大切です。

ボイスレコーダーを常にポケットに入れておくとか、日記にいつ・誰に・何をされたかを記録しておくといったことを続けておけば、全面対決するときに大変有効です。

6.専門部署に相談する

会社には人事トラブルに対応する窓口がある場合があります。

上司に相談してもモラルハラスメントがやまなかったり、上司自身が加害者である場合には、そちらに相談を持ちかけてみましょう。

もし会社内にそういったところがないときは、労働局や労使団体など、外部機関に相談するのもひとつの手です。

その場合は、ぜひ証拠を集めていくのを忘れないように。

7.転職する

上司や担当窓口にモラルハラスメントの被害について相談しても、誠意ある対応が得られるとも限りません。

その場合は、そんな会社に見切りをつけるのもありでしょう。あなたが有能な人間だからこそ、加害者が目をつけた可能性もあります。

その能力を、他の会社で生かすということも視野に入れてみましょう。

リクルートエージェントではキャリアアドバイザーが面談結果からあなたの強みを分析し、より適した企業を紹介してくれます。

自分では見つけられないような企業でも、リクルートエージェントを通すことで適切な対策もとれるため、スムーズな内定につながるはずです。ぜひ登録してみましょう。

リクルートエージェントのサイトを見る

Tags

ライター