imasia_17091771_M

早く治したい!気になる額のニキビの予防とケア

額は、皮脂の分泌が活発で皮膚が汚れやすく、常に髪が接触するなど、ニキビができやすい条件が揃っています。

思春期ニキビでも大人ニキビでも額のニキビは悩みの種ですよね。

額は新陳代謝が活発で、ニキビ跡は残りにくいのですが、炎症を起こした場合にはニキビ跡が残ってしまうことがあります。

額のニキビは、整髪剤やシャンプー・トリートメントのすすぎ残しなどの外的要因によるものと、ホルモン反応によって皮脂が過剰に分泌されることが主な原因です。

思春期ニキビの原因

思春期ニキビの原因のほとんどが皮脂の過剰分泌です。皮脂腺の多い額には、必然的にニキビができやすくなります。

思春期に皮脂の過剰分泌が起きるのは、第二次性徴期のホルモンバランスの変化が原因です。

成長に伴い、男性ホルモンの影響により皮脂腺が刺激されることで、急激に皮脂の分泌が増えます。

正常な状態であれば、皮脂は毛穴から排出されるのですが、成長期に急に増えた皮脂は毛穴の成長を遙かに上回り排出がうまくできません。

結果的に、分泌された皮脂が毛穴の内部に溜まり、皮脂を栄養とするアクネ菌が増殖し、古い角質や老廃物とともに毛穴を塞ぎ、ニキビが炎症を起こしてしまいます。

額のニキビの原因

皮脂の過剰分泌によるニキビ以外に、前髪の毛先が額のニキビに接触して刺激を与えたり、手で触れたりすることでできるニキビがあります。

髪に付着しているシャンプーやコンディショナー、整髪料、髪の汚れなどがお肌に付着することも、ニキビを作ってしまう原因です。

額のニキビの治し方

成長期であるが故の思春期特有の皮脂の過剰分泌が原因である場合は、容易に原因を排除することはできません。

しかし、それ以外の外的要因であれば排除できることが多くあります。原因さえ排除できれば、額のニキビを短期間で治すことができます。

前髪の接触、手で触れるなど、額への接触によりニキビが刺激される場合は、ヘアースタイルを変える、意識して額に手で触れないようにするなど気をつけましょう。

額のニキビを隠そうとして額を前髪で覆うと、額が蒸れたり汚れたりして毛穴が詰まり、アクネ菌の増殖を招いてニキビの炎症や悪化を引き起こします。

額のニキビの洗顔時の注意点

ニキビのあるお肌のスキンケアの基本は、洗顔により余分な皮脂や古い角質、汚れを落とし、しっかり保湿をすることです。

額のニキビの場合は、髪の生え際に洗顔料のすすぎ残しができないようにしてください。

髪→体→顔の順番で洗うことを原則として、入浴時にはシャンプー・コンディショナーのすすぎ残しがないように気をつけましょう。

額のニキビのスキンケア

思春期ニキビは、皮脂の過剰分泌が原因なので、余分な皮脂を洗い流し、常に清潔な状態に保つことが基本的なスキンケアです。

皮脂をしっかり洗い流そうとして、洗顔を頻繁にし過ぎたり、強く擦って洗ったりすると、お肌のバリア機能を低下させてしまいます。

大人ニキビの場合は、睡眠不足やストレスによりお肌のターンオーバーが乱れていることがあり、スキンケアはもちろんのこと、生活習慣を見直すことも必要です。

10代の頃と比較して皮脂の分泌は少なくなるため、洗顔時には必要な皮脂まで洗い流さないようにし、洗顔後はお肌が乾燥しないように十分に保湿しましょう。

ニキビの原因、皮脂分泌を抑制する食べ物

皮脂分泌を抑制する効果がある栄養素としては、ビタミンB群が代表的です。

ビタミンB群は、レバー、イワシ、納豆、豚肉、きのこ類からビタミンB2、牛レバー、バナナ、マグロ、大豆、卵からビタミンB6を多く摂取することができます。

ビタミンB6は、皮脂分泌を抑制するとともに、タンパク質の吸収を助け、新陳代謝を高める効果もあります。

額のニキビには早めの対策

額のニキビの多くは、外的な要因の皮膚への刺激が原因であることが多いため、その原因を排除することは努力次第で比較的容易にでき、短い期間に改善効果が現れます。

額にニキビができてしまったら、ニキビの悪化と新たなニキビの出現を防ぐスキンケアを行うと同時に、額のニキビを悪化させる原因を早期に排除してしまいましょう。

タグ一覧

ライター

こんな記事も人気です