忙しいから?LINEを既読無視する人の心理と対処法

imasia_12608864_M

忙しいから?LINEを既読無視する人の心理と対処法

今や日常的にLINEを使うのが当たり前となっている時代です。

本来、LINEは便利なツールとしてコミュニケーションを円滑に楽しむためのものですが、 好意を持っている相手の「既読」がわかってしまうことが、悩みになってしまうこともあります。

そこで今回は、気になっている相手がLINEを既読無視してしまう心理と、既読無視されてしまった時に取りたい行動をご紹介します。

LINEを既読無視する人の心理

まずは、LINEを既読無視する人の心理についてご紹介します。
なぜ既読無視するのかの理由を知ることで、解決する事もあるはず。

imasia_17857160_M

忙しい・余裕がない

LINEを既読無視する一番の理由はこれです。

男性は集中して一つのことをやっています。女性は同時にいくつものことをやったり考えたりしていますが、男性はやるべきことがあれば優先し、他のことは二の次で考えられません。

それが仕事だったり、飲み会の最中、ゲーム中であってもです。

例えLINEを読むことができても、返信すればやりとりが続き、今の現状が中断してしまいます。一段落したら返信しようと思ってあえて既読スルーしているのです。

自分のペースで返信したい

男性はこのような傾向が強いみたい。女性からラインが連投されていたらなおさらです。

もし女性に返信をすれば、またすぐに返信がきてずっと続いてしまうので、自分がゆっくりできる時間に、後でまとめて時間を取ってラインをしたいと思っているのです。

女性は、未読でも既読でも質問攻めにしないようにしましょう。質問攻めにすると、男性は束縛されているかのように感じ、もっと返信するのが遅くなって、最悪の場合、面倒になって返信すらしてくれなくなります。

安心感

最初はマメにメールのやりとりをしてくれていた彼も、あなたが自分に惚れていると思うと、急に安心します。

そうなると、惰性でのやりとりになったり、スタンプや返事を送るだけのメールで相手はわかってくれるだろうと切り上げてしまうようになるみたい。

たまには、他の男性含めて飲んでいる話をするなどして、彼を不安にさせるのも手です。

フェードアウトしたい

これは女性にとって悲しいことですが、できればもう連絡取り合いたくない、距離を置きたいと思っている場合があります。

疑いがあるときは、数日放っておきましょう。連絡をとりたくなれば、男性の方から連絡があるはずです。

LINEを既読無視されたときの対処法

次に、LINEを既読無視された場合、どのように対処すれば良いかをご紹介します。
LINEを既読無視されてどうすればいいか迷っている方は、是非参考にしてみてください。

時間を置いて様子をみる

LINEは既読がわかるようになりましたが、メールや電話でもすぐに返信をする習慣がないという人もいます。 また、電話と違い、本来メールと同様に都合のいい時に返事をすればいいものだという側面があります。

そういうものだと理解して、3日〜1週間くらい時間を置いて様子見をしてみましょう。

もう少し我慢ができる場合は更に時間を置いて別のことに集中することをおすすめします。

もう一度送ってみる

数日様子見をしてみたもののやっぱり返事がない場合、受け取った時は返信しようと思っていたのに、時間が経って返信しづらくなってしまいそのままになってしまう人もいます。

送った内容にどうしても返信がほしい場合は、相手が忙しかったかもしれない可能性も考慮して相手を気遣った返信しやすい内容にしてみるといいでしょう。

前に送った内容でなくてもよい場合は、相手の興味のあることや詳しい内容でYES/NOだけでも返信できる内容であれば返信率もあがることと思います。

「生きてる?」を送るのはNG!

相手を心配するメッセージの体で、「おーい、生きてる?」と送る人も多いようですが、これは止めた方がいいです。
既読がついている時点でスマホも、その人も生きているので、わざわざこのメッセージを送ってしまうと、ウザイと思われる可能性が非常に高いです。

スタンプをプレゼントする

スタンプをプレゼントするという方法もあります。

自分だったらスタンプがプレゼントされたら「ありがとう」や「どうしたの?」とメールしますよね。彼が持っていなさそうな、でも好きそうな秀逸スタンプを探してみましょう。

クリエイターズスタンプも含めて探し出すとかなりの量がありますので、探している間に面倒になってしまい「そこまでして送らなくてもいいかな」とふっきれる可能性もあります。

思い切って電話をする

悶々とした状態を断ち切るために思い切って電話をしてしまいましょう。

そして電話に相手が出たら、返信していないことなんて全くきにしていないように明るく会話をしてみましょう!

LINEを既読無視する人の心理と対処法まとめ

さて、いかがでしたでしょうか。

ツールの形は時代の流れとともに変わっていき、より見える化してきていますが、どんなツールであっても顔の見えないコミュニケーションが苦手な人がいることは変わりません。

LINEやメールは相手が返信するペースを選べるので、まずは相手のペースを探りながら連絡し合うのが、ストレスなく関係を深めるポイントになります。

是非参考にしてみてください。

タグ一覧

ライター

こんな記事も人気です