定年退職される方へのおすすめプレゼント&メッセージ10選

いつか訪れる定年退職。大切な同僚や、父親の退職祝いに何かプレゼントを渡そうとしている人も多いかと思います。

今まで長い間働いて来てくれたことへの感謝の気持ちを伝えたいはず。今まであまり父親にプレゼントをしてこなかった、とういう方も退職の記念にぜひプレゼントを贈ってみてはいかがでしょうか?

今回は同僚、上司などの定年退職祝いに喜ばれるプレゼントをまとめました。

定年退職を迎える方へのプレゼント

盛大にお祝いするには花をあげるのが間違いありません。花だけでももちろん良いですし、何かとセットであげるのもおすすめです。

退職後は家にいることも多くなると思うので、家に飾れるという意味でも花はおすすめ。

また花に近いところで盆栽や観葉植物など育てられる植物もプレゼントしても良いかと思います。

お花や植物は退職後にも楽しめるものなので退職祝いのプレゼントとしては最適です。

お酒


お酒が好きな方なら退職祝いにお酒は喜ばれますね。せっかくの退職の記念日なので特別なお酒をプレゼントしたいですね。

特別な日に贈るお酒は様々あって、上記のように名前を入れてくれるタイプのものや、退職される方の生まれた年のお酒、中にはビンに写真などをプリント出来るお酒もあります。

また旅行好きな方などには好きな地酒などをプレゼントしても喜ばれるかもしれませんね。

旅行券

退職後に楽しみたいことの上位には必ず旅行が入っています。それくらい退職後は旅行に行く人が多いです。

国内の旅行券や旅行ツアーを組んであげるプレゼントは退職祝いにはぴったりのプレゼントですね。

父親ならプレゼントするだけでなく一緒に行ってあげるのが喜ばれるかもしれません。行きたい日付や場所が決まってない場合はJTBの旅行券などをあげるのもありです。

旅行券は1000円〜でインターネットからも購入可能で、料金も決められるのでプレゼントする側も渡しやすいですね。

また有料で旅行券にメッセージを入れられるサービズもやっているようなので大切な日のプレゼントとして良いでしょう。

しかし商品券などは目上の人に対して失礼にあたるので、避けてください。

スポーツセット

定年退職後にスポーツを楽しみたいと思っている方も多いです。そんな人には退職祝いでスポーツ用品をプレゼントすると喜ばれます。

また運動をしてこなかった人に運動のきっかけとして、スポーツウエアやテニスのラケット、ゴルフ用品などをプレゼントするのも良いでしょう。

退職後は趣味の時間も増えるので、趣味を考えたプレゼントは喜ばれますね。

パソコン、タブレット

退職のタイミングは何かを買い替えるタイミングにも最適です。家にいる機会が多くなる退職後はパソコンやタブレットをプレゼントすると良いかもしれません。

すでに持っている方にはパソコン周辺のグッズをプレゼントするのも良いですね。パソコンなんて高いと思う方もタブレットは安いものもあるのでおすすめです。

定年退職後にパソコンを学ぶたいと思う方も多いらしいので、今までまったくパソコン触ってこなかった方にも簡単に操作できるスマートフォンやタブレットを買ってあげると良いかもしれませんね。

マナーやタブーに気をつけて!

プレゼントをあげるとき、気をつけなければいけない点がいくつかあります。

まずひとつ目に、靴や靴下、スリッパなど足で踏むものはNGです。足で踏むものなので、目上の人に対しては失礼にあたります。

次に万年筆も、「より勤勉に励みなさい」という意味があることからタブー。時計も同様の理由から注意が必要です。

また、目上の人でなくても縁起がよくないものとして、包丁やハサミ、お年寄りの印象を与える杖や老眼鏡なども避けましょう。

定年退職を迎える方へのメッセージ

定年を迎える人にどのような言葉を贈れば喜ばれるでしょうか。

とくに、その方にお世話になったのであれば、感謝を言葉にして伝えたいと思うのではないでしょうか。

今回は、定年退社する人に感動されるメッセージを紹介します。

自分がお世話になったことを伝える

普段からお世話になっていたのであれば、自分がどれだけお世話になったかを伝えるのが一番です。

そういった感謝をされると、感謝された側は自分がしてきたことに自信を持つことができ、気持ちよく会社を去ることが出来るでしょう。

また、感謝が伝われば、きっと感動してくれるはずです。

会社に対する功績を伝える

会社にとってどれだけの功績があったかも、会社を去る人にとって関心があることではないでしょうか。

「あなたがいたお陰で、この会社はここまで発展できました」といったことを伝えることが出来れば、会社を去る人にとってこれほど嬉しいことはないはずです。

今まで自分がしてきたことが、こんなに役に立っていたことを実感できれば、気持ちよく会社を去ることが出来るのではないでしょうか。

そうしたことを感じさせてくれることを伝えることが出来れば、きっと感動してくれるはずです。

一緒に働いてきた仲間に対する功績を伝える

会社に対する功績も大切ですが、同じ職場で働いてきた仲間に対する功績も同じくらい大切です。

「あなたがいたお陰で、この部署は成長できた」、あるいは「あなたがいたからチームワークが良くなった」といったことを伝えれば、きっと喜んでもらえるはず。

自分はこんな良い仲間たちと仕事ができたのか、という思いがこみ上げてくるのではないでしょうか。

こういった感謝の気持ちが、会社を去る人に感動を与えることになるはずです。

辞めることを惜しむ

もしかしたら、これが一番かもしれません。

会社勤めをしている人にとって、いつまでも働いていたいといった思いがある人は結構いいるのではないでしょうか。

そんな思いがあるのであれば、辞めることを惜しまれるのは嬉しいものでしょう。

あの人がいなくなって清々すると思われたのでは、自分が今まで何をしてきたのだろうかと考えてしまいます。

ですが、「あなたはこの会社にとって必要不可欠な人です」と言われるのであれば、自分がしてきたことに誇りを持つことが出来るのではないでしょうか。

きっと、その一言が退職する人に感動を与えることでしょう。

定年を迎える人にとって、自分がしてきたことにどれほどの意味があるのか、気にならない人はいません。

ですから、辞めることを惜しまれることは、その人にとって意味のあるものであり、感動を呼ぶものなることでしょう。

Tags

ライター