離婚の原因は旦那の浮気!離婚するとき有利に働く浮気の証拠を紹介

旦那が浮気して悩んでいる女性は多く存在します。そして離婚率も年々上昇の一途をたどっています。

残念ながら浮気が発覚してしまった時に後悔の無いよう、浮気で離婚される人の特徴、離婚に有利に働く証拠や、離婚する前に確かめておきたいことを紹介します。

浮気しやすい旦那の特徴

浮気をする人と言うと、遊び人なイメージを持つ人が多いですが、実は様々なタイプがいます。

どのような男性が浮気を原因として離婚しているのか、特徴をまとめてみました。

惚れっぽい性格

惚れっぽい性格の人は、自分から仕掛けていったり、相手からの誘惑にすぐ引っかかったりするのです。

どんな状況でも構わず恋愛をしたいこのタイプは、結婚と離婚を繰り返す傾向にあるでしょう。

浮気が一度や二度ではない

今まで何回も浮気を繰り返している人は、その度に相手から許してもらい甘えていた人に多く、その甘い考えを続けてしまい、しびれを切らせた相手から離婚を切り出されます。

過去に浮気をしたことがある旦那には要注意です。

飽きっぽい

飽きっぽい、気がうつりやすい性格では結婚生活も長続きしません。

気に入った人に目を向けたり、すぐ声をかける人、あなたの周りにもいませんか?

このタイプは浮気癖がついており、バツが付いている人も多いのではないでしょうか。

誘惑に弱い

本能のまま、誘惑に流されやすい人です。

どうにかなるだろうと後先考えず、誘惑に捕われる人は浮気をする可能性大です。

離婚する際に役立つ浮気の証拠

浮気の証拠は、離婚調停を有利に進める際に、または浮気を許しパートナーを改心させるためにも持っていて損はなく、強力な武器となってくれます。

冷静かつ確実に証拠集めを進めていく方法をチェックしていきましょう。

写真・ビデオ

映像は一番有力な証拠です。複数回・連続性のあるものである必要がありますが、相手の自宅などに出入りしている写真などが最も効力があるとされています。

録音テープ

浮気相手との会話や訴えを認めざるを得ないような内容を録音した音声も証拠になり、録音音声は可能な限りアナログテープが望ましいとされています。

ただし、盗聴は社会的にも違法な行為ですので、決してしないでください。盗聴ではなく、録音する旨を伝えて話し合いの場や自白を記録として録音しておくのです。

電子メール

メールやLINE等では、浮気と関連付られる怪しいやり取り等の証拠が残っていれば、デジカメで撮影するなどして証拠を保存しておきましょう。

しかし、メールだけでは何とでも言い訳が出来るため、交際を証明できても浮気の証拠とまではならないようです。

また、メールのチェックや抜き取り等の行為はプライバシー侵害となりますので、やり方には十分気を付けるべきです。

物的証拠を集める

浮気相手につながる、手紙・プレゼント・写真・レストランやホテルのレシート・領収書等、相手に気づかれぬ様にチェックしましょう。

情報を集める

メール・ライン・フェイスブック等でのやり取りの詳細、携帯電話の通話履歴・PCの履歴等のネット上の情報。

携帯電話等のロックを破ってのチェックはプライバシーの侵害に当たるので、決してやらないようにしてください。

また、急な出張・残業・休日出勤などは、職場の同僚や上司に確認することも可能です。

記録をつける

あなた自身の日記をつけると相手の行動パターンが見えてきて、そこから浮気相手に合う日を予測し追跡することも可能です。

また、場合によって日記も重要な参考資料となり得ます。

浮気で離婚する前に確かめておきたいこと

旦那の浮気で離婚を決意した方、離婚を検討している方、離婚に踏み切れずに悩んでいる方のために、後悔しないようしておくべき準備についてまとめました。

離婚することによるメリットとデメリットを洗い出す

離婚に関しては慎重に判断する必要がありますので、以下の観点をヒントにメリットとデメリットを洗い出してみてください。

観点1:子供がいる場合、子供への影響はどの程度か

環境の変化や両親がバラバラになることは大きな影響があるので、お子さんの様子をいつも以上に気にかけてあげましょう。

観点2:離婚しても一定額の収入は確保できるか

収入面は事前に確認しておいた方が良いでしょう。

慰謝料ももらえず、働き口もない場合かなりきつい経済状況になります。子育てをしながらあなた自身が働くことが可能か、考えなくてはなりません。

本当に旦那と離婚してもいいか自分の胸に聞いて確かめる

メリットとデメリットを洗い出したら、後はもう自分の胸に聞いてみるしかありません。

家系の問題や子どもの問題等、色々ありますが最終的にはあなたと旦那との問題です。

最後はあなたが納得できる結果にしてください。

慰謝料請求のための準備

ただ黙って待っているだけでは慰謝料はもらえません。

旦那の浮気が原因で離婚するわけですから、慰謝料はしっかりと請求し、もらうための準備をしていく必要があります。

証拠の確保

まず当然必要になってくるのが浮気の証拠。

勘違いされる方が多いですが、ラブラブなツーショット写真のやりとりなど「どう考えても浮気しているでしょ!」というものでも、肉体関係を証明できないという理由で裁判で
の基準に達していないことがあります。

確実に慰謝料を取れるよう証拠を準備しておきたい、という方はプロに依頼することをお勧めします。

弁護士の確保

証拠がそろったら、弁護士に相談しましょう。

資料を持って弁護士に相談し調停を申し立てるステップに移ります。

依頼する際、離婚問題や男女問題を得意とし、経験が豊富な弁護士に依頼した方がスムーズかつ有利に進めることができます。

事前にしっかりと見極めてから依頼しましょう。

まとめ

浮気や離婚について悩んでいる女性は本当に多いです。怒りや悲しみ、絶望や嫉妬など様々な感情があなたを襲います。

しかし、感情のままに行動してしまうと、結果的にあなたが損をしてしまうこともあり得ます。

冷静に現状を判断し、浮気されたから離婚すると判断しましょう。今後の人生に多大な影響を与えるので、後悔のないように行動していくことが大切です。

記事の著者

結婚・離婚の悩みをもっと見る