彼への気持ちをキスで表現♡キスをする場所によって違う意味

teenage couple kissing outdoors

彼への気持ちをキスで表現♡キスをする場所によって違う意味

キスといえば、やっぱり唇を重ねたり、ほっぺにしたりが一番多いかもしれません。でも、実はもっとたくさんの事が伝えられるって知ってましたか?

どこにキスをするかで、相手にいろいろな感情を表現できます。どんな気持ちを伝えられるのかを見てみましょう。

親しい気持ちを伝えられるキス

キスはいろんな場面でできますが、慕っている気持ちや、軽く寄り添う事を喜びに感じているような、気持ちを表現するのにピッタリなキスもあります。

  • 髪(思慕)
  • 額(祝福、友情)
  • 頬(親愛、厚意、満足感)
  • 腕(恋慕)

こういった場所へのキスは、熱烈な感情というよりも、比較的受け止めやすい、ライトな感情を伝えるのに適しています。それほどその場の雰囲気を変えることなく、慕っている気持ちを表現できるかもしれませんね。

深い愛情や性的欲求を表現するキス

少し雰囲気が親密になってきたり、もっと熱い愛情表現が許される状況なら、気持ちも盛り上がって、もっと情熱的なキスで気持ちを伝えたくなるかもしれません。

  • 耳(誘惑)
  • 唇(愛情)
  • 喉(欲求)
  • 手首(欲望)

こういった場所は、頬や髪へのキスよりも、もっと深い気持ちや、情欲的な気持ちを伝えるのに適しているかもしれません。大切な血管が通っていたり、薄く敏感な部位が多いので、本能的に、こちらの熱い気持ちが伝わりやすいのかもしれませんね。

少しディープな感情を伝えたい時

ただ好きとか、愛している以上の気持ちを表現したい時もあります。どういった付き合い方をしているのかにもよりますが、気持ちが盛り上がってきたときに、よりディープな感情を伝える時に使えるキスです。

  • 鼻(愛玩)
  • 胸(所有)
  • 手の甲(敬愛)
  • 掌(懇願)
  • お腹(回帰)
  • 腰(束縛)
  • もも(支配)
  • すね(服従)
  • 足の甲(隷属)
  • 足の爪先(崇拝)

ちょっとした映画に出てきそうな表現方法かもしれませんね。でも、せっかく伝えたい感情があるのなら、キスの場所を選んでみるのはどうでしょうか?その場所、その時間だけ、特別な二人になれる…そんな時があるなら、ぜひ使ってみてください。

キスされて嬉しい場所ランキング

1位:首筋

「執着」を意味する首筋は、相手から離したくないという強い気持ちを感じられるため、独占欲を満たし、激しく求められる感覚になりやすいようです。

2位:耳

「誘惑」を意味する耳へのキスは、性的な欲求や、もっと感じてほしい気持ちが伝わりやすいようです。女性から、そうしてほしいという感情を伝える際にも使えそうです。

3位:頬

頬へのキスは「親愛」を表現しています。小さいな子供同士でもできるこのキスは、性的な欲求とは違う、もっと純心で素直な親しみの気持ちが伝わってくるようです。

男女として、というより、1人のパートナーとして大切に思っていることを伝えたい時にも使えますね。

タグ一覧

ライター

こんな記事も人気です