授業中にこっそり筋トレする方法:1秒たりともムダにしない!

学校生活の大半は、もちろん授業時間です。授業をきちんと受けることが大切なのは当たり前ですが、部活のため、あるいは体力作りのために、その時間も有効に利用して出来る筋トレ方法があればいいですよね。頭と身体を同時に鍛えられて、一石二鳥です。

授業中、椅子に座ったままという制約の中、道具を使わず目立たず、こっそり出来るそんな筋トレ方法を紹介します。

授業中にこっそり筋トレする方法

アイソメトリック・トレーニング

動かずに最大筋力を発揮する筋トレです。授業中座ったままでも手軽に筋肉を鍛えられます。

両掌を胸の前で組み、全力で引き合います。背筋に効果が出るでしょう。両掌を胸の前で祈るように合わせ、全力で押し合えば、大胸筋に効果が出ます。

全身ほぼどこの筋肉でも、鍛えたい部位に負荷が加わるよう工夫すれば、動かずに鍛えることが可能です。最大筋力をかけて約30秒間、その状態を保持します。

授業中にできる体幹を鍛えるトレーニング

インナーマッスルと呼ばれる身体の深層部分にある筋肉を鍛えることで痩せやすくなります。学校で座りながら出来るので、気がついたときにやってみましょう。

まず、胸を張り、姿勢を正して椅子に座ります。次にゆっくり息を吐きながら下腹部を凹ませます。その姿勢を保ったまま20~30秒キープしましょう。

慣れてきたら少しずつ時間を伸ばしていきます。腹横筋が鍛えられ、お腹の引き締めに役立ちます。

腹筋の筋トレ

正しい座り方で、お腹に力を入れながら授業を受けるだけでも腹筋を鍛えることが出来ます。正しい座り方とは、背もたれとお尻がピッタリと付くようにして姿勢を正し、足は組まず、足の裏を床にきちんと付ける座り方です。

これを続けていくことによって、お腹と背中の贅肉も取れてきます。

また、椅子に楽な姿勢で浅く腰掛けます。骨盤を前に起こすイメージで背すじを伸ばしていきます。次に骨盤を後ろに倒すイメージで背中を丸めていきます。これを繰り返します。

側腹の筋トレ

学校で筋トレするのが難しそうな側腹も、授業中座ったまま鍛えることが出来ます。側腹を鍛えると、ウエストも引き締まります。

椅子に深く腰掛け、背筋を伸ばし姿勢を正します。そして正面を向いて、机に手を添えます。膝を揃えたまま、足を浮かせた状態で、身体を左右に交互にひねってください。

授業中ずっと足を床につかないで浮かせておくだけでも、かなりきつい分、効果的に側腹が鍛えられます。

二の腕の筋トレ

学校でも二の腕の筋肉を鍛えられます。肘を曲げた状態で、手を机の上にペタリとつけます。このとき、肩幅よりも手のひら1つ分ずつ、左右に広く間を取ります。机をグッと力を込め、押し下げます。

手首に負担がかからないよう、手のひらの真ん中くらいの所に力を入れて押して下さい。腕の裏側、外側の部分を特に意識して鍛えましょう。

ぷるぷる二の腕も、段々すっきり引き締まってくるでしょう。

内ももの筋トレ

出来れば厚みのある辞書などの本を用意。なければ教科書などの薄いものでも構いません。学校にあるものを利用しましょう。

脚をしっかり直角に曲げて、椅子に座ります。厚みのある本などを膝に挟み、そのまま、挟んだ本などを内ももの力でしっかり力を入れて挟み続けます。

内ももの筋肉を使うことで、内ももがかなり鍛えられます。これを続けることで、脚が引き締まり、ムダな脂肪も付かなくなります。

ふくらはぎの筋トレ

これも学校での授業中に座りながらできる筋トレ。両膝を90度に曲げた状態で床につけます。そのまま、かかとだけを上下に10回動かします。

次に、かかとはつけた状態でつま先を上下に10回動かします。

最後に足首をぐるぐる10回回します。じっとした状態だと血流が悪くなり太りやすくなってしまうので、こまめに動かすことで綺麗な足をキープしましょう。

授業中にこっそり筋トレする方法まとめ

授業中にこっそり鍛えて友達に自慢しちゃいましょう!

ただし、鍛えることに夢中になって授業を邪魔したり、成績がおろそかになってはいけません。

うまく両立できない人は、学校終わりにジムに通うことをおすすめします。授業中にこっそりとやるよりも確実に鍛えることができるので、勉強も鍛えることも集中して取り組みたい人は、ぜひ1度カウンセリングに行ってみましょう。

確実に自分に合った方法で、成果を得ることができます。

RIZAPで無料カウンセリングを受ける

Tags

ライター