現実を見据えて!30歳フリーターから就職するためのヒント

フリーターで30代を超えるとなると、定職につけるか不安になる方もいると思いますが、将来の安心を保障するためにも、ここで頑張りたいところ。

今回は30代フリーターでも定職をゲットできる方法を紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

派遣の仕事で3年経験を積めば、正社員として働くことや、もっと居心地の良い会社へ転職できる可能性もあります。30代であれば、まだまだ人手不足の仕事の求人がたくさんあるはずです。

リクナビNEXTは業界トップの大手転職・求人サイトなので、幅広い求人情報がそろっています。初めての転職でも、まずはここに登録すれば、さまざまな情報をゲットできます。

リクナビNEXTで仕事を探す

「誰にでもできる仕事」を馬鹿にしない

就職がうまくいかないフリーターの中には 「誰にでもできる仕事はやりたくない」と考えて、「自分にしかできない仕事」を追求している人が多いのではないでしょうか。

社会では「その人にしかできない仕事」は歓迎されません。その人がいなくなったらそこに穴が開いてしまいますから、代わりの利く仕事をやらせたがるのが常です。

だから現実は、正社員であっても「代わりの利く仕事を問題なく実行できる人」が会社にとって都合がいい訳です。

誰にでもできる仕事は価値がないのではなく、慣れてない人<慣れた人<教える人<管理者というように、ステップアップの一歩目です。

誰にでもできる仕事とは?

・軽作業
仕分けや梱包作業、商品管理、清掃、イベント設営・運搬などの職種を軽作業といいます。大勢の方々が働いていることが多く、初めての方でも安心して働き始めることができるでしょう。

工場・製造業の業界NO.1求人サイト「工場ワークス」では、女性に人気の食品加工や工場事務の仕事などの求人もあるため軽作業でお仕事を探したい方におすすめです。

工場ワークスで仕事を探す

・コールセンター
コールセンターのスタッフは、クレジットカード、保険会社、携帯電話会社、パソコン関係など、幅広い業種から選ぶことが可能です。

大手派遣サイトの「リクルートスタッフィング」では、業界1位の1万社の求人を扱っているため、自分にぴったりの職種を見つけることができます。

リクルートスタッフィングでコールセンターの仕事を探す

とりあえず仕事する

業界によりますが、就職して3年くらい務めて履歴書に経験をかけるようになれば、同業種の転職は楽になります。

これは正社員でなくても契約社員でも同様です。同業種のどの会社を選べばいいかわからないなら、派遣として仕事をしていくこともよいでしょう。

派遣で仕事を覚えた後正社員に転職する場合、例えば「より重要な仕事を目指して派遣から正社員を希望した」などの理由であれば、採用する企業も納得しやすいのです。

イメージが良くない派遣社員ですが、最近は相談すると紹介予定派遣として社員採用してくれる案件も見つけてきてくれます。

大手転職サイト「リクルートスタッフィング」では、業界トップの求人数で、自分のライフスタイルや希望条件に合った仕事を見つけることができます。

リクルートスタッフィングで派遣の仕事を探す

未経験可能の仕事の実態を知る

ネットの定説では未経験可の仕事は人が集まらないくらいブラックだという定説があります。

しかし需要が急成長して、人材不足になったため教育してでもできる人を増やす、という将来性のある場合もあります。

稼ぎがそこそこ良く、未経験でも技術を習得できる、インフラエンジニアの求人が多いようです。

夜勤や休日のメンテナンスもあることで適合しない人も多いですが、技術が付けば年収600万以上の収入が見込まれます。

人気のない職業であっても自分には向いていたということもあるので、適性をしっかり考えた上で働き始めるのもいいでしょう。

働きたい職種をしぼる

定職に就くためにはまず面接が必要不可欠となってきますが、手当たり次第に応募していては時間と労力を無駄にしてしまいます。

“数打ちゃ当たる精神”で挑むよりも、一度落ち着いて自分がしたい仕事を考えてみましょう。今までとは違い、定職に就くわけですから出来れば自分に合った仕事が良いですよね。

自分に合った職種がわからないという方や、面接などに不安がある方は、大手転職サイト「リクルートエージェント」に登録してみましょう。

キャリアアドバイザーが自己分析や履歴書の書き方、面接対策をサポートしてくれるので安心です。

リクルートエージェントで仕事を探す

フリーター時代の経験を活かす

やはり会社側から考えても、全くの初心者よりも経験ありで即戦力になる人材のほうが欲しいものです。やりたい仕事を選ぶよりも、できる仕事を選んだほうが採用率は高くなるでしょう。

面接の時に、自分の得意とするアピールポイントをしっかりと会社側に伝えましょう。

フリーター時代の経験が活きる仕事とは?

・飲食店ホールスタッフ
飲食店でアルバイトをしていた人は、その経験を活かしてホールスタッフとして働くことができるでしょう。

大手転職サイト「リクナビNEXT」では業界トップの求人数を誇っているので、自分の経験が活かせる職場が見つかります。

リクナビNEXTで仕事を探す

・受付
人とのコミュニケーションや気遣いができる人は、自己PRでアピールし、企業の受付として働くこともできるでしょう。

大手転職サイト「リクルートエージェント」では大手企業や有名企業の非公開求人も紹介してもらえる可能性があるので、自分のスキルを活かしたいという人は登録してみてください。

リクルートエージェントに登録する

資格を取得する

希望する会社で活躍すると思われる資格を持っていると、とても有利です。

求人のところに望んでいる資格を書いている会社は多いので事前にチェックしておきましょう。

今は通信教育などでも資格が手に入る時代ですので、資格取得のため勉強してみてはいかがでしょうか?

大手派遣サイト「リクルートスタッフィング」では、リクルートグループならではのサポート体制で、パソコンスキルを磨ける無料のe-learningもあるので、正社員への昇級に有利です。

リクルートスタッフィングで派遣の仕事を探す

相手が欲しい人材を予測する

未経験可の求人の中にはフリーターを研究済みの会社もあります。理解があるとも言えますし、逆に言えば嘘を見抜かれやすく、性格に難があれば不採用です。

企業が想像しているフリーター像には傾向があります。

  1. 他の業種で社員をしていたが、適性が合わずに辞めてフリーターになっている人
  2. ミュージシャンなど稼ぐのが難しい職業や、国家試験を目指していたが、何らかの事情で就職しようと考えている人
  3. 真面目で勤勉だが、不安感が強く外に出られなかったり、ある程度能力はあるのに自信が持てず、引きこもりがちな人
  4. 非常識な人格や素行、病気によって著しい問題があり職業につけない人

職種にもよりますが、これらのフリーターのうち1、2、3が予想している人材です。事情を話せば理解されるでしょう。その点をどう克服し、これからに活かすかということを正直に伝えればよいはずです。

4に該当する人は受け入れてもらえません。根本的な問題を解決することが先決です。心にもないことを言ってはいけませんが、相手を安心させる理由を話すことが大事です。

まとめ

都心付近であれば、仕事を選ばなければ求人はたくさんあります。正社員として就職すること自体は30代からでも間に合うはずです。

リクナビネクストでは他の求人サイトでは載っていないような非公開求人情報も多く掲載されています。今までのフリーター経験を活かせるような職種も見つかるはずです。

ぜひリクナビネクストで、あなたにぴったりな就業先を探してみてはいかがでしょうか。

リクナビNEXTで仕事を探す

Tags

ライター