現実を見据えて!30歳フリーターから就職するためのヒント

フリーターで30歳を超えるとなると、定職につけるか不安になる方もいると思いますが、将来の安心を保障するためにも、ここで頑張りたいところ。

今回は30歳フリーターでも定職をゲットできる方法を紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

派遣の仕事で3年経験を積めば、正社員として働くことや、もっと居心地の良い会社へ転職できる可能性もあります。30歳であれば、まだまだ人手不足の仕事の求人がたくさんあるはずです。

リクナビNEXTは業界トップの大手転職・求人サイトなので、幅広い求人情報がそろっています。初めての転職でも、まずはここに登録すれば、さまざまな情報をゲットできます。

リクナビNEXTで仕事を探す

30歳フリーターが就職につまずく原因

ここでは30歳フリーターの方の就職事情を紹介します。

現在フリーターで外に出て人と話すのが問題ない人もいれば、対面恐怖症で本人が気づかないうちに病気にかかっている人がいる人もいるでしょう。

30歳フリーターが就職できていない理由として、3つ挙げられます。

自分のやりたいことが定まっていない

まず、30歳でフリーターの原因で一番多いのは、自分のやりたいことが明確に定まっていないことです。

例えば、大学生の時に企業説明会に参加したものの、自分がどんな会社でどんな仕事をして将来成長したいのか、といった考えがある程度明確になかった人が比較的フリーターになりやすいです。

どんな仕事をしたいか考えているうちに、時間がどんどん過ぎてしまい最終的にはコンビニにアルバイトとして就職するというパターンが一般的です。

コミュニケーション能力が低い

次に、コミュニケーションがままならない人も多く人と接することで障害となっている場合もあります。

相手と話をする際に目を合わせられなかったり、極度に緊張してしまうことなどがあります。

仕事をする上で、職場の人とのコミュニケーションはとても大切です。コミュニケーションに苦手意識を持ってしまっているせいで、なかなか就職できなかった人もいるでしょう。

今の生活習慣を克服できない

最後に現在の生活習慣に馴染んでいるため、それが克服できなくなっていることです。

フリーターの生活習慣とは深夜まで起きてビデオゲームなどをして昼夜逆転の生活をしていることで、それが本人に当たり前となっています。

就職するということは、基本的に朝起きて日中に働くことになるので、今までと真逆の生活習慣に直すことができない人が多いようです。

30歳フリーターが就職をするために必要なポイント

フリーターから正社員へ転職をすることは難しいことに間違いはありませんが、必ずできないというわけではありません。

では、フリーターから正社員への転職をするために必要なポイントはどんなものがあるでしょうか。

自分のやりたいことを考える

フリーターになる原因として、そもそも自分のやりたいことがないまま時間が過ぎてしまい、非正規雇用として働き続けてしまうことが挙げられます。

しかし、自分のやりたいことが本当にないのか、まずはじっくり考えてみることが大切です。現在フリーターの人でも過去のことを考えず、今の自分自身に適している仕事はないか考えてみることで、やりたい仕事が見つかるきっかけになるでしょう。

今の自分に仕事で活かせるスキルがないか探してみる

例えば、コンビニで勤務していた方は接客のスキルが他の方に比べて高いので、同業種でそのスキルを活かして働くこともできます。

この他にも、コンビニで働いていると他に正社員に転職する際に有力となるスキルが身についていることが多いです。

そのため、まずは自分と向き合う時間を多く確保し自分がどんなスキルを持っているのか確認することで有意義な転職を進めることが出来ます。

周りの人に相談してみる

自分一人で悩み込まず相手に相談するとフリーターから脱出しやすくなります。

相手とは友人や家族で、現状をしっかりお話をしアドバイスをもらうことで精神的にもリラックス出来て、良い方向に傾きます。

生活習慣を見直す

また、現状を克服するべく生活を見直す必要があります。フリーターの方で共通をする点が夜遅くまでゲームをして生活が逆転している点です。

これは本人にとって簡単なことではないですが、まずゲームをやめて少しずつ生活リズムを整えていくと効果的です。
何事も少しずつ行うことで良い方向に傾きます。

30歳フリーターが就職する方法

まずは、30歳フリーターが就職をするには何をしたら良いのかを紹介していきます。

今まで通りに就職活動を行っていては、なかなか見つかるものも見つかりません。ぜひ以下の方法を活用して、理想の職場を探してみてください。

目指す業種に似た仕事で経験を積む

業界によりますが、就職して3年くらい務めて履歴書に経験をかけるようになれば、同業種の転職は楽になります。

これは正社員でなくても契約社員でも同様です。同業種のどの会社を選べばいいかわからないなら、派遣として仕事をしていくこともよいでしょう。

派遣で仕事を覚えた後正社員に転職する場合、例えば「より重要な仕事を目指して派遣から正社員を希望した」などの理由であれば、採用する企業も納得しやすいのです。

仕事のレベルに強くこだわらない

就職がうまくいかないフリーターの中には 「誰にでもできる仕事はやりたくない」と考えて、「自分にしかできない仕事」を追求している人が多いのではないでしょうか。

社会では「その人にしかできない仕事」は歓迎されません。その人がいなくなったらそこに穴が開いてしまいますから、代わりの利く仕事をやらせたがるのが常です。

だから現実は、正社員であっても「代わりの利く仕事を問題なく実行できる人」が会社にとって都合がいい訳です。

誰にでもできる仕事は価値がないのではなく、慣れてない人<慣れた人<教える人<管理者というように、ステップアップの一歩目です。

未経験可能の仕事の実態を知る

ネットの定説では未経験可の仕事は人が集まらないくらいブラックだという定説があります。

しかし需要が急成長して、人材不足になったため教育してでもできる人を増やす、という将来性のある場合もあります。

稼ぎがそこそこ良く、未経験でも技術を習得できる、インフラエンジニアの求人が多いようです。

夜勤や休日のメンテナンスもあることで適合しない人も多いですが、技術が付けば年収600万以上の収入が見込まれます。

人気のない職業であっても自分には向いていたということもあるので、適性をしっかり考えた上で働き始めるのもいいでしょう。

働きたい職種をしぼる

定職に就くためにはまず面接が必要不可欠となってきますが、手当たり次第に応募していては時間と労力を無駄にしてしまいます。

“数打ちゃ当たる精神”で挑むよりも、一度落ち着いて自分がしたい仕事を考えてみましょう。今までとは違い、定職に就くわけですから出来れば自分に合った仕事が良いですよね。

自分に合った職種がわからないという方や、面接などに不安がある方は、大手転職サイト「リクルートエージェント」に登録してみましょう。

キャリアアドバイザーが自己分析や履歴書の書き方、面接対策をサポートしてくれるので安心です。

リクルートエージェントで仕事を探す

資格を取得する

希望する会社で活躍すると思われる資格を持っていると、とても有利です。

求人のところに望んでいる資格を書いている会社は多いので事前にチェックしておきましょう。

今は通信教育などでも資格が手に入る時代ですので、資格取得のため勉強してみてはいかがでしょうか?

相手が欲しい人材を予測する

未経験可の求人の中にはフリーターを研究済みの会社もあります。理解があるとも言えますし、逆に言えば嘘を見抜かれやすく、性格に難があれば不採用です。

企業が想像しているフリーター像には傾向があります。

  1. 他の業種で社員をしていたが、適性が合わずに辞めてフリーターになっている人
  2. ミュージシャンなど稼ぐのが難しい職業や、国家試験を目指していたが、何らかの事情で就職しようと考えている人
  3. 真面目で勤勉だが、不安感が強く外に出られなかったり、ある程度能力はあるのに自信が持てず、引きこもりがちな人
  4. 非常識な人格や素行に著しい問題があり職業につけない人

職種にもよりますが、これらのフリーターのうち1、2、3が予想している人材です。事情を話せば理解されるでしょう。その点をどう克服し、これからに活かすかということを正直に伝えればよいはずです。

4に該当する人は受け入れてもらえません。根本的な問題を解決することが先決です。心にもないことを言ってはいけませんが、相手を安心させる理由を話すことが大事です。

派遣社員や契約社員から始めてみる

フリーターから正社員に一気に就職するには、一筋縄ではいかないことも多いです。

これを考慮すると、まずはフリーターから派遣社員や契約社員などハードルが低い仕事に応募してみるのも効果的です。

このようなお仕事は正社員に比べて募集条件も厳しく設定されていない場合が多く、フリーターの方でも歓迎されることがあります。

無事に派遣社員として働くことが決まったら、その会社で即戦力と認めてもらえるように日々努力を重ねることで功績が認められて正社員へ昇進ということも少なくありません。

一気に正社員を目指すよりも、派遣社員として勤務を開始して実績を積んで昇格する方が時間はかかりますが、難易度はぐっと下がります。

派遣や契約社員として働いてから正社員を目指したいという人は、『リクルートスタッフィング』を利用してみてください。

リクルートスタッフィングのサイトを見る

30歳フリーターにおすすめの仕事

次に、おすすめの仕事を紹介していきます。ものによって給料や勤務形態が大きく異なるので、自分に合ったものを選んでよく検討してみてください。

また、その仕事におすすめの転職サービスも合わせて紹介していくので、ぜひ参考にしてください。

飲食店ホールスタッフ

採用のハードルが高くないので、幅広いジャンルから人が集まっていて、馴染みやすいのが特徴です。

髪色が自由だったり、接客のスタイルも場所によって大きく異なるので、自分の特性に合わせて選ぶことができます。

また、飲食店でアルバイトをしていた人は、その経験を活かしてホールスタッフとして働くことができるでしょう。

ここでの転職を希望する方には、飲食店の転職に特化した、ITK(アイティーケー)というサービスがおすすめです。専門の転職サービスなので、他のサイトよりもそれぞれの求人を比較しやすくなっています。

キャリアプランナーが親身になって相談に乗ってくれるので、興味のある方はまずサイトをチェックしてみてください。

アイティーケーのサイトを見る

受付

人とのコミュニケーションや気遣いができる人は、自己PRでアピールし、企業の受付として働くこともできるでしょう。

大手転職サイト「リクルートエージェント」では大手企業や有名企業の非公開求人も紹介してもらえる可能性があるので、自分のスキルを活かしたいという人は登録してみてください。

リクルートエージェントに登録する

コールセンター

コールセンターのスタッフは、クレジットカード、保険会社、携帯電話会社、パソコン関係など、幅広い業種から選ぶことが可能です。

大手派遣サイトの「リクルートスタッフィング」では、業界1位の1万社の求人を扱っているため、自分にぴったりの職種を見つけることができます。

リクルートスタッフィングでコールセンターの仕事を探す

軽作業

仕分けや梱包作業、商品管理、清掃、イベント設営・運搬などの職種を軽作業といいます。大勢の方々が働いていることが多く、初めての方でも安心して働き始めることができるでしょう。

工場・製造業の業界NO.1求人サイト「工場ワークス」では、女性に人気の食品加工や工場事務の仕事などの求人もあるため軽作業でお仕事を探したい方におすすめです。

工場ワークスで仕事を探す

派遣社員

イメージが良くない派遣社員ですが、最近は相談すると紹介予定派遣として社員採用してくれる案件も見つけてきてくれます。

大手転職サイト「リクルートスタッフィング」では、業界トップの求人数で、自分のライフスタイルや希望条件に合った仕事を見つけることができます。

リクルートスタッフィングで派遣の仕事を探す

まとめ

都心付近であれば、仕事を選ばなければ求人はたくさんあります。正社員として就職すること自体は30歳からでも間に合うはずです。

リクナビネクストでは他の求人サイトでは載っていないような非公開求人情報も多く掲載されています。今までのフリーター経験を活かせるような職種も見つかるはずです。

ぜひリクナビネクストで、あなたにぴったりな就業先を探してみてはいかがでしょうか。

リクナビNEXTで仕事を探す

記事の著者

就職の悩みをもっと見る