現実を見据えて!30歳フリーターから就職するためのヒント5つ

ネットを探せば30代フリーターというと就職は絶望的であるという風潮がありますが、35歳ぐらいであれば案外就職先はあります。

未経験可と書かれた求人を見て不安に思う人もいるかも知れません。

しかし35歳を越すと正社員になるのは難しくなってくるので、もし正社員になりたいのであれば一度就職しましょう。

3年我慢して経験を積めば、もっと居心地の良い会社に転職も可能です。30代であれば、まだまだ人手不足の仕事の求人がたくさんあるはずです。

2ちゃんの30代フリーター=絶望という話に騙されず就職のヒントを頼りに就職しましょう。

1.「誰にでもできる仕事」を馬鹿にしない

就職がうまくいかないフリーターの中には 「誰にでもできる仕事はやりたくない」と考えて、「自分にしかできない仕事」を追求している人が多いのではないでしょうか。

社会では「その人にしかできない仕事」は歓迎されません。その人がいなくなったらそこに穴が開いてしまいますから、代わりの利く仕事をやらせたがるのが常です。

だから現実は、正社員であっても「代わりの利く仕事を問題なく実行できる人」が会社にとって都合がいい訳です。

そもそも存在しない仕事を追いかけていたら就職できませんよ。

誰にでもできる仕事は価値がないのではなく、慣れてない人<慣れた人<教える人<管理者というように、ステップアップの一歩目です。

もし「代わりの利く仕事」で落とされたら、人格や態度、今後もその仕事を続けていく意思が感じられずに落とされたのかも知れません。

2.とりあえず仕事する

業界によりますが、就職して3年くらい務めて履歴書に経験をかけるようになれば、同業種の転職は楽になります。

これは正社員でなくても契約社員でも同様です。同業種のどの会社を選べばいいかわからないなら、派遣として仕事をしていくこともよいでしょう。

派遣で仕事を覚えた後正社員に転職する場合、例えば「より重要な仕事を目指して派遣から正社員を希望した」などの理由であれば、採用する企業も納得しやすいのです。

イメージが良くない派遣社員ですが、最近は相談すると紹介予定派遣として社員採用してくれる案件も見つけてきてくれます。

まずは働いてみましょう。

3.未経験可能の仕事の実態を知る

ネットの定説では未経験可の仕事は人が集まらないくらいブラックだという定説があります。

しかし需要が急成長して、人材不足になったため教育してでもできる人を増やす、という将来性のある場合もあります。

稼ぎがそこそこ良く、未経験でも技術を習得できる、インフラエンジニアの求人が多いようです。

夜勤や休日のメンテナンスもあることで適合しない人も多いですが、技術が付けば年収600万以上の収入が見込まれます。

人気のない職業であっても自分には向いていたということもあります。とりあえず社会人経験を積めば今後の転職の幅も広がります。

4.フリーター時代の経験はコミュ力の経験に転換する

どの企業でも欲しがられる人材というのは「気が利いて、真面目で、常識があって、清潔感があり、言われたこと以上の仕事をしてくれる普通の人」です。

フリーターと言えども、コミュニケーション能力があれば、企業にとってコミュニケーション能力がない高学歴より魅力的に映ります。

5.相手が欲しい人材を予測する

未経験可の求人の中にはフリーターを研究済みの会社もあります。

理解があるとも言えますし、逆に言えば嘘を見抜かれやすく、性格に難があれば不採用です。

企業が想像しているフリーター像には傾向があります。

  1. 他の業種で社員をしていたが、適性が合わずに辞めてフリーターになっている人
  2. ミュージシャンなど稼ぐのが難しい職業や、国家試験を目指していたが、何らかの事情で就職しようと考えている人
  3. 真面目で勤勉だが、不安感が強く外に出られなかったり、ある程度能力はあるのに自信が持てず、引きこもりがちな人
  4. 非常識な人格や素行、病気によって著しい問題があり職業につけない人

職種にもよりますが、これらのフリーターのうち1、2、3が予想している人材です。事情を話せば理解されるでしょう。

その点をどう克服し、これからに活かすかということを正直に伝えればよいはずです。

特に1、2の場合コミュニケーション能力があると期待され、3の場合は真面目で勤勉であることを期待されます。そういう経験や性質があればアピールしましょう。

4に該当する人は受け入れてもらえません。根本的な問題を解決することが先決です。

フリーターが仕事に就く場合、書類選考や面接で、フリーターをやめて仕事に就きたい理由を問われます。

未経験可の求人を出している企業が知りたいのは、育てた後も裏切らず真面目に働いてくれるかどうかです。

心にもないことを言ってはいけませんが、相手を安心させる理由を話すことが大事です。

まとめ

都心付近であれば、仕事を選ばなければ求人はたくさんあります。正社員として就職すること自体は35歳までなら何とかなるでしょう。

フリーターでありながら、家族もいて娘2人を大学にいかせた人もいます。


Tags

ライター