無職の彼氏と結婚に踏み切った理由6選:彼で本当に大丈夫?

いわゆる適齢期といわれる年齢が近づいてくると、女性なら一度は、今付き合っている彼氏との結婚について考えると思います。では、その彼氏が無職だったら?

「無職彼氏との結婚なんて考えられない!」と思う方も多いと思いますが、中には彼氏が無職でも構わないという考え方の女性もいます。

悩んでいる女性が少しでも踏み出せるように、彼氏が無職でも結婚したい女性の理由をまとめてみました。

 1.生活に不安がない

女性側にある程度収入がある場合です。仕事である程度の地位を得ていたり、仕事にやりがいを感じていたりして、かつ、生活に不安のない程度の収入がある場合、無職で収入のない相手との結婚に経済的問題は感じません。

自分が働いて金銭を稼ぎ、無職の男性とともに生活していけばよいからです。場合によっては彼に「主夫」になってもらい、家事をやってもらうという生活スタイルにすれば、家庭として成り立ちます。

その場合は、事前にお互いの役割について話合っておくと良いです。

 2.彼の夢を応援したい

彼氏に目指している職業や夢があって、無職あるいは簡単なバイトしかしていないという場合もあります。

口ばかりで何もしていない場合や、あまりに現実味のない夢では困りますが、日々夢に向かって努力をしている姿は、結婚してさまざまな面で応援していきたいという気持ちになります。

ミュージシャン、俳優、芸術家といった夢ならば、彼の作り出す作品自体に惚れ込んでいる場合もあるでしょう。

 3.彼の愛情を独占したい

彼自身や彼の愛情のすべてを独占したいと思う女性は、職業の有無は関係なく彼との結婚を考えます。忙しくて週末にしか会えないカップルも、結婚して一緒に住みたいと思うでしょう。

また、「結婚」という約束を得ることで、単なる恋人同士と違う安定を感じることもあると思います。

生活や将来のことなどをあまり考えずに、とりあえず彼の愛情を独占したいという欲望が先にあるパターンかもしれません。

 4.実家の職業を継いでほしい

昨今はあまりみられませんが、代々継続すべき「家業」がある家に生まれた女性の場合、結婚後は男性に家業を継いでもらいたいと考えます。

この場合はむしろ、男性側に辞めたくない仕事がないほうが都合がよいでしょう。

結婚する前に自分の両親と話をして、気にいってもらえれば、家業を継ぐという条件で結婚を認めてもらえる可能性があります。

5.両親、祖父母に花嫁姿を見せたい

お世話になった両親や祖父母に花嫁姿を見せたい女性は、好きな人であり、無職でも適切な理由があれば、結婚に踏み切ります。

特に祖父母が病気で苦しんでいるなど、先行きが心配な女性は、この傾向が強いです。

 6.彼氏を愛しているから

最後はこれに尽きるでしょう!仕事だけでなく、性格、価値観、将来への考え方など、結婚するには考慮すべき点が数多くありますが、それらをすべて飛び越えて、「彼を愛しているから」結婚したいのです。

少し無謀のようにも思いますが、実は結婚に一番大切なことかもしれません。

ライター