エステティシャンになるには?勉強の仕方や資格・収入

身体的な美を追求するために、大きな味方になるのがエステティシャンの存在です。近頃ではその人気から、転職してエステティシャンを目指す方も多いんだそう。

では人気の高いエステティシャンになるためには、どのように勉強すれば良いのでしょうka。また、必要な資格などはあるのでしょうか。

今回は、エステティシャンになる方法から、必要なスキル、収入までを紹介します。

エステティシャンになる方法

まず最初に、どのような手順でエステティシャンになるのか確認していきましょう。

勉強を始める前に、かかる年数や費用を考え、計画を立てることが必要です。

資格は必要?

日本でエステティシャンになるためには、実は必ず取得しておかなければならない資格はありません。

そのため、すぐにでもサロンや自分でお店を出店してエステティシャンとして働くことはできます。

とはいえ、実際にお客さんの肌や身体に触れる仕事でもありますから、施術方法に加えて医学的な知識も求められることでしょう。

一般的なエステティシャンの目指し方としては、まずは専門学校や通信教育で専門的な知識をつけた後、実際のお店で経験を積む方法です。

勉強の仕方は?

エステティシャンは、美容に関する幅広い知識を求められます。

人体に関することはもちろん、美容マシーンの使い方、扱う化粧品の成分や効果、正しいダイエット方法なども学んでいきます。

学ぶ方法として、一般的なのは学校に通って勉強するスクーリングと、自宅などで勉強を進める通信教育があります。

養成学校に入る

高校卒業後にそのままでも、大学や専門学校などに進学した場合でも、養成学校に入ってエステティシャンとしての勉強をすることが可能。年齢は関係ありません。

養成学校に通うメリットとして、実際に先生に教わることでより実践的な勉強ができたり、その学校が持っている提携店で働けるといったことが挙げられます。

なかには大学に通いながらなど、ダブルスクールでエステティシャンの勉強をする人も少なくありません。

通信教育で勉強する

通信教育を利用するのに向いている人は、日中仕事をしていたり、あるいは家事や子供の世話をしなくてはいけないという人でしょう。

高卒後などにエステティシャン養成学校に進む場合はスクーリング、大学生や社会人などは通信教育を活用するケースも目立ちます。

通信教育を利用するメリットとしては、時間がない人でも勉強ができる点です。現在ではオンライン通信などでわからないことや疑問を質問することもできるので、着実に知識をつけられます。

学校に通わずともエステティシャンは目指せる

エステティシャンになるために必須の資格がないため、養成学校に通わずにエステサロンなどに就職することも可能。

しかし、養成学校に通い、専門的な技術や知識をもっていることによって、就職時や就職後の待遇面などで優遇されることがほとんどです。

エステティシャンの給料は?

基本的には、大手サロンでも個人店でも、何年か経験を積んでから転勤したり、お店を開くことがエステティシャンとしての道です。

初めはこのような下積みがあることから、手取りは13〜19万となっています。

また、その後は20〜30万が平均収入となり、30歳での平均年収はおよそ300万ほど。

全国的に有名な大手サロンでの平均年収は380万前後です。

転職してエステティシャンを目指す方法

社会人のなかで、転職先としてエステティシャンを選択しようとする方も多くいます。

エステティシャンは専門的な技術や知識も求められますが、同時にお客さんに対する接客面なども重視されるのです。

そのため、前職が接客業や営業職のように、お客さんに対するノウハウや経験を持っていることが、転職時に有利に働くケースも増えています。

やはり接客業として、コミュニケーション力や相手を思いやる気持ちが不可欠なのです。

技術や知識は転職後でも学ぶことができますが、接客の経験から即戦力として活躍を期待されることもあるのではないでしょうか。

まとめ

いかがでしたでしょうか。エステティシャンになる方法は、いろいろな方法があることをご紹介しました。

基本的には、エステティシャン養成学校で専門的な技術や知識を学んでから、エステサロンへの就職を考えましょう。

学校によっては、エステサロンが運営しているところもあるため、系列のエステサロンへの就職を見込めることもあります。

また、エステティシャンに転職する場合、専門知識や技術がなくても、接客の経験などがあると有利に働くことが少なくありません。

どのルートからエステティシャンを目指す場合でも、必要な技術や知識をしっかりと身に着けることが重要になります。

Tags

ライター