ネイリストになるには?資格の取り方から費用・収入まで

キレイなネイルは女性の憧れ。そんな女性のネイルを美しく仕上げるのが、ネイリストの仕事です。

現在ネイリストへの需要は高まっており、主婦や仕事をしながらでもネイリストを目指したい方が多いんだとか。

今回は、ネイリストの資格習得を目指す方法・費用・かかる年数などをまとめたので、ネイリストを目指す方、興味のある方はぜひ参考にしてください。

どんな手順でネイリストになるの?

まず最初に、どのような道筋でネイリストになれるのかを確認しておきましょう。

一般的には、ネイルに関する資格を取得することから始めます。

その後、ネイルサロンなどに就職して、ネイリストとして活躍するための技術や接客などを学んでいきます。

将来的に独立や開業を考えているのであれば、それを目指す前に時間や費用がどれくらいかかるのかを確認しておくことが必要です。

ネイリストの収入は?

通常、資格習得後すぐは、接客や経営などを学ぶためにアルバイトとして勉強を積んだり、ネイルスクールの講師になることが多いでしょう。

その場合、立地にもよりますが自給800~1200円が相場です。

その後正社員としてサロンなどに勤めるようになると、およそ月18〜20万円、年収にすると200〜300万円。

独立開業を行った場合は、個人であるため仕事量に収入は比例しますが、だいたい350〜600万円との見込みとなります。

資格には種類がある

ネイリストの資格には、いくつかの種類があります。

どの資格を取りたいのか、それを取るために必要な勉強の時間と費用を確認しておくことが大切です。

勉強の方法によって必要な時間と費用が変わってくるので、資格取得に向けて勉強している間に困ることがないように準備しておきましょう。

また上級の資格になると、国際ライセンスと同等レベルを求められ、資格習得にも約2年かかります。

しかしそれらの資格を持っていることが、そのままネイリストとしての技術の高さを証明してくれるはずです。

「通学」と「通信教育」どっちを選ぶ?

取得する資格が決まったら、次は勉強する方法を決めていきましょう。

方法としては、実際にネイルスクールなどに通学して勉強する方法と、通信教育で勉強する方法があります。

費用としては、通学1年間で約50〜100万円、通信教育では約10〜30万円となっています。

通学で勉強するメリットとは?

通学で勉強する一番のメリットは、講師から直接指導を受けられることです。

とくに、国際ライセンスとしても通じるような上級の資格を目指す場合、講師からの細かい指導があると勉強がスムーズに進むことでしょう。

また、ネイリストを目指す人たちと交流を深めることができるのもスクーリングの大きなメリット。

技術的な相談をしたり、就職や将来的な開業などに向けて意見を交換したりできるのはモチベーションの向上につながるからです。

しかし、通信教育と比較すると勉強するための費用は高くなるため、資金的な準備をしておく必要があります。

通信教育で勉強するメリットとは?

通信教育で勉強する一番のメリットは、他の学校や仕事と並行しながら、また主婦の方でもネイルの勉強を進められることです。

通学で勉強することと比較しても、資金面で安く抑えられることもあり、働きながらネイリストの資格取得を目指すには心強い勉強方法になることでしょう。

一方で、ネイルの勉強中に講師からリアルタイムで指導を受けられないため、技術や知識の習得に時間がかかることがあります。

教えてもらった方がわかりやすいという声もあることから、独学でもコツコツ進められる人に向いている勉強方法ともいえるでしょう。

ジェルネイルの資格も合わせて取得する

現在ネイルの施術メニューの中でも、主役といっても過言ではないのがジェルネイルではないでしょうか。

自爪の短い人でもネイルアートを楽しむことができることから、ジェルネイルの資格を合わせて取っておきたいところですね。

一般的なネイリストの資格のほかに、ジェルネイル専用の資格もあるので、こちらの取得も考えておくのもおすすめです。

なりたいと思った瞬間から、すぐに計画と準備を

いかがでしたでしょうか。ネイリストの資格をとるためのポイントは、事前に計画を立て、取りたい資格とその勉強方法を決めることです。

そしてネイリストになった後、お客さんからの信頼を集めるためには、やはり取得が難しい上級の資格を持っていることが求められます。

上級の資格になればなるほど、独学での資格取得は困難になるため、専門的な技術や知識を持った講師から指導を受けるようにしましょう。

そのためには、学校に通ったり、練習道具を購入したりするためにどれくらいお金がかかるのかを計算し、準備しておくと心強いはずです。

Tags

ライター