アパレル店員の仕事はきつい?ブラックと言われる理由と転職先

photo-1446511437394-36cdff3ae1b3

アパレル店員の仕事はきつい?ブラックと言われる理由と転職先

最新の流行を笑顔でお客さんに提案するアパレル業界ですが、その裏ではブラック業界ともいわれています。

どの仕事に就いても、大変なことは少なくありませんが、アパレル業界はなぜブラック・きついと言われるのでしょうか。

この記事ではアパレル店員の特徴とブラックと呼ばれる理由、辞めたいと思った時の対処法と転職について紹介します。

アパレル店員の特徴

華やかな一面ばかりが目立つアパレルのバイトですが、裏方的な仕事が意外に多いことや、体力や給料の面できついと感じることが少なくありません。
また、制服として最新商品を自費で購入することについては、考え方によっては「最新の服を格安で購入できる」メリットにもなります。

きつい点も多いですが、接客を通してコミュニケーションスキルを学ぶこともできるうえに、格安で最新の服を購入できると考えることができる人であれば、アパレル業界に向いている人材です。

そんなアパレル店員の特徴をいくつかご紹介したいと思います。

思うように休みを取れない

休日にはお客さんがたくさん来店することから、基本的にはお店に出ることが求められるのではないでしょうか。

連休など、周りの友人が楽しく遊んでいるときにも仕事をしなければならないことが多く、そのストレスからきついと思うことが少なくありません。

その分、平日に休むことができますが、他の仕事をしている友人などと休日を合わせにくいのも、きついと思われる理由でしょう。

仕事内容のわりに給料が安い

気になる給料の面ですが、アパレル業界全体に言えることですが、仕事内容に対して給料はあまり高いとは言えません。

ずっと立ち仕事が続き、肉体労働も少なくないアパレルのバイトは、給料の安さからきついと感じる人も多くいます。

単純にもらえるお金だけを考えているのであれば、アパレルのバイトは割りがいいとは言えないでしょう。

制服を自腹で購入することが多い

アパレルのバイトは、働いているお店の最新商品を制服として、お客さんに接客しています。

ブランドにもよりますが、多くのショップでは最新の商品を社員割引したうえで自費で購入することになり、お財布的にきついと感じることがあります。

ハイブランドであれば、制服を支給品になることもありますが、基本的には自費で制服となる商品をそろえなければなりません。

アパレル店員の仕事内容

華やかな服を着こなして、笑顔で接客するアパレルのバイトにあこがれる人は意外と多いものです。

けれども、アパレルのバイトは憧れや華やかさと引き換えに、きついとも言われ思っていた仕事内容とは違うなんてこともあります。

そんなアパレルの仕事ですがどんなところがきついとも言われているのか、いくつかご紹介します。

意外と多い「泥臭い作業」

最新の衣服に身を包み、笑顔で接客だけするのがアパレルのバイトの仕事内容ではありません。

店内の清掃や商品の陳列管理はもちろんですが、定期的に返品作業をしたり、レイアウト変更をしたり、重たい段ボールを抱えて泥臭い作業が待っています。

華やかなところだけに憧れてアパレルのバイトをはじめると、泥臭い作業という現実的なギャップにショックを受けて、仕事がきついと思ってしまうことがあります。

立ち仕事が続き、体力的にきつい

基本的に休憩以外では座ることができないのも、アパレルのバイトの特徴ではないでしょうか。

接客でも商品の陳列や管理でも、ずっと立ち仕事が続くことによって、体力的にもきついといわれます。

慣れてくると、それほど苦痛には感じないものですが、体力に自信のない人であれば、体調を崩してしまうこともあるようです。

アパレルがブラックと言われる理由

シフトに入れてもらえない

とくに女性服のお店では、スタッフも女性中心となることから、人間関係でギスギスしているところも多いのではないでしょうか。

上司や先輩から気に入られていないという理由などで、シフトから弾かれてしまい、思うように仕事ができないことがあります。

人手が足りないといわれる一方で、好き嫌いによってシフトが決められることもあり、働いているスタッフからするとブラックだと思ってしまうはずです。

休憩がとれない

アパレル業界では、慢性的なスタッフ不足を抱えているお店も多く、少ない人数でお店を回し続けることもあります。

他のスタッフの急病などで、開店前の準備から閉店後まで休憩さえとることができずに、ひたすら店頭に立ち続けることも少なくありません。

食事はもちろん、トイレに行くことさえできない労働環境では、さすがにブラックと言われても仕方がないのではないでしょうか。

体調不良でも出社させられる

身体的にも精神的にもかなりのハードワークを要求されるアパレルですから、当然体調を崩してしまう人も少なくありません。

しかし、多少具合が悪いくらいであれば、強制的に出社させられるケースもあります。

フラフラになりながら仕事をして、さらに体調を悪化させてしまう人も多く、ずさんな労務管理にブラックの印象を持ってしまうのではないでしょうか。

ノルマ達成のために、お客さんの取り合い

お客さんに商品を売る仕事ですから、スタッフに販売ノルマを課しているお店も多いのではないでしょうか。

過酷なノルマを達成するためには、他のスタッフとの間でお客さんの取り合いが発生することも少なくありません。

お客さんの取り合いから悪口に発展し、やがてスタッフ間のいじめにつながることもあるので、職場の人間関係はさらに悪くなっていきます。

売れない商品を買い取ることも

最新の商品を割安で買って、それを制服として華やかに着飾って接客できるのは、アパレルの仕事の魅力ですね。

しかし、店によってはセールで売れなかった商品などを、ノルマが達成できなかったスタッフを中心に買い取らせることがあります。

薄給で苦労しているうえで、さらに売れない商品を買い取るために金銭的に厳しくなり、ブラックだと感じる人も多いのではないでしょうか。

将来のキャリアプランが描けない

アパレルの仕事をしていても、これを一生の仕事にしていけるのだろうか、キャリアプランが持てない人が意外に多いです。

自身の年齢によって、扱う服も変わってきますし、管理部門などへの異動も考えられますが、それで本当にいいのかどうか迷うこともあります。

それに対しては、、自分がどうなりたいのかというイメージを持って、何歳までに何をするのかをハッキリさせておきましょう。

その目標に対して、できることから取り組むことによって、望んだキャリアプランに進んでいくことができます。

アパレル業界を辞めたい時の転職先

アパレル業界を辞めて、他の業界への転職を考えている人は意外に多いのではないでしょうか。大好きなファッションを仕事にできると期待して始めたアパレルの仕事でも、辞めたいと思うことはあります。

しかし、他の業界のことをあまり知らないと、どのような業界に転職したらいいか迷ってしまいます。

販売職

アパレルで磨いた接客術や商品管理の経験を活かすのであれば、販売職への転職がいいでしょう。

接客能力を活かすのがいいか、商品管理も含めた総合力で勝負するのか、あらかじめ転職する前に考えておきましょう。

アパレルの接客方法を他の業界に持ち込むことによって、期待以上の活躍ができるかもしれません。

スタイリスト

最新の流行やファッションセンスに触れる仕事に転職したいのであれば、スタイリストという選択もあります。

しかし、一から勉強し直して、さらに下積みも長いため、アパレル同様はじめは厳しい労働環境が待っていることでしょう。

それでも、アパレルでの経験を活かしながら、トップスタイリストになれば高い年収も期待できます。

飲食業

接客スキルを活かせる仕事といえば、飲食業などのサービス業にも注目していいのではないでしょうか。

とくにアパレル特有の丁寧な接客は、ホテルやレストランなどの高級店でもそのスキルを活かすことができます。

もちろん、飲食業ならではの接客術もありますから、それを学ぶ謙虚な姿勢も大切になってくることでしょう。

デザイナー

アパレルにはデザインや色彩に関する知識やセンスを持っている人がいますが、転職するならデザイナーもあります。

上下関係が厳しいデザイナー業界ですが、コツコツと実績を重ねていくことで、ステップアップすることができるでしょう。

自分がもっている色彩感覚やデザインセンスで勝負したいのであれば、適した仕事になりそうです。

流通業

アパレルでの商品や在庫の管理に興味があるのであれば、流通業に転職するのがいいのではないでしょうか。

とくに在庫管理を任された経験があれば、業界こそ違いますが、即戦力に近い形ですぐに活躍することができます。

配送業者の手配や、卸業者への交渉の経験など、アパレルと流通業はスキル的に共通点が意外と多いものです。

医療事務

ずっと立ち仕事が続くアパレルを、体力的な理由で転職を考えているのであれば、医療事務なども選択肢に入ります。

座っての仕事が多く、患者さんとのコミュニケーションも大切になることから、アパレルの経験を活かすことができます。

事務職は一般的に求人も多く、転職するうえで探しやすいというのもメリットになるのではないでしょうか。

他のアパレル店舗

アパレルで働き続けたいと思っていても、労働環境や人間関係などが理由で転職を考えている場合、他のアパレル店舗も考慮するといいでしょう。

待遇面や通勤時間など、希望に近い条件の職場が見つけられることが少なくありません。

また、経験者という面でも優遇されることが多く、これまでの経験も活かせることが多いでしょう。

タグ一覧

ライター

こんな記事も人気です