生理前に濡れない原因まとめ:セックスのとき濡れなくて困る!

生理前にセックスをしようとして、いつもならちゃんと濡れるのに、濡れなかったり濡れにくくて困った経験はありませんか?

アソコから出る愛液というのは、体質や体調によってかなり変わってくるのですが、それは生理前でも同じ。

生理前というのは、排卵から生理に向けて体にも変化があるので、濡れなかったり濡れにくくなることがあります。

今回は生理前に濡れにくくなる原因を紹介。また、濡れない、濡れにくいという女性の悩みを解決してくれるラブコスメ「リュイールホット」もおすすめ。

リュイールホットで濡れない悩みを解決する

生理前に濡れにくくなる原因

1.水分が足りていない

普段セックスしている時には濡れるのに、生理前にセックスをすると濡れなかったり濡れにくい原因として水分が足りていないということがあります。

愛液というのはもともと汗と似ていて血中の水分のようなものなので、生理前に限らず、体に水分が足りていない状態であると濡れなかったり濡れにくくなってしまうことがあります。

2.体調の変化による

生理前にセックスをすると濡れなかったり濡れにくくなってしまうのは、女性の体調の変化の可能性も。

女性の生理というのは、個人差がありますが一定の周期があるので、それによってホルモンバランスも変わってきます。

特に生理前から排卵日にかけてというのは、セックスをしていても濡れにくいことが多いようです。

3.気分が乗らないから

生理前にセックスをすると濡れなかったり濡れにくくなってしまう原因の一つに、女性の気分が乗らないからということがあります。

女性は生理前から生理中にかけてはイライラしたり気分が落ち込んだりと、精神的に不安定になりがちです。

そういった時にセックスをしても、気持ちが盛り上がらずに濡れにくくなってしまうことがあります。

リュイールホットで濡れない悩みを解決する

4.ストレスを感じている

生理前にセックスをすると濡れなかったり濡れにくくなってしまうのは、生理が来ることにストレスを感じているからかも。

毎月やってくる生理というのは、女性にとっては憂鬱なものです。なので生理がやってきそうになるとストレスが溜まりやすくなって、リラックスした状態でセックスする事が出来ずに濡れなかったりしてしまうことがあります。

5.十分な睡眠が取れていない

生理前にセックスをすると濡れなかったりする原因の一つに、十分な睡眠が取れていない可能性があります。

女性の体はとてもデリケートなので、十分な睡眠が取れていなかったりすると。すぐに体に反応が出てしまうでしょう。

睡眠不足で疲れていたりすると、性欲よりも睡眠欲の方を本能的に優先するために、セックスをしても濡れにくいということがあります。

濡れにくい場合の対処法

濡れる体質改善

体質的に濡れにくいとういうことは少なからずあります。生まれつきの体質の違いがあるので、当然濡れ具合にも個人差があります。

まず物理的に水分不足の女性はアソコも濡れにくい傾向にあります。心当たりのある方はこまめに水分を摂るようにして、慢性的な水分不足を解消することから始めてみましょう。

また、冷え性の女性は体の血流が悪くなっているので、女性器の血流量も少なく濡れにくいということもあります。できる限り身体を温めるように気を付けると改善に繋がるかもしれません。

ストレス解消

疲れ、寝不足、空腹など身体的なストレスも濡れやすさには大きく関係します。

疲れていたり寝不足でセックスしようと頭では思っていても、身体は休息を求めているため思うように濡れてくれないなんてことも。

男性も同じように仕事で寝不足が続くと勃起しないこともあります。忙しくてお疲れなカップルは無理にセックスしようとするのではなく、まず身体を休ませてあげましょう。慢性的に眠れないという方は、ヨガなどで体を動かしてあげると気持ちよく眠れるはず。

空腹も、身体が食欲という欲求を先に求めてしまい、性欲の湧かない原因になります。ダイエット中にお腹が空いて眠れないのも、他の欲求より食欲を満たすことを身体が求めている例ですね。食べないダイエットはほどほどに、恋人といるときくらいはしっかり空腹を満たしてみてはいかがでしょうか?

前戯を念入りに

ここまでご紹介したのはほとんど1人でもできる対処法ですが、それでも改善できないときは、彼氏との関係性に問題があるのかも。

女性はある程度リラックスした状態でないと濡れにくいです。彼氏との初めてのセックスでムダ毛や体型を気にして緊張してしまったり、お互いへの信頼が足りなかったり、前戯が充分でなかったりと、リラックスできない原因はいくつかあるでしょう。

部屋の電気を暗くしてみる、気にしている問題について話し合ってみるなどの対処法が必要です。アロマキャンドルをつけて、いい匂いにリラックスしたり、彼氏にお願いできる場合は時間をかけて全身の愛撫やマッサージをしてもらうのもおすすめ

それでも改善しない場合はホルモンバランスの乱れが原因?

それでも改善しない慢性的な濡れない症状は、ホルモンバランスの乱れ、女性ホルモンの減少が原因かもしれません。

加齢や疲労、生活習慣の乱れや喫煙などの原因で女性ホルモンの分泌量が低下したり、ホルモンバランスが乱れることがあります。

女性ホルモン不足により「膣乾燥症」になると、炎症などが起こってしまう可能性もあるので、気になる場合は婦人科に相談して薬などを処方してもらうのもひとつの手です。

悩みすぎるくらいならラブコスメで感度をアップ

色々な原因、対処法を紹介してきましたが、考えすぎも濡れにくさを助長させてしまいます。

セックスの度に「今日は濡れるかな…」と不安に思うくらいであれば、思い切ってラブコスメを使ってみるのもおすすめ。

ラブコスメ「リュイールホット」は、彼とのセックスでもっと感じたい、イッたことがない、イきにくいという悩みを持つ女性のために作られた商品です。

女性のデリケートな部分に塗ると、塗ったところからじんわり温くなり、感じやすくなるだけではなく、潤いを与える成分が濡れない悩みもサポートしてくれます。

なめらかで美容液のような触り心地で、女性の肌に優しい植物素材で出来ているので安心。使った女性の92%が効果があったと答えている優れものです。ぜひリュイールホットを使って、生理前のお悩みを解決しましょう!

リュイールホットで濡れない悩みを解決する

記事の著者

セックスの悩みをもっと見る